はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

組織・チームワーク

2019年10月2日(水)更新

自律型組織はタイヘン。自由闊達に動けるのは一生懸命話し合っているから【影山知明・クルミドコーヒー、胡桃堂喫茶店 店主(後編)】

Logo markBizHint 編集部

外資系コンサルティング会社を経て投資ファンドを立ち上げたかと思えば、2008年からは東京・西国分寺でカフェを開店した影山知明さん。後半ではクルミドコーヒーの組織論について伺ってきます。個々人が自律して動く組織形態が話題になっていますが、その要件には「見えない部分」まで「話し合ってコミュニケーションをとること」と二人は指摘します。

バックナンバー
コメントを読む
メインビジュアル

クルミドコーヒー/胡桃堂喫茶店店主

影山知明さん

1973年東京都西国分寺生まれ。東京大学法学部に進学。卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て独立系ベンチャーキャピタルを共同創業。総額30億円のファンドを立ち上げる。2008年に西国分寺に多世代型シェアハウスをオープン。1階にカフェ『クルミドコーヒー』を開店。2017年には『胡桃堂喫茶店』の営業も開始。ほかミュージックセキュリティーズ(株)取締役。著書に『ゆっくり、いそげ 〜カフェからはじめる人を手段化しない経済〜』(大和書房刊)、『続・ゆっくり、いそげ』(クルミド出版刊)。


前編のまとめ

  • 最初から場づくりをしようと思っていたわけではない。1人ひとりのやりたいこと、興味があることに向き合い、それを支援してきたことで、活動が自然と広がってきた
  • 仕事に人をつけるより、人に仕事をつける──組織の継続を重視して個性を抑えるような経営はしない
  • 機械をつくるようにではなく、植物を育てるような経営
  • 「小さく信頼してあげること」でコミュニケーションが始まる。お互いの信頼があるからこそ、それぞれの自由に任せられる
  • 自分がやりたいことをちゃんと言語化できている人は少ない。やりたいことは、他社との対話を通じてだんだん明確になっていくもの

ルールをつくれば破った時のルールも必要、ルールだらけになる

中竹竜二さん(以下、中竹): 前編で影山さんがおっしゃった「小さく信頼してあげる」の話は面白いと思いました。禁止事項ばかりの空間は誰も近寄りたくない。ゆったりすることが目的のカフェにはそぐわない。ギブアンドテイクで小さなギブから始めることで、相手も小さなギブを返してくれる。小さいギブ、軽いギブだから無理もせずに対応できる…小さな信頼がコミュニケーションの始まりだと思いました。

影山知明さん(以下、影山): そうですね。

中竹:私も「組織づくり」で、嫌いだったのが禁止事項をつくること です。組織を規制するルールがあれば、それをなくすこと。ルールをつくらないようにしてました。1つルールをつくると、仮に誰かがそのルールを破ったときどうするのか……。破った時のルールをさらに決めないといけなくなる。ルールだらけになり、ルールを管理することがマネジメントになる。中にいる人たちもルールを守ることが大事になっていく。一体何のために集まっているのか? 目的が見えなくなるんです。

じゃあルールを無視すればいいのか、リーダーは何もしなくてもいいのかといえば違います。みんなが集まる以上、例えば、約束の時間は守ってほしい。破った時のペナルティーを事細かに決めることはしませんが、「時間はみんなにとっても大事だから守ろう」というスローガンはリーダーとして唱え続けてます。あと、それを実践している人たちを讃えることです。別に私の理想に従ってもらうわけではなく、場の目的を忘れないようにするためです。

影山:マネジメントすべきはヒトではなく、そのカルチャーですよね。

中竹: ウィンニング・カルチャーをもつ組織というのは大胆で自由なんです。例えば、世界強豪のラグビーチームであるニュージーランド代表の『オールブラックス』。オールブラックスは規則・罰則が極端に少ない。実は、オールブラックスの選手に選別される過程までは、かなり厳しい教育的指導・罰則があるんですが、オールブラックスになったとたんに何もなくなる。これができるのも信頼・信用・リスペクトがあるから。信頼されているがゆえに、選手たちもオン・オフにかかわらず、信頼に応えるパフォーマンスをみせようとしているんですね。

経営者はどこまで社員を自由にさせられるか

「中竹竜二さんが聞く【新しい組織・リーダー論】」バックナンバー

  1. 強い組織をつくるために今求められる、新しいリーダーシップとは【日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター/株式会社チームボックス中竹竜二さん】
  2. 「敗戦」を経験し「自前主義」「完璧主義」を捨てたパナソニック-イノベーションを巻き起こすため技術トップが決断した3つのこと
  3. パナソニック「粘り強く諦めない」文化を大事に-スポーツもビジネスも失敗から学び続ける姿勢がある人は強い
  4. 再生請負人・メガネスーパー社長が語る “負け癖”がついている社員たちを蘇らせる方法
  5. 日本人が本番に弱いワケ メガネスーパー社長と語る「リーダー論」
  6. ファミリーマート・澤田社長が考える「リーダーの2つの仕事」
  7. ファミリーマート・澤田社長 先輩たちから学んだ「冷静な合理性」と「熱い情熱」
  8. あなたはワクワクしていますか? 小田急電鉄の星野社長が問い掛ける「働き方改革」
  9. 「成長したい」という若者、「挑戦する」中間管理職を支援。小田急電鉄の星野社長が問いかける「働き方改革」 
  10. 「活動理念」をつくったから、クラブは強くなりました 千葉ジェッツ島田慎二社長が語る「トップチームの作り方」
  11. 「強いチームは、試合の結果よりも選手の戦う姿勢を評価する」 千葉ジェッツ島田社長がたどり着いたトップチームの作り方
  12. 「この会社では自由になんでもやっていいよ」究極の放任主義でもプロが育つ! レオス・キャピタルワークス藤野社長のマネジメント術
  13. 目先の損得は判断を誤る、長期的な視点こそが正解に辿り着ける レオス・キャピタルワークス藤野社長のマネジメント術
  14. 「サービスはワールドワイド、開発はホラクラシー」 ヌーラボ・橋本正徳社長が語る「“ゆるふわ”自律型組織の作り方」
  15. 脳みそパッカ~ン!グループでアイデアを生み出そう ヌーラボ・橋本正徳社長が語る「“ゆるふわ”自律型組織の作り方」
  16. 人を「やる気」にさせることは難しいが、「やる気」にさせる機会づくりはできる【森下仁丹・駒村社長】
  17. 専門家たちを集い、患者・家族を救う――在宅医療は究極のチームビルディング【医療法人社団悠翔会理事長・佐々木淳さん】
  18. 「自分とは違う見方を知ること」が世界を広げる【医療法人社団悠翔会理事長・佐々木淳さん】
  19. 代ゼミ・高宮共同代表が語る、「教育改革」で本当に身につけたい力とは?
  20. 代ゼミ・高宮共同代表と語る「潜在的な能力を引き出す方法とは」
  21. 「クルマではなく、植物を育てるように人に向き合う」逆三角形(▽)型の組織づくり 【影山知明・クルミドコーヒー、胡桃堂喫茶店 店主(前編)】
  22. 自律型組織はタイヘン。自由闊達に動けるのは一生懸命話し合っているから【影山知明・クルミドコーヒー、胡桃堂喫茶店 店主(後編)】

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

目次