close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

IT資産管理

2019年2月27日(水)更新

現在、IT技術は業務を遂行するために必要不可欠なものです。IT資産とは言葉の通り、コンピューターをはじめとしたハードウェアや表計算などのソフトウェア、データといった全てのITを指します。IT資産を適切に管理しなければ、重大なリスクに直面する可能性もあります。本記事では、「IT資産管理」という言葉の意味から必要性、IT資産を一元管理できるツールまでご紹介します。

IT資産管理とは?

IT資産管理とは、会社内にあるコンピューターや、コンピューターにインストールされているソフトウェアなどを適切に管理することです。

この「IT資産」は、大きく4つに分類されます。IT資産管理への理解を深めるためにも、まずはこの4つについて解説していきます。

IT資産の4つの分類

IT資産は現在、大きく以下の4種類に分類することができます。

①ハードウェア

IT資産という言葉に対して、最もイメージしやすいものがハードウェアではないでしょうか。

ハードウェアは実際触れることができるIT機器本体のことを指します。

具体的には、

  • コンピューター
  • プリンター
  • 携帯電話(スマートフォン含む)
  • サーバー
  • マウス・キーボード等周辺機器

この動画もあなたにオススメ