close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

連載:第53回 総合

管理職は“逆ハラ”に戦々恐々? 8割強が部下の指導・叱責で躊躇 育成に悪影響も

BizHint 編集部 2022年1月10日(月)掲載
メインビジュアル

パワハラ・セクハラ・モラハラ……力の差を背景に高圧的な発言をする「ハラスメント」に対して、社会の目はますます厳しくなっています。一方で正しい指摘でも、本人が不快に感じたらすべてハラスメントに認定されてしまうなど、“逆ハラ”とも呼ばれる状況まで発生しています。中間管理職にとっては非常に悩ましい状況と言えるでしょう。

メインビジュアル

部下への発言で、ハラスメントになる不安を感じたことがあるか?(n=259:複数回答)

ハラスメント回避で指導にためらい、部下の育成に悪影響も

ダイヤモンド・コンサルティングオフィスが管理職312名を対象とした調査では、部下への指導やコミュニケーションをとる際、「この発言は、ハラスメントになってしまうのかも」という不安から、発言を躊躇した経験のある上司は、83%にまで達していました。

一方で「どんな場面で、部下への発言を躊躇したか」を聞くと、「部下の仕事の仕上がりに不満があるとき」65.3%、「失敗の言い訳をしてくるとき」52.5%、「ケアレス・ミスを叱るとき」51.7%と、いずれも上司としては問題ないアクションと考えられます。

ハラスメントへの不安により発言を躊躇したことで出た影響(n=259:複数回答)

その結果、「業務遂行上どんな影響が出ているか」を聞くと、「部下の育成指導がしづらい」64.5%という声が半数を超えており、「部下と関係構築のための十分なコミュニケーションがとりづらい」46.3%、「部下の能力開発をしづらい」39.8%といった声もあがっています。

半数近くが「ハラスメントかも」と自覚

具体的にどんな発言で「ハラスメントだ」と指摘されると思ったか?(n=147:複数回答)

「もしかしたら、部下から『ハラスメントです』と指摘されるかもしれない発言をしてしまったと思ったことがあるか」という質問には、47.1%が「はい」と回答しています。具体的なシーンとしては「部下に対して叱ったり・注意したりする時」「部下に対して指導・指示・依頼する時」が上位でしたが、これは当然と言えるかもしれません。

具体的な発言内容(n=147:自由回答)

発言内容を見ると、確かにハラスメントととれる内容がほとんどです。また上司側が危惧を抱いたということは、ある程度自覚があったとも考えられます。そうだとすると、「はい」と回答した47.1%以外は、自覚すらなくハラスメントを行っているのかもしれません。

部下と上司の認識に大きなギャップ、判断に難しさ

「その発言はハラスメントです」と指摘された発言について(n=37)

実体験として「部下から『その発言はハラスメントです』と言われたことがある」という人は11.9%でした。ただし、母数が少ないため参考値ですが、そのうちの50%近くが「ハラスメントになる発言とは思わない」と回答しています。一方、部下から「ハラスメントです」と言われることを恐れて、部下とはなるべく関わらないようにしよう、という気持ちになったことがある人は41%に達しており、それぞれのギャップにハラスメント問題の難しさがうかがえます。

あったら嬉しいサポート(n=312:自由回答)

最後に、“ハラスメントトラブル”回避のために、どのようなサポートがあったら嬉しいかを聞くと、「事例/発言例」「研修/教育」「相談窓口」が多くあがりました。また、「第三者の介入」「仲裁」なども望まれており、トラブル前とトラブル後両方どちらでもサポートが望まれていました。

むやみやたらに何でも「ハラスメント」と上司も部下も捉えず、想像力を働かせたうえで、お互いにコミュニケーションをとるのがいいのかもしれません。

調査方法

調査期間:2021年12月9日~10日
調査方法:インターネット調査
調査対象:3名以上の部下とコミュニケーションをとっている30代~50代の会社員(管理職)
調査人数:312人

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000058857.html

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}