はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

戦略・経営

2018年11月5日(月)更新

「強いチームは、試合の結果よりも選手の戦う姿勢を評価する」 千葉ジェッツ島田社長がたどり着いたトップチームの作り方

Logo markBizHint 編集部

前編では、男子プロバスケットボールクラブ「千葉ジェッツふなばし(=千葉ジェッツ)」の社長である島田慎二社長に、破綻寸前のクラブがどうやってトップチームになったのか、その秘密を聞きました。その理由は「ジェッツとしての活動理念を作ったから」だと言います。「理念があればこそ社長からスタッフまで行動基準は迷わない」。「単なるスローガンにせずに、理念を関係者みんなに徹底する姿勢で再建してきた」と教えてくれました。後編では より詳しく伺いたいと思います。

バックナンバー
コメントを読む
メインビジュアル

【前編のおさらい】

  • 男子プロバスケットボールチームで動員数NO1を誇る人気チーム「千葉ジェッツ」。参入した年から「撤退」を考えるほど運営は厳しかった
  • 計画も目標もなし。個人のやる気だけに頼った組織では疲弊を招く
  • プロスポーツは興行主の「やりたい」気持ちだけでは続かない
  • 社長からボランティアスタッフまで共通の目標、価値観をもつことでチームを支える
  • 組織での意思決定には立ち戻るべきルールが必要。その上に据えるべきものが活動理念
  • 活動理念があればこそ社長もスタッフも「クラブの顔」としてぶれない判断ができる
  • 「理念が守られなければ社長を辞める」と宣言してきた。それだけ理念は大事

中竹竜二さん(以下、中竹): では、前編の続きから。チームスポーツの研究はかなり進んでいるんですが、結局、一体どんなチームが最終的に強いのか? このテーマの事例研究が増えているんです。 強さを決めるものはなにか。コーチの指導法、選手編成、選手の個性なのか。 いろんな共通点を探っているんですね。それで、いろいろ分かってきたことがあるんですが、結論から言えば、 カギとなるのが「戦う意思・姿勢」、英語で言えば「attitude」である ことが分かってきました。

例えば、 ラグビーで言えば、選手がぶつかり倒されてももう一度、立って走り続ける「姿勢」。バスケットでいえば残り1秒でも、ゴールを狙い続けるのが、正しい姿勢です。 こうした姿勢がある選手たちを監督やコーチたちが積極的に評価しているんです。たまたまポイントを得た選手よりも、結果的に、失点してでも最後まで戦った選手を評価する。それがチームにいい結果をもたらすというのです。 だから「勝て」とか言わない んです。

島田慎二さん(以下、島田): 根性論とは違いますね。

強いチームのコーチは、結果よりも「戦う姿勢」を評価する

中竹: ええ。「やればできる」「やれなくてもやれ」「死んでも勝て」という精神論とは違います(笑)。個別の選手の状況に応じて「戦う姿勢」を高めていく。 試合直前までに全員の「姿勢」をピークにまで高めていくことがコーチの仕事 なんです。

島田: 「姿勢」が大事というのは分かります。 千葉ジェッツでは活動理念とは別に、「チーム理念」を策定していますが、「諦めずに」という言葉があります。

中竹: 戦い続ける姿勢、モチベーションって、どうやって維持していけばいいと思いますか。

島田: トップ選手たちは一流のアスリートであり自分で自分をコーチングできる人たちなんです。大リーガーである大谷祥平選手が「今日はモチベーションが沸かないなぁ」なんて言っているなんて想像できないですよね(笑)。トップのバスケ選手たちもそう。ただ、そのレベルに達する前の選手たちはどうすればいいのかといえば、それはやはり、普通のビジネスマンと同じです。 その選手の目標を聞き、現時点の立ち位置、ポジションを認識してもらう。このギャップを埋めるために今は何をすべきか、取り組むべき活動と時間など具体化していく。そして計画をつくってもらい、小さなPDCAサイクルを丁寧に回すことから始める んだと思いますね。

大きな目標を達成するのも日々の行動から。小さな目標、細かいタームに分けて、アクションが見えるようにしてあげることだと思いますね。

「現場に介入することはない」チーム理念で感情論を排除する

「中竹竜二さんが聞く【新しい組織・リーダー論】」バックナンバー

  1. 強い組織をつくるために今求められる、新しいリーダーシップとは【日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター/株式会社チームボックス中竹竜二さん】
  2. 「敗戦」を経験し「自前主義」「完璧主義」を捨てたパナソニック-イノベーションを巻き起こすため技術トップが決断した3つのこと
  3. パナソニック「粘り強く諦めない」文化を大事に-スポーツもビジネスも失敗から学び続ける姿勢がある人は強い
  4. 再生請負人・メガネスーパー社長が語る “負け癖”がついている社員たちを蘇らせる方法
  5. 日本人が本番に弱いワケ メガネスーパー社長と語る「リーダー論」
  6. ファミリーマート・澤田社長が考える「リーダーの2つの仕事」
  7. ファミリーマート・澤田社長 先輩たちから学んだ「冷静な合理性」と「熱い情熱」
  8. あなたはワクワクしていますか? 小田急電鉄の星野社長が問い掛ける「働き方改革」
  9. 「成長したい」という若者、「挑戦する」中間管理職を支援。小田急電鉄の星野社長が問いかける「働き方改革」 
  10. 「活動理念」をつくったから、クラブは強くなりました 千葉ジェッツ島田慎二社長が語る「トップチームの作り方」
  11. 「強いチームは、試合の結果よりも選手の戦う姿勢を評価する」 千葉ジェッツ島田社長がたどり着いたトップチームの作り方
  12. 「この会社では自由になんでもやっていいよ」究極の放任主義でもプロが育つ! レオス・キャピタルワークス藤野社長のマネジメント術

この記事の関連キーワード

フォローボタンをクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードについて

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

目次