はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

戦略・経営

2019年9月12日(木)更新

日替わり弁当のみで年商70億、玉子屋のスゴい事業承継

Logo markBizHint 編集部

プロ・リクルーター、河合聡一郎さんによる事業承継の成功のヒントを探る連載。今回お話を伺うのは、株式会社玉子屋 代表取締役社長の菅原勇一郎さんです。家業は1食450円の日替わり弁当をオフィスに宅配する「玉子屋」。菅原さんは2代目社長に就任すると、20年間で年商を7.5倍に拡大させるなど経営手腕を発揮し、ビジネスモデルはアメリカの名門・スタンフォード大学のMBAでもケーススタディとして取り上げられるほど。東京・大田区発、世界が注目する中小企業の秘密に迫ります。

バックナンバー
コメントを読む
メインビジュアル

株式会社玉子屋

代表取締役社長 菅原勇一郎さん

1969年東京生まれ。立教大学卒業、富士銀行(現みずほ銀行)入行。流通を学ぶため、小さなマーケティング会社に転職し、1997年「玉子屋」に入社。葬儀やパーティ用の仕出し屋「玉乃家」も設立。2004年社長になり、97年当時12億円程度だった売り上げを、70億円までに。2015年からは、世界経済フォーラム(通称ダボス会議)にも、フォーラムメンバーズに選出されている。著書に『日替わり弁当のみで年商70億円スタンフォード大学MBAの教材に 東京大田区・弁当屋のすごい経営』(扶桑社)がある


1食450円の日替わり弁当のみで年商70億

河合聡一郎さん(以下、河合): 玉子屋さんは毎朝注文を受けて一日7万食を製造。自社の配送チームが20班に分かれて調整車を送り、お昼にはオフィスへ弁当が届く。しかも1食450円、 廃棄率0.1%は製造業では驚異的な数字 ではないでしょうか。この仕組みがどうやって生まれたのか、また先代から受け継いだ会社をどのように変革したのか。二代目ならではの組織づくりについてもお聞きしたいと思います。菅原さんはもともと会社を継ごうと思っていましたか?

菅原勇一郎さん(以下、菅原): 子供の頃は、家の商売が弁当屋だってことに劣等感があって、継ぎたいなんて思っていませんでした。高校・大学の7年間は野球部でずっと寮生活。その間、会社には近寄りませんでしたね。実家からもたった100m先、目と鼻の先なのに。

河合: そうだったんですね! 意外な印象です。当時の将来の夢はなんでしたでしょうか?

菅原: 学生時代はずっとプロ野球選手を目指していました。けれど挫折してしまって。そんな時ふと、将来社長になりたいと思いました。ただし「家業以外」のです。そこで、社長になるための勉強ができる就職先を選んで銀行に入社しました。

銀行では様々な取引先を見てきましたが、学んだことは 「規模の大きい会社や、沢山売上のある会社が、必ずしもいい会社ではない」 ということです。それよりも、 経営体制が健全で、従業員が楽しく働いていて、お客様が満足していること。この「三方良し」の関係がいい会社の証 なんだと気づきました。

お客さんとして見ていたから、事業の改善ポイントがわかった

「プロ・リクルーター、河合聡一郎さんが聞く【事業承継のカギ】」バックナンバー

  1. 事業承継の成功のカギと後継者に必要な資質とは【株式会社ReBoost河合聡一郎さん】
  2. 「自分が成果を出してこそ信頼される」は勘違い 【銀座英國屋小林英毅さん×河合聡一郎さん】
  3. 3代目経営者が事業を承継するなかで「変えた」こと「変えない」こと【銀座英國屋小林英毅さん×河合聡一郎さん】
  4. 元祖あんぱん・木村屋總本店7代目、木村光伯さんの経営哲学は「ボトムアップを大切に」
  5. 創業150週年の老舗ブランドを守りつつ、次を画策する木村屋のこれから
  6. 火の車状態から年商50億まで成長、さらに100億稼ぐ飲食チェーンになるために社長が考えていること【玉寿司・中野里社長】
  7. たった3か月で寿司職人を育成する玉寿司の人材育成【玉寿司・中野里社長】
  8. 恨まれながらも社員を全員解雇、事業承継した3代目の改革への想い
  9. 大阪・生野の下町企業が「82年目のスタートアップ」として、上場を目指す理由
  10. 日替わり弁当のみで年商70億、玉子屋のスゴい事業承継
  11. 人材は入社してから育てればいい、社員の悩みに答えてこそ中小企業【年商90億を支える人材育成】
  12. 創業130年の繊維メーカーを率いる30代社長、「時代に合わせてしなやかな変化を」
  13. 経営の「攻めと守り」のバランスを上手く取る【三星グループ・岩田真吾さん】
  14. 2億円の債務超過の状態から「世界最高の鍋・バーミキュラ」で会社を立て直した兄弟
  15. バーミキュラが売れる仕組み、透明度の高い組織を作る【愛知ドビー株式会社・土方邦裕さん/智晴さん】
  16. 破産した会社も「日本式M&A」で引き受け再び成長へ【三重県の印刷会社アサプリのスゴい経営】
  17. 順番を間違うな。社員の幸せを前提とした見える化とグループ力の追求【三重県の印刷会社アサプリのスゴい経営】
  18. 上場時の役員が全員入れ替わってでも「会社は理想を実現する箱」と言い切るわけ【サンワカンパニー山根太郎社長】
  19. “感性品質”を高めて売上約50億円から100億円企業に【サンワカンパニー山根太郎社長】
  20. 全財産を投じながらIMJを再建した経営者がたどり着いた境地【くじらキャピタル・竹内真二社長】
  21. 会社のコアは変えずリストラもしない、経営再建のプロが語る再成長への道筋【くじらキャピタル・竹内真二社長】
  22. 富士そばは「仕事に困っている人」の受け皿企業でありたい【富士そば・丹有樹社長】
  23. 安定を求む社員が多いからこそ、社長が一番大きな失敗を【富士そば・丹社長】
  24. 自分をクビにした父を見返したい、三代目の不屈の精神から生まれた「獺祭」誕生秘話
  25. 20年で売上138億まで成長した獺祭。先を見据えた組織造りのカギとは?
  26. 32歳の専業主婦が町工場を継ぎながら、リーマンショックを乗り越えた話

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

目次