close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

タスク管理

2020年3月2日(月)更新

人手不足により、一人あたりの業務量が増える中で、チーム・個人でタスク管理を行う重要性が高まっています。近年ではタスク管理を効率化できるツールを導入することで、生産性を向上させている企業も増えています。今回はタスク管理の必要性やタスク管理を行う上でのポイント・注意点、管理方法からおすすめのタスク管理ツールをご紹介します。

タスク管理とは

タスク管理とは、業務の情報を整理・一元管理し、効率よく働くための管理方法です。

慢性的な人手不足により、従業員一人あたりの業務量増加と複数プロジェクトの同時平行が一般的になる中で、タスク管理は高度化・複雑化しています。そのため、IT技術を使って、適切にタスクを管理・遂行することが不可欠です。

タスク管理は主に、チームタスク(プロジェクトタスク)と個人タスクに分類できます。スマートフォンで使用できるタスク管理アプリも登場していることから、営業職や店舗出向の社員などへの普及も広がっています。

なぜタスク管理が必要なのか

タスク管理の必要性が高まっている理由には、主に「チーム力の向上」、「仕事の精度を高める」、「生産性向上に寄与する」という3点が挙げられます。

チーム力の向上

チーム(プロジェクト)のタスク管理では、チーム内の業務を可視化(見える化)することでそれぞれの進捗状況を適切に把握できます。タスクのリストアップは各業務の優先度を判断し、無駄な作業の削減や作業が遅れているメンバーのフォローなども可能となります。

「いつまでに」、「誰が」、「何を」やるのかを明確にすることで、作業漏れを防ぎ、担当者やチームメンバーそれぞれが一つの目的を見失わずに作業を進められます。結果的にチーム力の向上が期待できるのです。

この動画もあなたにオススメ