close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

連載:第9回 Hop Step DX~デジタルトランスフォーメーションでつかむ次の成長

ローカル生花店がDXで実現した女性スタッフの働き方改革

BizHint 編集部 2021年11月17日(水)掲載
メインビジュアル

長野県で4店舗を展開するヌボー生花店。二代目である山崎年起さんは5~6年前からDXを推進しています。そのきっかけは、女性スタッフが結婚を機に「退職したい」と申し出たからだそう。引き止めるためにリモートワークを導入したところ、思わぬところでの効果も得られたとか。社員のライフステージの変化を経ても、長く働き続けられる仕組みをどのようにして作っていったのか? お話を伺いました。

メインビジュアル

株式会社ヌボー生花店
代表取締役社長 山崎年起 さん

1979年長野市生まれ。立命館大学理工学部情報学科卒業。大学卒業後、東京の大手システムインテグレーターに入社。大手製造業の生産管理システムの企画にプロジェクトマネージャーとして携わる。2006年に家業であるヌボー生花店へ入社し、2014年に代表取締役社長に就任。


DXは、女性スタッフに仕事を続けてもらうため

長野市内に4店舗を展開し、地域の人々に40年以上愛され続ける「ヌボー生花店」。2代目である山崎年起さんは5〜6年前から積極的にDXを進め、リモートワークを行うスタッフの居住地は石川県からトルコまで、実に幅広い。山崎さんがDXに取り組んだきっかけは、ひとりのスタッフの退職を引き止めるためだった。

「とある女性スタッフが結婚を機に、本社のある長野市から60㎞離れた松本市へ引っ越すことになったんです。彼女になんとか仕事を続けてほしくて、リモートワークできる環境を整えることにしました」

そこから店舗ごとの売上げや顧客情報の管理、注文の受発注や経理など社内システムのクラウド化を進め、現場のスタッフ以外はどこにいても仕事ができる状況をつくった。 「DXはあくまで手段で、目的こそが重要」と語る山崎さん。ヌボー生花店の目的とは、女性が働き続けられる環境づくりだ。

「生花店のビジネスモデルは、労働生産性が低くなりがちなんです。花を仕入れ、水上げをしたあと陳列し、接客するという一連の作業には、知識と技術が必要。一人前になるまでに時間がかかるうえ、 仕事を覚えたスタッフは『自分でやったほうが早い』となって仕事を抱え込みがち。若手に技術継承がされにくいんです。優秀なスタッフへの依存度が高くなり、辞めたときが大変……という繰り返し でした」

生花店では女性スタッフが多く、ヌボー生花店でも8割5分〜9割が女性。彼女たちが結婚や出産などライフステージの変化を経ても、長く働き続けられる仕組みをつくれないか? そうした思いが、各々の状況に合わせた働き方を叶えるDXを進める原動力となった。


左)長野市にある本店では切り花や胡蝶蘭、観葉植物を豊富に取り揃え、法人需要が高い。 右)仕入れた花の水上げや陳列作業を行う、女性スタッフたち

「やればなんとかなる」のマインドが生まれた

女性スタッフのためはじまったDXは、思わぬところでも社内の業務効率化を進めた。リモートワークの環境が整ったため、山崎さんは新たに事務方の部署を設立し、勤務地不問で採用募集をかける。すると、トルコから応募が届いたのだ。

「花の注文は、催事や葬儀など、どうしても急なものが多い。『明日までに花が必要』という注文が夕方に集中するので、そのぶん社員の残業が増えたり、小さなお子さんがいるスタッフが仕事を続けづらい理由になったりしていました。ただし、日本とトルコは、ちょうど半日程度の時差がある。トルコ在住のスタッフが遅い時間の受注処理を担当するようになり、皆が無理をしないですむ時差勤務が実現しました」

日本から遠く離れた国の社員を採用することには、社内の抵抗感もあったのでは? そう尋ねると、すでに社内でリモートワークが進み、「やればなんとかなる」というマインドが生まれていた、と山崎さんは答えた。

「人間、変化しないほうが楽ですから。 ときにはトップダウンでシステムを切り替えることも必要ですし、失敗したら次を試せばいい。クラウドサービスでは導入や切り替えのコストも低い です。まずはやってみて、社内を『変化することが当たり前』という雰囲気にしていくことが大切だと思います」

理由なき効率化はスタッフの反発を生む

バックオフィス業務のDXは、店舗のサービス向上ももたらした。

「本来、生花店では経験豊富なスタッフが接客するほうが、当然ながらお客様の信頼も得られます。しかし、経験を積むと事務作業やマネジメントなどの負担も増え、現場でお客様に向き合う時間が減り、店に目が行き届かなくなる。こうした悪循環が悩みの種で。しかし、売上管理などの事務作業を本社スタッフが担当すれば、そのぶん店舗スタッフは現場に時間を費やせる。現場は現場に、事務は事務に集中できる環境づくりを進めています」

接客業は手間をかけたほうが売上げも伸びる、というのが山崎さんの持論だ。空いた時間でお得意さんに葉書を書いたり、店舗の陳列を改善したり…… DXにより空いた時間は、売上げを伸ばすためのクリエイティブな仕事に向けるよう スタッフに伝えている。

「業務効率化といっても、ただ自分たちの業務が減るだけだとスタッフは不安になります。今まで自分たちのやってきた仕事を否定されることにも繋がりますから。だからこそ、なぜ業務効率化をするのか、ちゃんと伝えることが必要だと思うんです。相手が人間ですから、そこは理屈よりも心情論を大切にしていますね」

画像拡大はこちらをクリック

小手先のDXではなく本質的な課題に向き合う

新型コロナ感染症の流行直後は、会社の売上げも減少。しかし2020年8月にはプラスに転じ、2020年度の店舗売上は平均120%アップだったという。自宅の時間が増えたぶん、花や植物を買う人が増えたことが、会社への追い風となったのだ。

「クラウド会計ソフトを導入しておいたのがよかったです。どこからでも会社の財務や売上げの状況が確認できるようになり、『会社がいま、どういう状況なのか』一目でわかるようになったし、お客様の動向の変化にも、いち早く気づくことができた。こんな激動の時代では、特に次の一手をいかに早く打てるかが重要。 リアルタイムの数字が見え、会社の状況を常に把握できていることで、心の余裕が生まれました ね」

目の前の数字に向き合い、現在の会社の課題が何なのかを徹底的に考えること。家業に入った当時の山崎さんは、そんな当たり前のことができていなかった、と当時を振り返る。山崎さんは2006年に、当時勤めていた大手システム会社を辞めて家業に入った。傾いたヌボー生花店の経営を立て直すべくさまざまな挑戦をしたものの、失敗も多かったという。

「30歳という早いタイミングで引き継げたのはよかったです。たくさん失敗して学べたし、失敗しないと新しいチャレンジもできませんから。失敗の原因をきちんと追究せずに、小手先のテクニックに走ってもうまくいかないんです。DXも同じだと思いますね」

生花業界には、かつてのヌボー生花店と同じく女性の働き方や労働生産性の課題を抱えた会社も多い。今後は、クラウド化したバックオフィスのシステムを全国の生花店に展開していく予定だという。

「事例が増えれば、より多くのアイデアやノウハウが増えていくはず。ビジネスにするのがゴールではなく、業界全体の労働生産性を上げていきたいと考えています」

(取材・文・撮影/友光だんご(Huuuu))

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}