close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

BIツール

2018年11月10日(土)更新

インターネットの発展やSNSの普及により、企業と顧客との接点が増えてきています。そのため、企業はデータ活用技術を利用して、ビジネス活動に促進させようとする動きが広がっています。今回は膨大なデータを可視化し、ビジネス活動を促進できるBIツールの注目理由やメリット・機能、導入ポイント、事例からおすすめのBIツールまでご紹介いたします。

BIツールとは

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールとは、社内に蓄積されたあらゆるデータ(顧客情報や販売実績、市場動向など)を可視化し、企業の営業活動を支援するツール、もしくはシステムの総称です。

BIツールが注目されている理由やBIツールでできること、Excelとの違いを知ることで、理解を深めることができます。

BIツールが注目されている理由

テクノロジーの発展や経済のグローバル化に伴い、ビジネス課題が高度化・複雑化していると同時に、消費者価値観の多様性が広がっていることから、企業が提供するプロダクトライフサイクルの短期化が進んでいます。そのため、日本企業の経営者は迅速な意思決定を行い、不確実性の高い世の中の変化に対応していくことが求められます。BIツールはビジネスの現場や顧客関連情報を可視化し、精度の高い経営判断を促してくれるため、多くの企業で「迅速な意思決定にはBIツールが欠かせない」という認識が広まっています。

また、インターネットやSNSの普及により、情報の大衆化が進み、企業と顧客の接点機会が増えています。人工知能(AI)・ビッグデータなどのデータ活用が進む中で、顧客情報を有効に活用しようとする動きも活発化しており、企業側に収集・蓄積された膨大なデータを整理・整合する手段としてもBIツールの需要が高まっているといえます。

加えて、現在の日本社会は深刻な人手不足に陥っており、長時間労働の是正や働き方改革の推進が重要な経営課題となっております。これらの企業が抱える労務問題に対してもBIツールは有効な対策となるため、注目されている理由のひとつと考えられます。

BIツールでできること

では、実際にBIツールを導入すると、どのようなことができようになるのでしょうか。一例を以下に記載します。

【一例】

この動画もあなたにオススメ