close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

2019年8月16日(金)更新

【5分で読める解説PDFもご用意】RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、ルールエンジンやAI、機械学習などの認知技術を取り入れたソフトウェア型のロボットを利用して、これまで人間が行ってきた業務の自動化や効率化を図るものです。本記事では、RPAの基本の仕組みから注目が集まっている社会的背景やメリット、導入方法やツール選定のポイント、導入事例まで分かりやすく解説します。

RPAとは

RPA(Robotic Process Automation=ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、ルールエンジンやAI、機械学習などの認知技術を取り入れたロボットを利用して業務の自動化や効率化を図る取り組み全般を指す言葉です。業務の標準化やデジタル化を推進することで、バックオフィスにおけるホワイトカラー業務をはじめとする多種多様な業務を代行させることができます。

近年では高度なAI(Artificial Intelligence=人工知能)を搭載し、人間の反応や判断、挙動の再現が可能なRPAソフトウェアロボットも登場しています。このようなRPAソフトウェアロボットは、人間を補完する形で業務を遂行できることから、デジタルレイバー(仮想知的労働者) と呼ばれることがあります。

●RPAの導入事例をお探しの方は、こちらのページからもご確認いただけます。
RPA導入事例6選【企業や自治体の導入実例を導入効果別にご紹介】/BizHint

●RPAツールをご検討中の方は、こちらのページもぜひご覧ください。
今注目の「RPAツール」比較13選!ツール選定ポイントも/BizHint

RPAの強み

RPAの最大の強みは、作業精度と安定性の高さです。 人間とは違い、長時間労働による集中力の低下もないため、導入部門の生産性を最大限にまで高めることができます。事務作業やルーティンワークが多い部門であれば、 これまで数人がかりで行っていた仕事をたった1台のRPAに任せることも可能です。

各業務における人間とRPAの作業速度の比較やヒューマンエラー(人為的ミス)の多い業務の見極めなど、 RPAに適した業務の洗い出しを行うことで、より効果的にRPAを活用することが可能 となります。

RPAで自動化できる業務一例

この動画もあなたにオススメ