はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

チーム・組織開発

2017年6月13日(火)更新

【注目の新刊書】日本一働きたい会社のつくりかた(羽田 幸広著)

BizHint HR 編集部

BizHint HRでは人事領域で注目の新刊書をピックアップし、その要約を掲載して参ります。今回ご紹介するのは、「ベストモチベーションカンパニーアワード2017」第1位を獲得した株式会社LIFULLの取り組みを人事本部長の羽田さん自らが紹介する「日本一働きたい会社のつくりかた」です。

コメントを読む
メインビジュアル

要約者レビュー

会社はひとつの「アート」だ――本書を読んでいると、そんな感想を抱いてしまうかもしれない。

2017年3月、日本最大級の不動産・住宅情報サイト「HOME’S」を運営する株式会社LIFULL(以下、ライフル)が、リンクアンドモチベーション社が主催する「ベストモチベーションカンパニーアワード2017」で第1位を獲得した。

このように「最も社員のモチベーションが高い企業」という評価を得たライフルだが、本書を開いてみると、なるほど納得の受賞である。企業の「ビジョン」と「カルチャー」を徹底させるための仕掛けが、いたるところに張り巡らされているからだ。

自分がやってもらって嬉しいことをやること、やられたら嫌なことは控えること、できるだけ「やらされ仕事」ではなく「自分の意志で仕事ができる環境」をつくること、そして「一緒にいたくない人」より「一緒にいたいと思う人」と働くこと。組織としてそのすべてを実現するためには、相当の努力が必要である。だからこそ、ライフルの取り組みから学べることははかり知れない。

真っ黒に塗りつぶされ、何も描けなくなってしまった「ブラック企業」ではなく、ひとりひとりの色を鮮やかに表現できる「ホワイト企業」に会社を育てるための秘訣がここにある。人事担当者はもとより、会社経営にかかわるすべての人に読んでいただきたい一冊だ。(石渡 翔)

本書の要点

  • 構成員のポテンシャルを最大限に発揮させるためには、「組織がめざすもの」「それをめざす理由」「どのようにめざすのか」を明文化し、浸透させる取り組みをおこなうべきである。
  • 妥協のない採用こそが、経営理念に命を吹き込むうえで最も効果が大きい。
  • 社員が「挑戦」したくなる環境づくりには、(1)「内発的動機づけ」と(2)「心理的安全の確保」が欠かせない。
  • モチベーションの高い組織にするためには、人事部だけでなく組織全体が「本気」で取り組まなければならない。

この記事の関連キーワード キーワードについて

フォローボタンをクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードについて

この記事についてコメント

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

関連記事

チーム・組織開発に関連するおすすめコンテンツ

目次