close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

連載:第5回 経営・SaaSイベントレポート2022

ドラッカーと松下幸之助の共通点から学ぶ「マネジメントの本質」

BizHint 編集部 2022年3月31日(木)掲載
メインビジュアル

「経営の神様」と呼ばれるパナソニック創業者の松下幸之助氏と、「マネジメントの父」と呼ばれる学者のピーター・ドラッカー氏。二人は国籍も立場も違うものの、経営やマネジメントにおいて共通の思想を持っています。“人間中心”の経営を重視し、物事の本質を見つめ続けた二人の「本当の成功をつかむための考え方」について、松下幸之助氏の研究を行うPHP理念経営研究センター代表の渡邊祐介さんに語っていただきました。

メインビジュアル

PHP理念経営研究センター 代表/PHP研究所 執行役員
渡邊 祐介さん

1986年、(株)PHP研究所入社。普及部、出版部を経て、95年研究本部に異動、松下幸之助関係書籍の編集プロデュースを手がける。2003年、大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。修士(経済学)。日本の名経営者の経営哲学、経営理念の確立・浸透についての研究を進めている。著書に『ドラッカーと松下幸之助』『決断力の研究』『松下幸之助物語』(ともにPHP研究所)等がある。また企業家研究フォーラム幹事、立命館大学ビジネススクール非常勤講師を務めている。


人の長所を見出し、企業家精神を持つ「経営の師匠」

私がドラッカーと松下幸之助の共通点を知ったきっかけは、22年前。株式会社ファーストリテイリングの柳井正社長に「経営のコツ」をテーマにした原稿を執筆していただいたのがきっかけです。そこには、 自分の経営の師匠は松下幸之助とドラッカーの二人 だと記述されていました。

柳井社長はその原稿で、ドラッカーと松下幸之助について、


  • どんなできの悪い生徒でも隠れた長所を探し出す最高の教師
  • 全体主義や官僚主義を嫌い、企業家精神を誰よりも理解していた
  • (彼らの著作は)物事の本質にせまり、それをわしづかみにし平易な言葉で誰でも解るように説明してある

と評しておられました。それを読んで衝撃を受けた私は、ドラッカーについても勉強しようと著作を読み漁ったのです。ドラッカー作品の翻訳者であり、日本での分身とされる上田惇生先生にも教えを乞いに伺いました。私自身はもともと松下幸之助の研究をしていたのですが、ドラッカーについて学べば学ぶほど、二人が似ている気がしてきました。

そこで、私なりにドラッカーと松下幸之助を定義してみたのです。

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

この動画もあなたにオススメ