はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2018年11月20日(火)更新

フォロワーシップ

ビジネスの複雑化や競争の激化、労働者不足など混迷する環境のなかで企業として成果を上げるには、リーダーを支えるフォロワーの力が不可欠です。そのために有効なのがフォロワーシップです。ここでは、フォロワーシップの意味や理論、リーダーシップとの関係や研修の具体例などをご紹介します。

フォロワーシップ に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

フォロワーシップとは

ここでは、フォロワーシップの意味や理論、メンバーシップとの違いについてご紹介します。

フォロワーシップの意味

フォロワーシップとは、 企業組織においてリーダーを補佐するフォロワー(部下やメンバーなど)が、リーダーに対して自律的支援を行うこと です。具体的には、フォロワーはリーダーの指示に従い業務を遂行するだけでなく、リーダーの行為に誤りがあれば意見するなど自分で考えて主体的な働きかけにより支援します。

その目的は チームの目標を達成するため であり、リーダーシップだけに頼ることなくフォロワーシップも発揮して、 チーム全体のパフォーマンスを最大限に発揮すること にあります。

フォロワーシップの影響力と2つの要素

フォロワーシップを提唱したのは、カーネギーメロン大学ロバート・ケリー教授で、著書「The power of followership(指導力革命―リーダーシップからフォロワーシップへ) 」の中でフォロワーシップとその概念について表しました。

彼の研究における調査では、 組織における業務の成果に対してリーダーの影響力は10~20%に対してフォロワーの影響力は80~90%と大きく、成果の大きさはフォロワーの活動に左右されることが分かりました

その結果、フォロワーシップに欠かせない要素には、「 組織に対する貢献力 」と「 リーダーに対する批判力 」の2つがあり、共に高い状態で発揮してリーダーシップを補完することが模範的フォロワーシップであるとしました。

メンバーシップとの違い

フォロワーシップとメンバーシップの違いは、支援の対象と内容にあります。 フォロワーシップはリーダーを補佐する役割を果たすため に支援するのに対し、 メンバーシップは自分の役割を果たすため にチーム全体を支援します。

どちらも組織全体を考えた貢献ですが、貢献の意味合いが異なります。メンバーシップはチームの機能を果たすための意味合いが強いのに対し、フォロワーシップは目標達成や成果の最大化のために積極的に関与する意味合いが強いといえるでしょう。

フォロワーシップの重要性

昨今、ビジネス競争の激化や組織のフラット化により、対応のスピードと柔軟性が現場にも求められています。一方でリーダーである管理職は、バブル崩壊後の採用削減から後輩の教育経験が少なく、組織のフラット化や人材不足でプレイングマネージャーとしてマネジメントと実務を行う必要があり、業務負荷が高くなっています。

そのため、管理職としての本来業務である部下たちのマネジメントに注力できず、後輩の育成経験も少ないことからリーダーシップを発揮することが難しいのが現状です。

こうした背景から、 フォロワーシップによって組織やリーダーを健全に導く提言や、目標に対して自主的に行動するといった貢献が求められています 。組織運営を支えているのはリーダーだけでなくフォロワーも同じです。特にフォロワーは、組織に占める数が多く実務を中心に行うことから、組織としての成果に大きな影響を与えるため、その重要性は増しています。

フォロワーシップの対象者は誰か

このように、従来の組織運営で用いられてきたリーダーシップに頼る手法を見直してフォロワーシップを活かす動きは加速しています。

フォロワーシップはそもそも フォロワーだけでなく、リーダーも含む全従業員に必要なスキル です。管理職はリーダーであると共に上の役職に対するフォロワーであり、自身のフォロワー経験がフォロワーに対する理解とフォロワーシップの育成に役立ちます。

例えば、知識や経験の豊富な部下のリーダーシップ発揮させたい場合や、リーダー候補の育成を図る場合にも有効です。上司から健全な批判による建設的な提案を行うなど、フォロワーシップを発揮して部下を支援することが、部下のモチベーションを高め、意欲を引き出すことにも繋がります。

組織全体のパフォーマンスを上げるには、リーダーシップに加えてフォロワーシップを発揮することが成果の最大化のためにも効果的です。

リーダーシップとフォロワーシップの関係

リーダーシップとフォロワーシップは、組織という車を支えて進行させる両輪という関係です。チームの目的や目標達成のため、リーダーシップはフォロワーに方向性を示して導くために必要であり、フォロワーシップは業務遂行や建設的な提言によってリーダーを補佐していくために必要となります。

【関連】リーダーシップの意味とは?定義とトレーニング方法を解説 / BizHint

リーダーシップとフォロワーシップの発揮が相乗効果を生む

リーダーシップとフォロワーシップはどちらかだけでは効果が低く、共に発揮されることで効果が高まります。

それによって期待される具体的なメリットとして以下が挙げられます。

  • リーダーがビジョンや目標によって方向性を示すことで、フォロワーは計画立案をはじめ具体的な業務を実行することができる
  • リーダーが目標達成に必要な行動を決定して指示することで、フォロワーはそれに対して建設的な意見や健全な批判による提言ができる
  • リーダーが役割に対して責任を果たすことでフォロワーに信頼され、フォロワーの貢献意欲やチームの団結力が高まる

フォロワーシップがリーダーシップを補完する形で生まれる相乗効果として最も大きいのは、チームワークが働いて組織としての成果の最大化に繋がることです。

【関連】チームワークの意味とは?定義や仕事を進める上での重要性/ BizHint

【BizHint編集部オリジナル記事】
強い組織をつくるために今求められる、新しいリーダーシップとは【日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター/株式会社チームボックス中竹竜二さん】

フォロワーシップの能力を最大化させる方法

部下やメンバーのフォロワーシップを発揮させるには、フォロワーごとの特徴を知る必要があります。

ロバート・ケリーはフォロワーシップを5つのタイプに分類しました。それは、「貢献力」と「批判力」の2軸に分けたマトリックスによる4つのタイプに「貢献力」と「批判力」共に中庸なタイプを加えた5つです。

フォロワータイプごとの特徴と、能力開発方法の一例は以下になります。


  • 模範型フォロワー
    貢献力と批判力共に高い模範的フォロワー。リーダー候補として人材育成を行うと効果的。
  • 順応型フォロワー
    貢献力は高いが批判力は低く、協調性と実行力がありリーダーに従順。主体的に考える力が弱いので、補強するための機会を与えると効果的。
  • 孤立型フォロワー
    貢献力は低いが批判力は高く、率直な意見は言うが行動力に欠ける。まずは業務遂行に対する適正な評価をフィードバックして批判精神を鎮め、行動自体とその成果を評価すると効果的。
  • 消極型フォロワー
    貢献力と批判力共に低く、やるべき業務を必要最低限行う。まずは貢献力を高めるためにモチベーションや貢献欲求を高める工夫を行うと効果的。
  • 実務型フォロワー
    貢献力と批判力共に中程度で、業務範囲内でフォロワーシップを発揮する。少し高い目標にチャレンジする機会とその評価のフィードバックを行ってリスク回避の癖を取り除くと効果的。

それぞれのタイプの強みを活かして弱みを補強することで、フォロワーとして成長を促すことができます。また、模範的フォロワーの候補を見つけて育成していくと、チーム全体のフォロワーシップのレベルアップにも繋がります。

フォロワーシップを発揮するために必要なポイント

フォロワーである部下が主体的に考えて行動し、必要に応じて提言するなど、リーダーである上司を補佐できるようになるためには、いくつかのステップがあります。

フォロワーシップに必要な基礎をつくる

まず、フォロワーシップの前提として必要ポイントとしては以下が挙げられます。

  • 上司の役割と責任、業務遂行における考え方や個性について知ることで、リーダーに対する理解を深める
  • 業務上の指示や依頼、相談を受けたとき、上司が自分に何を求めているのかという真の目的を把握する努力をする
  • 業務における報連相は上司が知りたいことを中心に考え、論理的に伝える

次にフォロワー自身に対する理解を深めることでフォロワーシップの基礎として強みを発揮していきます。このときのポイントとしては以下が挙げられます。

  • フォロワーである自分の役割や責任に対する自覚と、フォロワーのタイプを知ることで、すぐに貢献できる強みを把握して日常業務に活かす
  • 上司とより良い関係性を築くために、まず業務成果での貢献力を高めて上司の信頼を獲得する

フォロワーシップの実践でスキルアップ

上司との信頼関係が深まってきたら、他のフォロワーとの連携による貢献や建設的な提案を行って、フォロワーシップを実践していきます。このときのポイントとしては以下が挙げられます。

  • 上司の手が回らずに滞っている業務でフォロワーにも対応できる場合には、他のフォロワーと連携して分担して対応するなど、できることからフォロワーシップを発揮する
  • リーダーに提案や提言をするときは、客観的な視点からその理由と根拠を説明して納得を得られる工夫をする

上司に対して健全な批判からの提言を行うときに役立つ「 クリティカル・シンキング 」については、こちらの記事が参考になります。
【関連】クリティカル・シンキングとは?基本姿勢や他思考法との違い・研修会社や書籍までご紹介/BizHint

このように、ステップを踏みながら実践し続けることが、フォロワーシップを育成する近道です。

フォロワーシップ研修について

部下のフォロワーシップの能力を高めるには、外部の研修を受けるという方法もあります。

フォロワーシップに対する注目が高まるのと呼応するように、フォロワーシップについての研修サービスも増えています。管理職のリソースも不足しがちな状況では、人材育成に割くリソースもなかなかもてないのが実状です。外部の研修はそれを補完する役割が期待できます。

どのようなプログラムで研修するかというのは提供する会社によってさまざまな内容がありますが、1日から2日かけて数多くの講義やグループワークを受講するという形式が多いようです。そのなかからいくつかのワーク事例をご紹介します。

若手の部下向け研修例

インソースの提供する「若手向けフォロワーシップ研修 ~仕事の進め方とコミュニケーション編」は、若手の方向けの研修プログラムです。組織のメンバーである部下自身に求められる役割を理解してもらい、その役割を遂行するために必要なスキルを習得してもらうことが研修の目的です。

ワークでは、上司の立場に立って部下自身の役割を考えてみることで、上司が自分に求めていることを考える視点を理解し、それと現在の自分とのギャップを理解するといったものや、仕事を円滑に進行させてきちんと成果を出すためのコミュニケーションを学ぶものなどがあります。

【参考】株式会社インソース:若手向けフォロワーシップ研修 ~仕事の進め方とコミュニケーション編(1日間)

リーダーを目指しはじめる層向け研修例

リ・カレントの提供する「中堅・若手社員 フォロワーシップ研修」では、主任・係長といったリーダー層や、入社5~7年目くらいでリーダーを目指しはじめるような20代若手社員層を対象としています。「将来のリーダーは『最強のフォロワー』から生まれる…フォロワーシップを発揮する自責型社員が最強チームをつくる!」と掲げ、チームの組織的効果とフォロワーの個人的効果をともに伸ばすプログラムが用意されています。

研修では、「部下力を高めるフォロワーシップ」として、フォロワーシップの発揮に重要な貢献力と批判力を中心とした学習があったり、フォロワーの影響力についても学ぶことができるようになっています。2日版では、チームワークを体感するシミュレーションプログラム「Yes Boss!」というワークも行っています。

【参考】リ・カレント株式会社:中堅・若手社員 フォロワーシップ研修

フォロワーシップについて学べるおすすめ本のご紹介

ここでは、フォロワーシップについて分かりやすく解説された2冊のおすすめ本をご紹介します。

なお、フォロワーシップ理論について詳しく知りたい方は、フォロワーのタイプ診断もあるロバート・ケリーの「指導力革命―リーダーシップからフォロワーシップへ」(絶版)がおすすめです。

ザ・フォロワーシップー上司を動かす賢い部下の教科書/アイラ・チャレフ

フォロワーとリーダーの関係性を中心に、フォロワーやリーダーが取るべき行動について、順を追って具体例を挙げながら詳しく解説しています。互いに良好な関係を築きながら成長していくための示唆やヒントを求めているフォロワーやリーダーに役立つ本です。

【関連】Amazon.co.jp/ザ・フォロワーシップー上司を動かす賢い部下の教科書/アイラ・チャレフ

新版 リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは/中竹 竜二

リーダーとフォロワーそれぞれの立場からのリーダーシップ論と、同じく双方の立場からのフォロワーシップ論について事例を用いて解説しています。加えて、フォロワーシップの実践手法も紹介されています。フォロワーとしての在り方を模索しているフォロワーやリーダーに役立つ本です。

【関連】Amazon.co.jp/新版 リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは/中竹 竜二

まとめ

  • フォロワーシップとは、部下であるフォロワーが、上司であるリーダーを自律的に支援し、主体的に組織へ貢献することである。
  • フォロワーシップは、チームとしての機能を最大化する組織的効果だけでなく、フォロワー自身がリーダーへ成長を遂げる個人的効果も生む。
  • リーダーの考えやニーズをフォロワーに理解してもらうことで、フォロワーに気づきを促し、フォロワーシップの力を育てることができる。

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計160,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 事業運営のキーワードが把握できる
  • 課題解決の事例や資料が読める
  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

フォロワーシップの関連キーワードをフォロー

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次