close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

  • Icon mailmaga
  • Icon facebook
  • Icon twitter

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第3回 組織作り その要諦

手取り足取りの指示ではない。「任せる」ことで「自分ごと」を重ねた経営となる【スマイルズ・遠山正道さん】

Logo markBizHint 編集部 2019年1月16日(水)掲載
メインビジュアル

「Soup Stock Tokyo」やネクタイ専門ブランド「giraffe」などを手掛ける株式会社スマイルズ。代表取締役社長の遠山正道さんは、「仕事は細かく指示するよりも、動力がある人に任せることが大事」と語ります。そして、「自分のやりたいことを仕事に」と「小さくても『自分ごと』を考えられる人がよい」と言います。遠山さんが会社経営で大事にしていることについて迫ります。

メインビジュアル

指示を出すのではなく「自分より得意な人」に任せる

――スマイルズと言えば、いち早く「食べるスープ」というコンセプトを打ち出した「Soup Stock Tokyo」や個性的なネクタイブランドの「giraffe」といった多様な事業展開で知られています。人材育成で心がけていることはありますか。

遠山正道さん(以下、遠山): 申し訳ないのですが、そもそも私には人を教育するという意識がないですね(笑)。この会社は人事、経理、現場スタッフも含めてすべて自分より得意な人の集合体です。彼らを「教育」するというより、任せてお願いしたほうがいいと思っています。

まだないものを新たに作る段階では、誰かが確信をもって言い切る必要がある。

そして、事業が出来上がってランニングに入ると、ここからが本番で大変になる。もはやアイディアではなく現実の連続です。それはそれを実行している現場のメンバーでしかできない。現場をリスペクトして任せていく必要がある。

そもそも上のものがとやかく言うのは、現場のやる気を削ぐだけでなく、上が言ったからと現場に言い訳をつくることにもなる。 自分たち一人ひとりが自分ごとで発意し実行するのが望ましい。

ウチでは「遠山さんがやれと言ったから」なんて理由で盲目的にやっていたら、一番ダサい。だったらその人の存在する意味がなくなってしまいます。

誰の発意で、誰がやっているかが大事です。

この前、ある他社さんのビジネスプランの審査会で「プランはいいんだけど、この仕事は誰がやるの?」と問いかけたことがあります。彼女らは3人で事業を立ち上げると言っていたので、「3人でやります」と言ったんですね。

私は「そうですか。で、誰がやるの?」とさらに聞きました。そうしたら、3人の中の1人の女性が、私がやりますと言ったので「わかりました」と言って終わった。司会の方が少し慌てて、「それはどうのような意図が?」と聞いてきましたが(笑)。

「みんなで責任を取って皆でやります」なんていうのは、結局何も言っていないのと同じです。

後の懇親会で、私がやりますと言った女性も一緒にいた女性も、一緒に涙を流していて、きっと二人で誓い合ったりしたのだと思います。

きっと入社して10年の中で、初めての意志、決意の涙だったのではないでしょうか。

うちの社員にもそんなであってほしいと思います。

このようなことは、何も新規事業とか、大きな場面に限ったことではありません。

むしろ、日常の取るに足らない流されていくようなつまらない仕事の中にこそ、自らの気付きと行動で、誰にも頼まれていない、 誰のハンコもいらないようなそんな小さな改善を、一人ひとりが自分ごとで進めて欲しい と思います。

会社の入り口に全面が◯のサイコロの写真がありますよね。あれは私が三菱商事からMBOをして、スマイルズが独立した時に撮影した作品です。

「サイコロにとって不幸なのは、机のなかにしまわれ振られないこと。このサイコロはすべて◯だから、全部正解。だから、この会社では積極的にサイコロを振ってくれ」 という思いを込めて作品化しました。

私は、行動には神さまがオマケをつけてくれる、と実感しています。だから、サイコロを振りさえすれば、あとはきっとどれも正解なのです。

アートとビジネスの関係、「やりたいこと」を知ること

バックナンバー (18)

組織作り その要諦

  1. 第18回 個人の働き方改革をしながら……企業が強い組織を作るには【法政大・田中研之輔教授】
  2. 第17回 「ピラミッド型組織」は「ネットワーク組織」に変われるのか【入山教授と語るFCバルセロナ、早稲田、ソニー「勝つ組織風土」】
  3. 第16回 ゴールを決めた瞬間、控えの選手たちは本気で喜んでいるか?【入山教授と語るFCバルセロナ、早稲田、ソニー「勝つ組織風土」】
  4. 第15回 史上最強チーム・バルサにはなれないけど、学ぶことはできます【入山教授と語るFCバルセロナ、早稲田、ソニー「勝つ組織風土」】
  5. 第14回 顧客3万社、営業12名。売上を追わない営業部門と社長が重視する、最も大切な指標とは
  6. 第13回 視察多数の運送×健康経営。企業送迎No.1バス会社では管理栄養士が運転士を健康にしていた
  7. 第12回 ベイスターズの躍進を支え続けたマーケティングチームの心得。「それしかなかった」ものとは
  8. 第11回 「日本でいちばん大切にしたい会社」特別賞。企業理念を徹底する業界2位の老舗ランドセルメーカーは、社員に株を無償配付していた
  9. 第10回 全国一の自動車教習所は究極のボトムアップ組織だった。人的余裕が施策を生みだす好循環。
  10. 第9回 障がい者の活躍が事業を拡大し、健常者が社内マイノリティに。「助ける」ではなく「ビジネスとして成立させる」
  11. 第8回 「超属人的組織」だからこそ仕事が面白い。一人の職人のみが持つ技術も「継がなくて良い」
  12. 第7回 デイサービスを「男性向け」で差別化。従業員の定着率を高める「公平感ある」職場づくり
  13. 第6回 数字必達主義から「対話型の組織」へ、福島トヨペットの社内変革【福島トヨペット・佐藤修朗社長/佐藤藍子副社長】
  14. 第5回 「ブラックサンダー」で46億円から100億円企業に伸びた有楽製菓の秘密
  15. 第4回 雅叙園復活のカギ「作業員ではなくホテルマン」。 圧倒的なハードの魅力を伝える、人・ソフトの再生術
  16. 第3回 手取り足取りの指示ではない。「任せる」ことで「自分ごと」を重ねた経営となる【スマイルズ・遠山正道さん】
  17. 第2回 若手の当事者意識を引き出す「自律・分散型組織」を作る【ポーター賞受賞企業・ネットプロテクションズ】
  18. 第1回 「組織づくりとクルマづくりは似ている」 元自動車エンジニアの人事が語る採用の秘訣

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})