close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

安全衛生管理

2019年6月25日(火)更新

安全衛生管理とは、事業場で働く労働者の安全と健康を守るため、事業者に義務づけられている取り組みです。今回は、安全衛生管理の具体的な内容をはじめ、実施の必要性やメリットなどについて説明をしていきます。また、安全衛生管理体制に必要な管理者や設置が求められる委員会、実際に管理を推進する上でのポイントも紹介します。

安全衛生管理とは

安全衛生管理とは、その名の通り労働者の安全や衛生を管理し、安心して働くことができるような環境づくりを行うことで、安全管理と衛生管理を総合した内容を指します。

  • 安全管理 :危険な労働災害などから労働者の身を守るための管理
  • 衛生管理 :有害物質や騒音など人体に悪影響を及ぼすものから労働者を守り、健康を保護するための管理

なお、労働者の安全面・衛生面において最低限守らなければならない基準について定められたのが、労働安全衛生法です。この法律により、事業主には労働者の安全衛生管理を実施するよう義務づけられています。

【参考】労働安全衛生法(安衛法)/安全衛生情報センター

安全衛生管理を怠るとどうなるのか

事業主が労働者の安全衛生にまつわる対策を怠り、ずさんな管理体制を取った場合、労働災害が発生する可能性があります。

労働災害には、労働者を危険にさらすだけではなく、事業主に対して次のようなリスクが生じます。

罰則が科せられる

労働者の安全衛生管理を怠り労働災害が発生した場合、労働安全衛生法119条・120条違反として事業主に6ヶ月以下の懲役や50 万円以下の罰金などが科せられる可能性があります。

この動画もあなたにオススメ