close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

  • Icon mailmaga
  • Icon facebook
  • Icon twitter

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第8回 IT・インターネット

「国内メンタルヘルステックカオスマップ 2020年版」を公開

Logo markBizHint 編集部 2020年1月14日(火)掲載
メインビジュアル

感情を記録してAIロボと会話するアプリ「emol」やメンタル状態の診断やトレーニングを提供する「emol work」を運営するemol(エモル)株式会社(東京都台東区、代表取締役:千頭沙織)が、国内メンタルヘルステックカオスマップの2020年版を公開しました。

メインビジュアル

国内メンタルヘルステックの傾向

1.企業のメンタルヘルス
働き方改革や健康経営に関心を持つ企業が増えているという背景から、企業向けメンタルヘルスサービスへのニーズが高まっています。 従業員のメンタル状態は組織へのエンゲージメントにも深く関わっており、様々なHRサービスが展開されています。

2.ソリューションの多様化
幸せの定義が画一的であった時代は終わり、人それぞれに幸せな人生の定義があります。 人のライフスタイルに合わせた様々なソリューションが必要とされている時代に変遷している傾向が見られます。

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000043787.html

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

仮登録メール確認