はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

マーケティング

2019年7月3日(水)更新

事業承継に2度失敗。元IT起業家の四代目は、町工場をどう変えたか?

Logo markBizHint 編集部

大阪府八尾市の木村石鹸工業株式会社(以下、「同社」)は、大正13年創業の老舗石鹸メーカーです。多品種少量生産に強みを持つ同社は、かつては生協向けのOEM生産(受託製造)と業務用石鹸の製造を主軸とする「町の石鹸工場」でした。同社の転機となったのは、四代目である木村祥一郎 代表取締役社長(以下、木村さん)の入社です。学生時代にIT企業を創業し、18年間経営に携わったのち、家業に戻った木村さん。自社ブランドの開発に取り組み、オリジナルブランド石鹸「SOMALI(そまり)」を筆頭に、次々と自社ブランド製品を世に送り出しています。 SOMALIは天然素材にこだわり、昔ながらの釜焚き製法で作られた石鹸です。洗濯用、キッチンやお風呂用といったハウスケア用の製品のほか、ボディソープやハンドソープをラインナップしています。SOMALIは肌にやさしく、水できれいにすすぎ落とすことができます。一般的な合成洗剤やボディソープに用いられる5つの成分(石油由来界面活性剤、合成着色料、合成香料、石油由来防腐剤、旧表示指定成分)を使わず、香りにも天然精油を使用。今ではLOFTや中川政七商店など大手生活雑貨店でも取り扱われ、多くのファンに愛されています。

コメントを読む
メインビジュアル

消費者の安心・安全ニーズを掴み、愛されるSOMALIブランド

――木村石鹸工業株式会社オリジナルブランドのSOMALIについて、どのような点がお客様に支持されているのでしょうか?

木村祥一郎さん(以下、木村): SOMALIは発売から4年が経過しました。発売当初はデザイン性に魅力を感じて購入してくれる方が多かったように思いますが、今は石鹸の良さを認めていただいた結果、「SOMALIを使い続けよう」と思っていただいている、リピーターの方が多いですね。合成洗剤を使うと手がカサカサになってしまう方も、石鹸に変えると手荒れが治りましたというお声を多くいただいています。

化学物質過敏症の方も最近増えていますが、SOMALIの成分は、すべてWEBサイトで公開しています。「家庭用品品質表示法」の基準では、配合率が低い成分については、成分が持つ機能の名称だけ表示すればよいのですが、SOMALIは詳細な成分名称まで全て掲載しています。成分が気になるというお客様は、ご自身で成分を確認して、SOMALIがお肌に合うか合わないか判断していただけるのです。こういった点も「納得して使える、安全なものが欲しい」という方に評価いただけているのだと思います。

石鹸は、通常の合成洗剤に比較すると、洗浄力では負ける部分があります。石鹸は酸に弱いんです。例えばお酢のついたお皿を洗うと、石鹸の能力が落ちてしまうため、汚れをしっかり取るためには、予備洗いをする必要があります。手間がかかる面があるにも関わらず、今の合成洗剤に不満を持っている方は、SOMALIを使い続けてくださっていますね。

あと、最近増えてきたのは、オーガニックタオルを使われている方ですね。SOMALIを使うと風合いが良くなるので、美容院やレストランで、おしぼり用オーガニックタオルの洗濯用洗剤をSOMALIに切り替えていただいているお店も徐々に増えています。実は、 オーガニックタオルやオーガニックコットンの衣料は、合成洗剤よりも石鹸で洗った方が絶対いい んです。

合成洗剤で洗うと、成分が浸透してどんどんタオルは硬くなってしまいます。しかし、柔軟剤を使うとタオルが成分で覆われた状態になり、水を吸わなくなっていく。

一方で、石鹸は「すすぎ」をすれば成分がほとんど繊維に残りません。石鹸と、石鹸を中和するリンス剤で洗えば繊維の風合いも良くなる。吸水性も損なわれません。 石鹸でちゃんと洗うと、10年でも20年でも、タオルの風合いが変わらない んです。

そもそも、大手メーカーの洗剤は売り場で目立つために「洗浄力アップ!!」といった派手なパッケージですが、実際に使う女性の方は「せっかくコーディネートして部屋をオシャレにしたのに、生活空間に合わない」とフィルムを剥がしてしまったり、わざわざ100均で買ったボトルに詰め替えたりして使っているんです。

『クウネル』や『天然生活』などを読んで「丁寧な暮らしをしたい」という方はたくさん居ます。そんな方に向けてSOMALIは、ただの石鹸ではなく“雑貨”として売り出しています。

売上は右肩下がり、取引先2社依存からの脱却を図る

――オリジナルブランド立ち上げ、新規販路開拓へと踏み出したきっかけ、背景はどのようなものだったのでしょうか?

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

目次