close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

  • Icon mailmaga
  • Icon facebook
  • Icon twitter

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第4回 【海外人事ニュース】

【海外人事ニュース】オフィスの居眠りが企業を救う?効率的「昼寝」のススメ

Logo markBizHint 編集部 2017年1月26日(木)掲載
メインビジュアル

オフィスで従業員が効率よく働くためにはどうしたらよいだろうか? BBCが1月11日に発表した記事によると、昼食後など10分~20分未満の昼寝は、仕事の生産性を高めるという。

メインビジュアル

生産性を高める「昼寝」

オフィスで従業員が効率よく働くためにはどうしたらよいだろうか?

BBCが1月11日に発表した記事によると、昼食後など10分~20分未満の昼寝は、仕事の生産性を高めるという。

睡眠が脳の老廃物や毒素を取り除く

1990年代、あるBBC記者がハードな仕事の合間、デスクの側にある食器棚の下でよく昼寝をしていたことが社内で話題になった。 彼はつかの間の昼寝が、残りの1日のエネルギーを回復する手段になっていたと話している。

米国の睡眠研究所によると、睡眠は脳のハウスキーパーのようなもので、脳から老廃物や毒素を取り除くのに役立っているという。

もちろん夜の睡眠時間や生活習慣などにも原因はあるが、昼寝をすることで疲労を取り除き、ストレスの軽減、洞察力や運動能力などの回復も期待できるわけだ。

ただし昼間の睡眠は20分以内。静かな場所で、しかも上司の許可が得られればいうことはない。

休息を義務づける職場

「昼寝」はネガティブなイメージだが、職場によっては睡眠を推奨しているところもある。それが英国の全国航空管制サービス「Nats(ナッツ)」だ。

彼らは少なくとも2時間に1度、カフェや短い昼寝に30分の休憩を設けている。管制塔では、最も忙しいとき、あるいは最もひまなときに事故が起きる可能性が高いといわれている。

疲労は職場にリスクを与えるだけであり、いずれの状態でも精神のバランスを維持することが求められている。

 

外部リンク

BBC

バックナンバー (11)

【海外人事ニュース】

  1. 第3回 【海外人事ニュース】低パフォーマンス人材への対処/子育て世代へ支援をどう充実させるか/「燃え尽き症候群」対策は?
  2. 第2回 【海外人事ニュース】米調査、上司の離職で生産性低下/人工知能が人事の仕事を奪う⁉
  3. 第1回 【海外人事ニュース】女性もキャリアを優先する時代に/社員の結束を高めるギネス挑戦/米国調査で「8割がストレスを感じる」と回答
  4. 第11回 【海外人事ニュース】タレントコミュニティ 採用候補者との新しい関係性/増えるパートタイム就業
  5. 第10回 【海外人事ニュース】2030年までに労働者はロボットに置き換えられる?/取締役会での女性進出まだ途上/米国キャリアアップ意識調査
  6. 第9回 【海外HR News】AIに奪われない人事の仕事とは?/仕事へのモチベーションは給与次第?!/睡眠が仕事に与える影響
  7. 第8回 【海外人事ニュース】グローバル人材競争力、日本は何位?/やりがいのある仕事は燃え尽きやすい?/ドイツ政府 ダイバーシティ関連新法案
  8. 第7回 【海外人事ニュース】新事実、やりがいのある仕事は燃え尽き症候群を引き起こす!?
  9. 第6回 【海外人事ニュース】INSEAD「グローバル人材競争力指数」2017年版が発表公開
  10. 第5回 【海外人事ニュース】ドイツ政府、男女賃金格差是正に向け、新法案を承認
  11. 第4回 【海外人事ニュース】オフィスの居眠りが企業を救う?効率的「昼寝」のススメ

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})