close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

採用コンサルティング

2020年9月4日(金)更新

採用コンサルティングとは、企業の人材採用を支援するコンサルティングサービスのこと。蓄積した採用のノウハウを用いて、企業の経営戦略などを加味し、最適な人材を確保する採用戦略や施策を提案します。今回は、この採用コンサルティングについて、その意味や支援内容、導入メリットやポイント。そして、おすすめの採用コンサルティング会社10選を詳しくご紹介します。

採用コンサルティングとは?

採用コンサルティングとは、企業の人材採用を支援するコンサルティングサービスのことです。

蓄積した採用のノウハウを用いて、企業の経営戦略などを加味し、最適な人材を確保する採用戦略や施策を提案。戦略の実現に向けて、「募集」「選考」「採用」「入社」に至るまでの採用業務代行、研修など、一連の業務サポートも含めてコンサルティングします。

採用市場は、これまで経団連が発表していた「採用選考に関する指針」が廃止され、政府主導に切り替わります。また、新型コロナウイルスによる混乱や、予測不可能な経済環境などを受け、採用トレンドが毎年変化しています。

このように変化の激しい採用市場の中で優秀な人材を獲得するため、採用コンサルティングに特化したサービスの利用が増えつつあるのです。

採用コンサルティング会社を使うメリット

採用コンサルティング会社を利用するには3つのメリットが考えられます。

変動の多い採用市場への対応

【出典】新卒採用トレンドの移り変わりを年表にしてまとめてみた/HR NOTE

上記の図からも分かる通り、採用トレンドはほぼ毎年のように変化しています。先述した通り、ここしばらくはコロナ禍の影響もあり、さらに予測が難しくなるでしょう。

そのため、企業が独自で最新のトレンドに対応するのは難しく、専門である採用コンサルティング会社を利用することで、その年の傾向に合わせた採用活動が行えます。

採用に関する企業負担の軽減

採用業務はその期間も業務の幅も多岐にわたるため、担当者に大きな業務負担がかかります。

採用コンサルティング会社にアウトソーシングすることによって、負担を軽減しコア業務に集中することができます。また、採用コンサルティング会社とのやりとりを通じて、新しい視点を得られたり、採用スキルをアップさせるなどの相乗効果も期待できます。

第三者による客観的なアドバイス

採用コンサルティング会社は、これまでの採用関連サービスの提供により、豊富なケーススタディや、蓄積されたノウハウを持っています。

これにより、自社だけでは見出せない採用課題をあぶり出し、客観的な戦略・戦術の提言をしてくれることでしょう。

採用コンサルティング会社による支援内容

採用コンサルティング会社の支援内容は、大きく「採用戦略の立案」「母集団の形成」「応募者の選考」「内定者フォロー」が挙げられます。

採用戦略の立案

クライアント企業にとって最適な人材を獲得するため、採用戦略を策定します。

  1. 採用目的の確認
    どのような企業戦略があり、その中で人材採用をどう位置付けているのかをヒアリングを行います
  2. 求める人物像の明確化
    ターゲットとなる人物像を明確にします
  3. 採用計画の策定
    年間の採用スケジュールや、アクションプランを策定。さらに、募集から採用決定するまでの内容と手順を具体的に決定します
  4. プロジェクト運営体制の構築
    チームメンバーを集め、プロジェクト運営体制を構築。採用担当者や担当社員に対して、採用ノウハウの教育を実施する場合も

母集団の形成

母集団形成とは、図表1にあるような手法を用いて自社に興味を持ってもらい、採用に向けて応募者を集めることを指します。

採用コンサルティング会社は、求める人材に出会うためにも、より多くの学生に興味を持ってもらえるよう採用手法を選定し、その活動を代行して請け負います。

一般的な母集団形成手法の種類(日本国内)

【出典】4.母集団形成編/レジェンダ・コーポレーション株式会社

  1. 採用手法の選定
    適切な求人の広報手法を選定します
  2. 採用コンセプトの設定
    募集の際にPRする自社の強みや特色といったコンセプトを設定し、キャストの選定も行います
  3. 広報活動の代行
    広報活動だけでなく、問い合わせの対応や、就職サイトでのスカウトなど、個別の対応も行います

応募者の選考

採用コンサルティング会社では、選考プロセスを代行するケースも多く、また、クライアント企業の選考スキルを向上させるための支援も行っています。

  1. スクリーニング
    クライアント企業と選考基準について意識合わせをし、書類審査や面接を実施し、スクリーニングを行います
  2. 会社説明会・インターンシップ
    会場の選定・準備、司会、参加者への連絡など、会社説明会やインターンシップの準備と運営を行います
  3. 面接官の教育
    社員の面接官としてのスキルを向上させるため、面接官育成セミナーなど教育を実施することも可能

内定者フォロー

内定者フォローでは、内定期間中に会社のことをより理解し、業務に関しての不安を取り除くことで内定辞退を防止し、入社後のフォローの効果も高めます。獲得した内定者を内定期間はもちろん、入社後も定着させるために、内定者フォロー支援サービスを行います。

【関連】内定者フォロー、正しくできていますか?内定辞退を減らす方法とは/ BizHint

  1. 面談
    入社にあたっての不安や疑問の解消や、自社での活躍イメージを持ってもらうことで入社の意思が変わらないよう面談を実施します
  2. オリエンテーション・研修
    業務への理解の促進や入社準備として、内定者へのオリエンテーションや研修を行います
  3. 保護者説明会
    家族の理解を得るため、保護者説明会を実施することも

採用コンサルティング会社を導入する場合のポイント

採用コンサルティング会社の利用はメリットが大きいですが、以下のようなことに注意が必要です。ポイントを押さえた上で、導入しましょう。

振り返りや効果検証を実施する

採用業務をアウトソーシングした場合、実際に計画を実行して何が良かったか・悪かったかについては、必ず後から自社で振り返る事のできるような仕組みを構築しましょう。

具体的には採用管理システムを導入し、各母集団形成チャネル(採用手法)の成果や面接・面談の改善幅(通過率・内定承諾率等)を振り返る基盤を作っておくと良いでしょう。

【関連】「採用管理システム」導入メリットと、比較・検討のポイント/ BizHint

自社にノウハウが蓄積される仕組みを作る

採用方針などの決定権は企業(人事部)にあります。しかし、採用業務の大半をアウトソーシングしてしまうことで自社にはそのノウハウが残らず、まるで社外に第二の人事部があるような状態になることが懸念されます。

きちんと自社内に知見がたまる仕組みを用意しておくと良いでしょう。

アウトソーシングコストを検討する

アウトソーシングとして依頼範囲が広いほど、それだけコストが多く発生します。自社の人事部門で、担当者が同じ業務を行った際の人件費と比較するなど、依頼範囲は十分検討する必要があります。

採用コンサルティング会社一覧

採用コンサルティングを行う企業と、サービスの特徴についてご紹介します。

(各情報は2020年7月時点の内容です)

アチーブメント株式会社

ポイント

  • 国内5つの拠点を有する
  • 法人以外にも個人向けの人材教育など幅広いサービスを展開
  • 「定着」「影響」「成長」の3つの視点を重視した独自のターゲット戦略

詳細

「楽天みん就」の2021年3月卒業予定の学生を対象とした調査「2021年卒 インターン人気企業ランキング」にて、6位になるなど、自社での成功ノウハウによって中小企業の採用戦略策定から、選考プログラム企画運営までサポートしています。

【出典】2021年卒 インターン人気企業ランキング│総合ランキング/みん就
【参考】人材採用コンサルティング/アチーブメント株式会社

株式会社ジーズコンサルティング

ポイント

  • 就活予備校PRE-BIZ(プレビズ)の運営
  • 採用に関してワンストップサービスを提供
  • 採用活動を行いながら「同時進行でスピーディな改善」が強み

詳細

「就活生」へのサービスを提供する就活塾(就活予備校PRE-BIZ)を運営しているため、就活生の生の声を得られ、学生の就活スタイルの変化や企業イメージなど、他社では得られない、就活生のリアルな情報を提供することができます。

【参考】新卒採用コンサルティング/株式会社ジーズコンサルティング

株式会社カケハシスカイソリューションズ

ポイント

  • 採用業務のスタートからゴールまで伴走
  • 就職活動支援サイト「ミートボウル」を運営
  • クライアント企業に対しては、真のパートナーを目指す

詳細

就職活動支援サイト「ミートボウル」を運営。学生・企業双方の「強み」を軸にマッチングを目指すサイトで、一般的な就活サイトでは出会えなかった学生との接点が持てます。そのため、ターゲット以外の学生を紹介しないという、採用ミスマッチを起こさない仕組みも特徴の一つです。

【参考】新卒採用コンサルティング/カケハシ スカイソリューションズ

マンパワーグループ株式会社

ポイント

  • 世界80カ国・地域に2,600のオフィスを展開
  • 日本で最初の人材派遣会社
  • 2016年に50周年を迎えた人材業界の老舗企業

詳細

日本初の派遣会社としての経験を生かし、採用を含む総合人材サービス会社として、あらゆる業界、規模、ビジネスモデルに対応したソリューションを提供しています。コンサルティング体制も、マンパワーグループのオペレーションセンターを活用した業務の効率化や、スタッフの企業内への常駐など、様々なスタイルから検討できます。

【参考】採用代行・採用コンサルティング(RPO) /人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ

ジョブズコンサルティング株式会社

ポイント

  • 同社代表が元マイナビ・トップキャリアコンサルタント
  • 『共に解決をしていく』という共闘スタイル
  • あらかじめ料金をホームページに掲載する方針

詳細

マイナビで1,000社以上の企業を担当したことによるノウハウで、中小企業、特にスタートアップ企業での採用コンサルティングを得意としています。コンサル費用は月額として、ライトプラン:128,000円、スタンダードプラン:198,000円、プレミアムプラン298,000円~の料金体系で実施しています。

【参考】フルアウト・コンサルティング/ジョブズコンサルティング株式会社

株式会社船井総合研究所

ポイント

  • 資本金3,000百万円の大手経営コンサル会社
  • 業種に即した提案が可能
  • 売上130%成長を達成するための採用戦略を提供

詳細

在籍しているコンサルタントは、100を超える業種・業界に専門特化したスペシャリストとして、コンサルティングサービスを提供。「売上130%成長を達成するための採用戦略を提供する」が方針で、ハイクラス人材の採用数3倍、戦力化基準の達成3倍速、定着率3倍増を目指したコンサルティングを目指しています。

【参考】人材開発コンサルティング/株式会社船井総合研究所

株式会社マイナビ

ポイント

  • 就職、学生生活、転職、進学情報などを中心とした大手人材広告企業
  • 就職情報サイト「マイナビ」を運営
  • 新入社員研修をはじめとした社員研修の参加企業は年間1,566社

詳細

就職情報サイト「マイナビ」の運営によって培ったノウハウを活かし、2014年から採用コンサルティングサービスを開始。調査から運用サポートまで行います。採用プロセスの設計だけでなく、エントリーシートや説明会コンテンツ、評価シートの作成までを担います。

【参考】採用コンサルティング/マイナビ研修サービス

株式会社人材研究所

ポイント

  • 優秀人材を口説くため心理学を活用した独自採用手法を使用
  • 代表は株式会社リクルートにてゼネラルマネージャーを務めた経験
  • 採用関係の書籍を複数出版

詳細

同社代表がリクルートで培った採用ノウハウと2万人の面接データベースと心理学を融合した独自手法によって、優秀な人材を確保。採用に関するテクニックなどを提供するだけでなく、形式化を目指したナレッジ共有や業務改善まで支援します。

【参考】組織人事コンサルティング/株式会社人材研究所

株式会社トライアンフ

ポイント

  • 自社で実験し、成功したソリューションを提供
  • オーダーメイドなサービスによりクライアントごとの課題を解決
  • クライアント企業の採用マネージャーの立場で支援を行う

詳細

クライアントに提供する採用施策は自社で実験、検証し、効果的なものだけを提供しています。「数合わせではなく、質合わせの採用」を目指した採用戦略を提供。全体計画から、母集団形成、選考、入社までトータルにサポートし、実施後のレビューまで行います。

【参考】採用コンサルティング|採用領域/トライアンフ

株式会社Legaseed

ポイント

  • 450社の新卒採用コンサルティング実績
  • 設計・集客・魅了・判断・育成・環境の6つのカードを駆使
  • 採用だけでなく、定着化を高める環境改善までサポート

詳細

「人材採用コンサルティング」に特化した企業。採用だけに目をむけず、その人材が即戦力となり定着し、最終的に企業の業績がアップする事を見据えたサービスを提供します。設計・集客・魅了・判断・育成・環境の6つのカテゴリで、それぞれにオリジナルのサービスを展開。クライアント企業の課題に沿った最適なサポートを実現できます。

【参考】新卒採用コンサルティング/人材採用コンサルティング企業 レガシード

まとめ

  • 採用コンサルティング会社は、採用戦略から内定者サポートまで一連の採用業務をサポートできる
  • 採用コンサルティング会社を利用することで、変動が多い採用市場にも対応可能
  • 導入する際は、コンサルティング会社に任せきりにせず、自社で振り返りを実施し、知見やノウハウを残せるような仕組みづくりが重要

仮登録メール確認