close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

人材紹介

2018年9月20日(木)更新

人材紹介とは求人手法の一つで、人材の採用を行いたい企業に対し、求職者を紹介するサービスのことです。企業と求職者をつなぐ橋渡しを行ってくれます。その特徴から、効率的で費用対効果の高い採用活動が可能な場合もありますが、活用の仕方を間違えるとコストとしては割高になってしまう可能性もあります。人材紹介サービスの特徴や、活用のメリット・デメリットをしっかり理解した上で活用できると良いでしょう。この記事では、人材紹介サービスを使いこなすための基礎知識を紹介します。

人材紹介とは

人材紹介とは求人手法の一つで、人材の採用を行いたい企業に対し、求職者を紹介するサービスのことです。主に転職活動・中途採用市場で活用されます。

人材紹介サービスでは、人材紹介会社に登録された転職希望者の中や、転職は希望していないが条件を満たすターゲットなどから、能力や経験、スキルなど、求人企業の求める条件にマッチした候補者を探し、紹介します。

サービス形態としては、大きく「登録型」「サーチ型」「再就職型」の3種類があります。

「登録型」とは、人材紹介会社が転職希望者の登録を受け付け、その転職希望者リストの中から採用者の条件にあう候補者を抽出し、企業とのマッチングを行うサービスです。転職希望者としての登録が前提となるため、「転職の意思を明確に示している人」が候補者となります。

「サーチ型」は、「スカウト」や「ヘッドハンティング」とも言われます。企業からの求人依頼を受け、条件に合った候補者を探し、コンタクトを取っていきます。潜在的な転職希望者が対象となります。

「再就職型」は、いわゆるリストラ候補者や転職希望者を対象とした再就職先の紹介サービスです。

【関連】BizHint HR:人材紹介会社とは?メリット・デメリットと利用時のポイント

人材紹介の特徴

この動画もあなたにオススメ