close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

  • Icon mailmaga
  • Icon facebook
  • Icon twitter

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第4回 BizHint大調査 読者の生の声

「新型コロナウイルスの影響・対策」 BizHint大調査(2020年3月実施)

Logo markBizHint 編集部 2020年4月2日(木)掲載
メインビジュアル

2020年4月現在、新型コロナウイルスの影響は依然多くの企業活動に影響を及ぼしています。BizHintでは3月中旬~下旬にかけて、BizHintの読者を対象に、その影響や対策について調査を行いました。1789件の回答をいただき、自由筆記では具体的なエピソードが数多く寄せられました。ダイジェストでお伝えします。※ダウンロードにてすべての結果をご覧いただけます。

メインビジュアル
【無料ダウンロード】
BizHint大調査『新型コロナウイルスの影響・対策』(2020年3月実施)アンケート回答データ

6割の企業がすでに影響を受け、9割以上が影響を受ける可能性。

新型コロナウイルスの影響。「すでに出ている」と「今後出る可能性がある」を合わせると9割以上に達しました。

イベント中止・売上減少・営業活動への悪影響

新型コロナウイルスの影響の中身について。イベント中止ほか売上低下、営業活動への悪影響が多くなっています。2割ほど、現場の混乱についての声が上がっています。

※各社それぞれの影響について、336件の自由回答を頂きました。

リモートワークやWeb会議は半数で実施。イベント中止・売上減少・営業活動への悪影響

昨今注目を集めるテレワークやWeb会議。「全社で実施」「一部で実施」を合わせると、どちらも半数の企業で実施されている、という結果になりました。イベントの中止は7割、出張・往訪の制限は8割の企業で実施されています。どの対策も「検討のみ」の割合は少なくなっています。

※各社の対策について、542件の自由回答を頂きました。

コロナ以前から活用していた企業の割合。リモートワークは4割、Web会議は7割

リモートワークを実施した企業のうち、今回のコロナ問題以前から実施していた企業は約4割という結果となりました。同じくWeb会議では7割。今回の対応でリモートワークが広がったことがうかがえます。

自社の対応について、6割近くは評価。

新型コロナウイルスへの対応は、業種業態、それぞれの企業で異なります。自社の対応については、ある程度の納得感がある方のほうが多いようです。一方で、こういった「危機対応」を通じて、自社の姿勢を評価する声も寄せられています。

※自社の対応を評価する声は511件、評価しない声は513件。個別の内容は自由筆記にて回答いただきました。

新型コロナウイルスの影響について自由回答の例

・中国の船舶の遅れにより住宅設備の部品が到着しない(建設/不動産・50代)/売上も減少だが、物が中国から納品されない(メーカー・40代)

・利用する製品の80%以上が外国産のため、生産の遅れが影響してくる可能性。1〜2ヶ月先の人手不足の可能性(建設・70代)/外部委託の部品生産、物流に滞りが発生し、自社生産の遅延が発生している。(メーカー・40代)

・生産・物流部門で感染が発覚すると、人員の自宅待機で人員不足となり製品供給がストップしてしまう。(メディカル・40代)

・1日の業務の4分の1はコロナ対応をしている。(IT・50代)/ 総務を担当しています。コロナ対策に追われて、通常の仕事ができない。(インフラ・50代)

・3月・4月の売り上げが0となり、今後も先が見通せない。(流通/小売/サービス・50代)

・全員在宅勤務になったが、通常通りの業務がこなせない。在宅勤務でパワーを発揮するものと明らかにパフォーマンスが落ちているものが二極化。(IT・30代)

新型コロナウイルスへの対策について自由回答の例

・工場、事業所単位で発生した場合の代替準備。本社機能を分割し移転(メーカー・60代)

・時差出勤や在宅勤務が徐々に可能に。とはいえ大半の社員は出社しておりワンフロアでの勤務なので一人感染者が出れば拡大する恐れがある。(建設・30代)

・会社への郵便物は、会社に近い社員が受け取り。トイレ内温風ジェット乾燥機の使用停止。窓を解放しての定期的な換気。他社主催イベントへの参加の原則禁止。国内海外の出張の原則禁止。宴席の自粛。特別休暇を付与など(IT・40代)

・新卒向けの会社説明会をweb上で行いました。学校の休校に伴い、会社のキッズコーナーや会議室を解放し、子ども連れでの出勤を許可。(建設/不動産・40代)

・テレワークにより余剰人員が出来てしまっている。会議、訪問もメール、ウェブになり楽になった。どうしても出勤しなければいけない部署はパートなどの人件費削減に苦労している。(流通・60代)

・市況が好調な販売先への営業強化。新規販路開拓。(メーカー・60代)

・PCR検査機器と試薬を発売予定(メーカー・40代)

・リモートワークを導入。リモートワークの価値は発見できたので、ケガの功名。(30代・IT)

・基本的にインフルエンザやノロウィスルの対策と同じ。毎朝、出勤前に検温。変にパニックを起こさないこと。海外からの帰国者の健康チエック。事務所が封鎖になった時のために、在宅用のパソコンの準備。(IT・50代)

※全ての回答をアンケート回答データにて紹介しております。ぜひご覧ください。

【無料ダウンロード】
BizHint大調査『新型コロナウイルスの影響・対策』(2020年3月実施)アンケート回答データ

■調査概要
・調査主体 : BizHint
・調査期間 : 2020年3月17日(火)~2020年3月23日(月)
・調査方法 : インターネットリサーチ
・調査対象 : BizHint会員
・有効回答 : 1789
 ※各数値は四捨五入して表記しています。

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

仮登録メール確認