close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

動機付け

2020年2月18日(火)更新

動機付けとは、ある要因によって行動を起こしてそれを持続させる、人の内的過程のことで、「内発的動機付け」と「外発的動機付け」の2種類があります。近年、従業員一人ひとりの労働生産性が重要視されるようになった背景から注目を集めています。今回は、動機付けの意味や「内発的動機付け」「外発的動機付け」それぞれのメリット・デメリット、ハーズバーグの動機付け理論や、内発的動機付けを高める方法、さらにはマネジメントへの活用方法まで詳しくご紹介します。

動機付けとは

そもそも「動機付け」は、モチベーション(motivation)の和訳です。ここでは動機付けの意味や「動機」との違い、動機付けが注目される背景についてご紹介します。

【関連】モチベーションの意味とは?低下の要因や上げる方法、測定手法や企業施策までご紹介/BizHint

動機付けの意味

動機付けとは、人が目的や目標に向かって行動を起こし、達成までそれを持続させる、心理的過程を表す心理学用語です。

動機付けに繋がる要因は主に、人の内部に沸き上がる欲求が要因となって行動を起こす「動因」と、外部からの要因によって行動を起こす「誘因」があります。

動機付けの種類は「内発的動機付け」と「外発的動機付け」の2つがあります。これらについては、後ほど詳しくご紹介します。

動機との違い

「動機」との違いは、行動を起こす要因と過程です。動機は行動を起こす、あるいは行動を方向付ける要因そのものを表すのに対し、動機付けはある要因をきっかけに行動を起こしてそれを持続させる心理的過程を表します。

動機付けが注目される背景

この動画もあなたにオススメ