close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

キャリアアップ助成金

2020年2月4日(火)更新

キャリアアップ助成金は、有期契約労働者に対して正規転換やスキルアップ、昇給等の取り組みを実施し、待遇改善やキャリアアップにつなげる企業に対して行う助成制度です。 今回は、キャリアアップ助成金を受給するために必要なポイントや「正社員コース」をはじめとした7つのコースごとの詳細、実際に申請する際の方法を解説します。また、記事の最後では実際の活用例も具体的に紹介していきます。

キャリアアップ助成金について

国による、雇用を促進させるための助成制度にはさまざまなものがあります。たとえば、経験の浅い求職者を積極的に雇うことで受けられる「トライアル雇用助成金」や、景気のあおりを受けて事業縮小をした会社が教育訓練などを図る事で従業員の雇用を維持した場合に受けられる「雇用調整助成金」など、その種類は目的や効果に応じて多岐に渡ります。

今回は、その中でも比較的耳にすることが多い助成制度「キャリアアップ助成金」を取り上げていきます。

キャリアアップ助成金とは

「キャリアアップ助成金」とは、非正規社員の正社員への転換や賃金規定の改定、健康診断制度の導入などに取り組み、非正規雇用労働者の地位、処遇の向上などを行った事業主に対して、一定の額の助成金が支給される制度です。

時代の流れに応じて毎年のように内容が変化するこの制度を取り入れることで、会社の将来に通じるさまざまなメリットが期待されています。

多彩なコース設定

平成31年度のキャリアアップ助成金としては、次の7つのコースがあります。

  1. 正社員化コース
  2. 賃金規定等改定コース
  3. 健康診断制度コース
  4. 賃金規定等共通化コース
  5. 諸手当制度共通化コース
  6. 選択的適用拡大導入時処遇改善コース
  7. 短時間労働者労働時間延長コース

【参考】キャリアアップ助成金のご案内(平成31年4月1日現在)/厚生労働省

この動画もあなたにオススメ