close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第2回 注目キーワードを紐解く「BizHint Dictionary」

心理的安全性が高い=ただの仲良しチームではない!?【BizHint Dictionary】

BizHint 編集部 2020年5月12日(火)掲載
メインビジュアル

「これからの時代に必要なのは心理的安全性だ!」と力説している部長やマネージャーのみなさん。なんとなくわかったふりをして使っていませんか? もし「心理的安全性がある=仲が良くて居心地のいい職場」だと思っているのであれば…ちょっと認識不足かもしれません。正しい意味を理解し、明日から自信を持って語っていきましょう!!

メインビジュアル

「心理的安全性」とは?

心理的安全性とは、 メンバーそれぞれが不安を抱えることなく、自分の考えを自由に発言できたり、行動に移したりできる状態 を指します。

言い換えると、自分が何かアクションを起こしても、それに対して責められたり罰せられたりする心配がない状態。お互いを尊重し、信頼しあっていることから生まれます。

この心理的安全性は「 チームの生産性を高める一番の要素である 」とGoogle社が発表したことで、高い注目を集めることになりました。


詳しい解説はコチラ!
心理的安全性が職場にもたらす効果と高め方、測定方法まで徹底解説


ここがポイント:ただの仲良しチームではない!

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

この動画もあなたにオススメ