close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

  • Icon mailmaga
  • Icon facebook
  • Icon twitter

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第12回 中竹竜二さんが聞く【新しい組織・リーダー論】

「この会社では自由になんでもやっていいよ」究極の放任主義でもプロが育つ! レオス・キャピタルワークス藤野社長のマネジメント術

Logo markBizHint 編集部 2018年11月13日(火)掲載
メインビジュアル

1990年代、カリスマファンドマネージャーと言われた藤野英人さんが、2003年に創業した投資運用会社がレオス・キャピタルワークスです。藤野さんが運用する投資信託「ひふみシリーズ」はいまや日本一の運用資金を集めるほど人気です。今回の対談は、株式市場の話題ではなく、会社の話を聞きました。藤野流の人材育成は実にユニーク。人材育成の専門家である中竹さんが切り込みます。

メインビジュアル

レオス・キャピタルワークス株式会社代表取締役社長・最高投資責任者

藤野英人さん

国内・外資大手投資運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年創業。主に日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。明治大学商学部兼任講師、JPXアカデミーフェローを長年務める。一般社団法人投資信託協会理事。


「ひふみ」が日本最大のファンドに成長したワケ

藤野英人さん(以下、藤野): お久しぶりです。先日、燕三条のスノーピーク社でキャンプした「焚き火トーク」は楽しかったです。

中竹竜二さん(以下、中竹): あの時、僕が、たまたま藤野さんの隣の席。藤野さんをずっと独占してしまいました(笑)。その時、お伺いした藤野さんの人材育成がとても面白いなぁと思っていました。「運用部のメンバーは全員、自分のライバルにしたい」とか「教育は一切しない」とか……(笑)。そこで、今日は、その話の続きをお伺いしたいと思って来ました。

藤野: 私がこれまで取材を受けた時、99%が「ファンドマネージャー」の立場です。経営者として取材を受けたのは、たぶん100回に1回もないと思います。

私たち投資運用会社は皆さまのお金を預かり、上場企業の株式投資などで資金を運用する会社です。簡単に言えば、ファンドマネージャーはどの会社にどれだけの投資をするのかを差配する人。ファンドマネージャーの実力って、その時のマーケットのトレンドに大きく影響されます。自分の 運用成果は、「市場の成長+自分の実力」 なんですね。市場環境がいいときは皆がプラスになる。みんながハッピー。でも、市場環境が下がっている状況だと、誰かがプラスになればほかの人がマイナスになる。「自分だけが勝てばいいんだ」と全員が争っていると、「ゼロサムの世界」。市場はまったく広がらない。

株式運用は収益をあげることが第一なんですが、もう1つ、頑張っている会社を応援する意思表明をする意味があります。応援したい会社の商品を買うのと同じ。投資をすることで、社会的に意義ある事業に挑戦している活動を側面的に応援することができます。こうした投資は新しい市場を広げる活動になります。ファンドマネージャーの評価も勝った負けたじゃない。 世の中にとって正しい姿勢かどうかが問われる んです。

「ひふみ」マザーファンドの運用資産残高は現在、7,000億円です。1つのファンドでこれほどの金額を集めたのは日本ではなかったんです。これだけのお金を集めたのは「市場を広げる潜在的成長企業を応援する」というスタンスを守っているからなんです。勝った負けただけじゃない、 ブレない運用哲学があるから成り立っている のだと思います。

なぜ、藤野さんは教えることを辞めたのか

バックナンバー (26)

中竹竜二さんが聞く【新しい組織・リーダー論】

  1. 第26回 ミスを「恥」と考える日本人 あなたは「自分の失敗」をネタにスタッフを指導できますか?
  2. 第25回 世界の料理人たちが集まり働く東京の「ミシュラン二つ星」レストラン 週休3日制を実現するプロフェッショナル・チームの作り方
  3. 第24回 【プロレスとラグビーから見えた勝てる組織】新日本プロレス・メイ社長とラグビー中竹さんが語る、ファンを作る「スポーツビジネス」
  4. 第23回 売上5倍の復活劇、新日本プロレスが狙ったのは女性とファミリー層!?
  5. 第22回 自律型組織はタイヘン。自由闊達に動けるのは一生懸命話し合っているから【影山知明・クルミドコーヒー、胡桃堂喫茶店 店主(後編)】
  6. 第21回 「クルマではなく、植物を育てるように人に向き合う」逆三角形(▽)型の組織づくり 【影山知明・クルミドコーヒー、胡桃堂喫茶店 店主(前編)】
  7. 第20回 代ゼミ・高宮共同代表と語る「潜在的な能力を引き出す方法とは」
  8. 第19回 代ゼミ・高宮共同代表が語る、「教育改革」で本当に身につけたい力とは?
  9. 第18回 「自分とは違う見方を知ること」が世界を広げる【医療法人社団悠翔会理事長・佐々木淳さん】
  10. 第17回 専門家たちを集い、患者・家族を救う――在宅医療は究極のチームビルディング【医療法人社団悠翔会理事長・佐々木淳さん】
  11. 第16回 人を「やる気」にさせることは難しいが、「やる気」にさせる機会づくりはできる【森下仁丹・駒村社長】
  12. 第15回 脳みそパッカ~ン!グループでアイデアを生み出そう ヌーラボ・橋本正徳社長が語る「“ゆるふわ”自律型組織の作り方」
  13. 第14回 「サービスはワールドワイド、開発はホラクラシー」 ヌーラボ・橋本正徳社長が語る「“ゆるふわ”自律型組織の作り方」
  14. 第13回 目先の損得は判断を誤る、長期的な視点こそが正解に辿り着ける レオス・キャピタルワークス藤野社長のマネジメント術
  15. 第12回 「この会社では自由になんでもやっていいよ」究極の放任主義でもプロが育つ! レオス・キャピタルワークス藤野社長のマネジメント術
  16. 第11回 「強いチームは、試合の結果よりも選手の戦う姿勢を評価する」 千葉ジェッツ島田社長がたどり着いたトップチームの作り方
  17. 第10回 「活動理念」をつくったから、クラブは強くなりました 千葉ジェッツ島田慎二社長が語る「トップチームの作り方」
  18. 第9回 「成長したい」という若者、「挑戦する」中間管理職を支援。小田急電鉄の星野社長が問いかける「働き方改革」 
  19. 第8回 あなたはワクワクしていますか? 小田急電鉄の星野社長が問い掛ける「働き方改革」
  20. 第7回 ファミリーマート・澤田社長 先輩たちから学んだ「冷静な合理性」と「熱い情熱」
  21. 第6回 ファミリーマート・澤田社長が考える「リーダーの2つの仕事」
  22. 第5回 日本人が本番に弱いワケ メガネスーパー社長と語る「リーダー論」
  23. 第4回 再生請負人・メガネスーパー社長が語る “負け癖”がついている社員たちを蘇らせる方法
  24. 第3回 パナソニック「粘り強く諦めない」文化を大事に-スポーツもビジネスも失敗から学び続ける姿勢がある人は強い
  25. 第2回 「敗戦」を経験し「自前主義」「完璧主義」を捨てたパナソニック-イノベーションを巻き起こすため技術トップが決断した3つのこと
  26. 第1回 強い組織をつくるために今求められる、新しいリーダーシップとは【日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター/株式会社チームボックス中竹竜二さん】

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})