close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

採用フロー

2018年11月20日(火)更新

採用フローとは企業が新規雇用を行う際に実施するエントリーから選考、内定出しまでの一連の流れのことです。企業が求めている理想の人物像にマッチした優秀な人材を獲得するために欠かすことのできない、採用フローチャートの設計方法や実際の採用現場で使用されている採用フローの具体例を紹介致します。

採用フローの意味とは

採用フローとは組織戦略や人事戦略の要となる人材を新たに雇用する際に企業が実施する様々な施策の一連の流れをまとめたものです。また、採用フローを視覚的に分かりやすく図式化したものを採用フローチャート(チャート図)といいます。

採用フローを意識的に扱うメリット

採用活動を行っている全ての組織は意識の有無に限らず採用フローを構築しています。しかし、採用フローを意識的に扱っている組織とそうでない組織の間には採用活動や人材育成の質に大きな差が存在しています。

組織人事戦略や採用戦略の効果を最大化させるためにも、経営者や人事担当者は採用フローを意識的に扱うメリットを正しく理解して実践する必要があるのです。

振り返りと見直しによる最適化

振り返りや見直しは全ての組織戦略に共通する重要な作業です。定期的な振り返りと見直しを行うことによって採用フローは常に最適な状態を保つことができるのです。具体的には次のような項目の見直しを行います。

  • 選考方法(選考ステップ)や選考期間、採用基準は適切か
  • 企業理解を深め、動機付けを行える企業PRや広報活動が行えているか
  • 現在の求人方法は大学生や求職者に正しくリーチできているか
  • 内定フォローは十分な効果が出ているか

人材雇用が上手くいっていないと感じる場合には採用フローのどこかに問題点やボトルネックが存在します。その問題点を改善しない限り、どれだけその他の部分が優れた施策であったとしても満足のいく結果を得ることはできません。

この動画もあなたにオススメ