はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

働き方改革・キャリア

2017年10月30日(月)更新

ワーク・ライフ・バランスの問題点とは?導入時・推進時に起こる問題や解決法をご紹介

Logo markBizHint 編集部

そもそもワーク・ライフ・バランスとは、ワーク(仕事)とライフ(生活)のバランス(調和)を取る事を目的とし、結果的に多様な人材が働きやすい環境作りを目指す施策です。企業にとってメリットの大きな施策ではありますが、導入する際、そして推進していく中では、様々な問題や課題も浮き彫りとなっています。今回は、このワーク・ライフ・バランスの問題点を具体的に探り、その解決策や日本の現状についても併せてご紹介します。

コメントを読む
メインビジュアル

1.ワーク・ライフ・バランスとは

そもそもワーク・ライフ・バランスとは、ワーク(仕事)とライフ(生活)のバランス(調和)を取る事を目的とし、結果的に多様な人材が働きやすい環境作りを目指す施策、あるいはその状態の事を言います。

近年、この「ワーク・ライフ・バランス」が注目される背景には、非正規雇用の増加など雇用形態の変化、長時間労働の常態化、少子高齢化に伴う労働力人口の減少、子育てや介護との両立困難など様々な社会環境の変化があります。

また、「終身雇用」や「年功序列」などの考え方の衰退により、労働者の価値観が「会社への忠誠」から「自己実現の重視」に変化してきた事も要因の一つです。

【出典】東京都TOKYOライフ・ワーク・バランス「ワーク・ライフ・バランス実践プログラム」

ワーク・ライフ・バランスの目的

企業がワーク・ライフ・バランスを推進する具体的な目的としては、主に

  • 業務の生産性向上や残業時間の削減
  • 優秀な人材の確保および定着
  • ダイバーシティ(多様な人材の活用)の取組みの展開

等が挙げられます。

企業がワーク・ライフ・バランスを推進する事により、社員は仕事と家庭の両立が可能になったり、心身の健康維持や、「ライフ」の時間を有効活用したスキルアップ、趣味の時間の確保など、より生き方の選択肢を増やす事ができます。ワーク・ライフ・バランスを推進する事で、社員にとっても企業全体にとっても大きなメリットがあると言えます。

【関連】BizHint HR「ワーク・ライフ・バランスとは?企業の取り組み事例と実現のポイント」

2.ワーク・ライフ・バランス導入時の問題点

ワーク・ライフ・バランスを導入するにあたり、多くの企業が直面するいくつかの壁があります。具体的に見てみましょう。

導入の手法が不明瞭

日本の労働慣習は、そもそも「労働時間が長い」「労働時間の柔軟性が無い」等、ワーク・ライフ・バランスとは逆行した文化が根付いています。そのため、ワーク・ライフ・バランスを推進するにあたり、まず何から手をつけてよいのか分からないという声も多く聞かれます。ただ、ワーク・ライフ・バランスの施策は、企業規模や社風や人材のバランス等、その企業によって取り組むべき施策は様々で、一概に「これが適している」と言える施策が無いのが現状です。

まず最初に取り組むべきは、ワーク・ライフ・バランスに関する自社の課題を洗い出す事です。これは管理者の間だけで進めるのではなく、現場の社員にヒアリングを実施し、実態を把握する事が重要です。その上で、他社の施策を参考にしたり、プロや自治体の取組み等の力を借りるなどして慎重に進めましょう。

【参考】東京都TOKYOライフ・ワーク・バランス「ワーク・ライフ・バランス実践プログラム〜ワーク・ライフ・バランス推進手順」

経営陣の理解が得られない

ワーク・ライフ・バランスは、決してCSR活動や福利厚生の一環ではありません。一部では「人事部で推進すべき施策」と思われている節が有りますが、それは勘違いです。これは人材マネジメントであり、経営者がそれを理解し、トップに立って組織で推進してゆくべき取組みです。ただし、一部では「経営者の理解が得られない」という理由で施策の実行が先延ばしになってしまう事例も出てきています。

経営者に対しては、「ワーク・ライフ・バランスはどういうものか」という説明だけではなく、具体的に自社が抱える課題(社員アンケート等)の提示や、それを解決するとどのようなメリットがもたらされるのかを、具体的な数値などで示す事が重要です。ワーク・ライフ・バランスが、経営にどの様な影響力があるのかを示しましょう。

リスクや導入コスト問題

ワーク・ライフ・バランスの推進は福利厚生などの一部の施策ではなく、会社を挙げた人材マネジメントの施策です。そのため、規模の大きな推進活動となり、導入に人的・時間的・金銭的なコストがかかる場合も多くあります。

専門の組織や担当者の配置など組織改革から始まり、社内調査や評価制度の確立などのための時間を割き、社内での広報活動等にもコストがかかります。ワーク・ライフ・バランスを導入するという事は、その会社の働き方を変える事に繋がるため、生産性の一時的な低下等のリスクもあります。

導入にかかるコストやリスクについても、可能な限り予測を持って取り組む必要があります。

受け入れる風土に乏しい

先ほども触れたように、これまでの日本は長時間労働や決められた労働時間の順守、また労働環境等についての柔軟性が無いのが当たり前の状況でした。一部では、「長時間社内で働く人の方が会社に貢献している」という考え方の会社もあるでしょう。これらの社風を覆して、柔軟な働き方を取り入れるのがワーク・ライフ・バランスの施策ですが、様々な年代や考え方を持つ人材が集まる組織では、なかなか浸透しづらいという現状もあります。一部の人だけが実行すると、職場内でギャップも生まれトラブルの原因にもなりかねません。

まずは、自社にとっての目的やメリットをはっきりさせ、それを経営者を通して社内に周知したり、管理職など組織を回す人材が率先してその施策を利用するなどして、徐々にその風土を醸成してゆく必要があります。

【関連】BizHint HR「組織風土とは?意味と改善方法、組織風土改革の企業事例をご紹介」

人材の評価基準が難しい

最も難しいと言われる問題が、人事制度や評価制度との整合性だと言われています。ワーク・ライフ・バランスを推進するにあたり、何を軸とした評価基準とするのか、社員の納得性の高い基準の策定のため、労働組合や専門家などとの話し合いにより、慎重に検討する必要があります。

内閣府の平成25年に実施した調査(対象:20〜59歳の男女で被雇用者 正社員2,537人)を見てみると、「残業削減に効果的と感じる取組」という質問に対し、「計画的な残業禁止日の設定」「上司からの声かけ」に続き、3位(27%)に「短時間で質の高い仕事をすることを評価する」が挙げられています。

これまでのように成果に対して評価するだけではなく、ワーク・ライフ・バランスの施策を実施した事に対しての評価も求められている事が分かります。

【出典】内閣府「”ワーク・ライフ・バランスに関する意識調査”結果速報について」

【関連】BizHint HR「人事評価制度とは?評価対象や評価手法、企業事例などもご紹介」

3.ワーク・ライフ・バランス推進における問題点

次に、ワーク・ライフ・バランスを推進する上での問題点を具体的に見てみましょう。

施策の一人歩き

ワーク・ライフ・バランスの施策を社内で周知し実行しても、その施策やキャンペーンのみが一人歩きし、実態は持ち帰り残業の常態化していた…など、以前よりも社員の不満が噴出する状況になっているケースも多くあります。

例えば「長時間労働を減らす」という目的の施策であれば、ただ闇雲に「ノー残業デーの徹底」「退社時間の厳守」などのルールを決めるのではなく、まずは業務の棚卸しを実施し、その業務時間内でできる範囲の仕事量について考察する必要があります。そこで、適材適所の人事異動や、人材を増やすなどの対策も必要となります。

施策はただ実施するのではなく、定期的に振り返りを繰り返し、その実態を常に把握する必要があります。

生産性の低下

次に、業務に関する生産性の低下です。ワーク・ライフ・バランスを推進した上で実現される理想の状態は、業務時間がこれまでより短縮される事で、各社員が効率的に業務をこなす事ができるようになり、結果的に生産性が向上するというものです。これを目的にワーク・ライフ・バランスを推進する企業も多いでしょう。しかし、単純に勤務時間の減少だけを推進すれば、業務の進め方について何も改善されず、結果的に生産性を低下させてしまう事もあります。

先ほどの「施策の一人歩き」とも繋がりますが、まずは業務の棚卸しを実施し、今よりも効率よく短時間で業務をこなすには、どのような手法があるのか。例えばマニュアルを完備したり、無駄なステップが無いか問題点の洗い出しをするなど、業務自体に目を向ける事が重要となります。

社員間の不公平感

次に、社員間で発生する不公平感です。例えば「育児休暇」など子どもを持つ社員に向けた福利厚生を充実させた場合、それを利用しない社員からは不満が生まれるケースもあります。「育児休業」「介護休業」などは比較的事例も多く取り組みやすい施策ですが、反対に利用者が限定されてしまう性質もあります。

特定の社員だけではなく、企業全体にワーク・ライフ・バランスを浸透させるためには、まず社員を対象としたワーク・ライフ・バランスについての意識調査などを実施し、現状を把握した上で、自社にマッチした施策を取り入れるようにしましょう。

勤務時間削減による給与の減少

ワーク・ライフ・バランスを推進する上で、社員が最も懸念するのが「給与の減少」であると言われています。残業時間が減るという事は、必然的に残業代も減少し給与が減ってしまいます。それまで長時間労働が当たり前だった企業などでは、その当時の年収で住宅ローンなどを組んでおり、残業時間についての施策が実施された後に社員の経済的負担が増大するといったケースもあります。そのような状況では、優秀な人材の流出にも繋がりかねません。

一律に残業代減少=給与減とせず、例えば基本給のアップや、賞与のアップを検討するなど補完的な施策の整備も必要です。

【参考】ダイヤモンド・オンライン「なぜ、残業削減で出た利益を社員に還元すると活気づくのか? / 残業ゼロがすべてを解決する」

施策と社員の要望のギャップ

施策を作る際にはまず現状を把握し、社員の意見を吸い上げる事が重要ですが、それをせず一般的な施策を導入してしまうと、社員の思いとのギャップが生まれ、逆に不満が噴出してしまいます。

内閣府が平成25年に実施した調査(対象:20〜59歳の男女で被雇用者 正社員2,537人)を見てみましょう。例えば「有給休暇取得に効果的と感じる取組・それらは実施されているか」という質問では、「効果的だと思う取組」の1位である「計画的に休暇を取得させるルールづくり」は、43.3%がそう思うと回答しているのに対し、実際の取組は14.3%と、そのギャップの大きさが伺えます。

2位以降の「上司による有給休暇の取得奨励」「人員を増やして時間に余裕を持たせる」などの取組についても、社員は「効果的」と感じているのに対し、企業が実施できていない現状が浮き彫りとなっています。ワーク・ライフ・バランスは振り返りを繰り返し、このギャップを埋めてゆく対策が必要であると言えます。

【出典】内閣府「”ワーク・ライフ・バランスに関する意識調査”結果速報について」

4.ワーク・ライフ・バランスの取組みにおける日本の問題点

それでは、ワーク・ライフ・バランスの推進に関する、日本における問題点を、独立行政法人経済産業研究所の2013年の調査を元に見てみましょう。

【調査対象】
経済産業省企業活動基本調査の対象企業であり、かつ従業員100名以上の企業の人事担当者に対する「企業調査票」に基づく標本数 1,677 の企業調査データの分析

ワーク・ライフ・バランス施策の実施率

まずは、ワーク・ライフ・バランス施策の実施率です。

この調査によると、日本の従業員数100名以上の企業において、ワーク・ライフ・バランスの取組みを「ほとんど何もしない」型の企業が69.9%にものぼる事がわかりました。数年前の数値ではありますが、これだけワーク・ライフ・バランスが叫ばれている中でも、企業に浸透しきれていない、あるいは取組みの実施まで踏み込めていない事が分かります。

【出典】独立行政法人経済産業研究所「労働生産性と男女共同参画 なぜ日本企業はダメなのか、女性人材活用を有効にするために 企業は何をすべきか、国は何をすべきか」

ワーク・ライフ・バランス施策の生産性に対する影響

次に、ワーク・ライフ・バランスの施策の一部である「法を上回る育児休業制度」「法を上回る介護休業制度」が、職場の生産性に与えた影響に関する調査です。これについては「マイナスの影響」を与えたとする企業が、「プラスの影響」を与えたとする企業を上回る結果となっています。

法律上では、平成29年10月の改定により、育児休業は「子が最長2歳に達するまで」、介護休業は「対象家族1人につき通算93日までを3回」等と定められています。しかし、ワーク・ライフ・バランスを推進する企業では、育児休業について「子どもが3歳まで」「小学校に上がるまで」、介護休業については「通算1年間(365日)」など、ニーズに合わせて拡張する企業も増えており、これらが「生産性への影響」という意味合いにおいてはマイナスに働く事もあるという可能性を示唆しています。

【出典】独立行政法人経済産業研究所「労働生産性と男女共同参画 なぜ日本企業はダメなのか、女性人材活用を有効にするために 企業は何をすべきか、国は何をすべきか」

【参考】厚生労働省「育児・介護休業法のあらまし 平成29年10月1日施行対応」
【参考】EconomicNews「ワーク・ライフ・バランスの問題点」

5.まとめ

  • ワーク・ライフ・バランスを導入するには、コストの問題や人事評価、風土の醸成など、あらかじめ整備すべき事案も多く、経営者の理解が必要不可欠である
  • ワーク・ライフ・バランスを推進していても、例えば「持ち帰り残業の常態化」など、施策が一人歩きし見た目だけの推進になっているケースも多く、注意が必要
  • ワーク・ライフ・バランスを導入・推進するには、まず社内でヒアリングを実施するなどして現状を把握し、定期的な振り返りを実施して改善を繰り返し浸透させる事が重要

この記事の関連キーワード

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

目次