close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

連載:第4回 経営・SaaSイベントレポート2022

部下の「心から尊敬する人」になれていますか? “ほめる”で組織を伸ばすための重要なポイント

BizHint 編集部 2022年3月15日(火)掲載
メインビジュアル

「注意してもミスが直らない」「ほめてもやる気を出さず、モチベーションが上がらない」といった部下に対する様々な悩み。リーダーのみならず多くの人が経験しているのではないでしょうか。これらを解決するカギは、いかに相手の価値を見つけ、その価値を伝えて伸ばしていくかにあります。一般社団法人日本ほめる達人協会 理事長の西村貴好さんは、ほめることで一番重要なのは、「相手をコントロールするために使わないこと」だと言います。どうしたら相手に響く「ほめる」ができるようになるのか、解説いただきました。

メインビジュアル

一般社団法人 日本ほめる達人協会
理事長 西村 貴好さん

2011年に一般社団法人日本ほめる達人協会を設立し、理事長に就任。元々は、ダメ出しの達人であったが、脳科学やカウンセリングをはじめとした理論を14年間学び・研究して「ほめる」効果と理論を体系的にまとめた「ほめ達」を確立。現在は、ほめる効果を活用し、さまざまな企業のスタッフ・商品・サービスの価値を高める切り口を提供するほか、年間約250回の講演や著作など精力的に活動している。


相手を思い通りに動かすための「ほめる」は見透かされる

一般的な「ほめる」とは、人の良い所を見つけて伝えることですが、当協会は人だけでなく、商品・サービスといったモノ・さらに出来事も含めて 「価値を発見して、伝えること」 と定義しています。

「ほめる」ことで得られるものはとても多いです。まず、今まで見えなかったものが見えたり、気づけなかったことに気づけるようになります。大きく成長するきっかけにもなるでしょう。さらに、自分と他人の違いをきちんと理解した上で安心安全な場を作り、周りの人の脳を活性化させることで、豊富なアイデアがどんどん生まれるようになります。

また、「ほめる」側にもこんなメリットがあります。

  1. 自分自身の心が整う
  2. 心に余裕が生まれる
  3. 周りとの人間関係が良好に変わる

しかし、 ほめることを相手のコントロールに使ってはいけません。 「ほめたら動いてくれるんでしょ」「上手に動いてもらうためにほめるんでしょ」と思ってほめても、それは相手に伝わってしまいますし、そもそも「ほめる」ではなくなります。

そして、もうひとつ念頭に置いておいてほしいのが、 「誰が言うか」 という点。例えば、一生懸命ほめても相手に「全然嬉しくない」と思われたら意味がありません。逆に、叱っても「ちゃんと見てくれていて、嬉しい」と受け止められることもあります。その違いは「心の底から尊敬する人」に言われたかどうかです。

つまり、ほめることの効果は、 自分が相手にとって「心の底から尊敬する人」になれているか どうかで、全く変わってくるということです。

では、そのためにはどうしたらいいのか。それが 「人間力」「関係性」 です。

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

この動画もあなたにオススメ