close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

求人媒体

2020年2月17日(月)更新

少子高齢化により労働不足が叫ばれる中、さまざまな業界で人材の確保は最優先の経営課題といえます。人材の確保において、有効な手段が求人媒体の利用です。時代も変わり、求人媒体のあり方もどんどん移り代わっています。今回は求人媒体を選択する際に考慮すべきことや各媒体の効果、採用別のおすすめの媒体をご紹介いたします。

求人媒体とは?

求人媒体とは、 新たな人材を確保したい企業向けに広告・掲載を呼びかけ、求職志望者の応募を集める媒体 を指します。

求人媒体には3つの種類があります。厚生労働省からの指示を受けた都道府県労働局が、管轄の地域の産業・雇用失業情勢に応じた雇用対策を展開する ハローワーク 、求人媒体運営会社が運営する差別化された求人媒体 (外資系専門・IT系専門・経営者経験者専門・高年収専門・財務など専門職)、そして求職者が登録する 派遣会社 の3つです。

また、20年以上前は新聞や雑誌、フリーペーパーなどの紙媒体のメディアが主流でしたが、現在はインターネットが主流です。例えば、転職サイトや採用サイトなどのWebサイト、SNSやメッセンジャーアプリの活用など、 掲載方法が多様化 しています。また、自社ホームページへの掲載や張り紙など求人媒体を利用しない手法も存在しています。それぞれ効果やコストなどにおいて、メリット・デメリットがあります。

求人媒体選択の上での考慮すべきこと

採用活動において、求人媒体の活用は必要不可欠ですが、求人媒体にはそれぞれメリット・デメリットが存在します。

ここでは、新聞折込、求人情報雑誌(フリーペーパー)、求人サイト、ハローワークの4種類において、考慮すべき採用コストとターゲットについて、ご紹介いたします。

採用コスト

新卒採用中途採用に関わらず、優秀な人材を確保するには、採用コストがかかります。企業の資本力や予算において、適切な求人媒体を選択する必要があります。

この動画もあなたにオススメ