close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

連載:第9回 総合

テレワークで役に立ったクラウドサービスに関するアンケート調査について

BizHint 編集部 2022年1月12日(水)掲載
メインビジュアル

新型コロナウイルスが流行して以降、この2年ほどで急速に普及し、一気に知名度が上昇した「SaaS」。代表的なクラウドサービスとして「zoom」や「Skype」といったweb会議ツールや「Chatwork」「slack」などのコミュニケーションツールがあります。テレワークとも相性がいいことから一気に広まりました。その他テレワークで役に立ったクラウドサービスはどのようなツールがあるのでしょうか。

メインビジュアル

テレワーク環境で仕事をするにあたり、使用したことのあるSaaS(クラウドサービス)を教えてください

7割以上がSaaSの利用経験あり。2人に1人が「Web会議/ビデオ会議ツール」を利用

株式会社LASSICがテレワークで役に立ったクラウドサービスに関するアンケート調査を全国20歳〜65歳の男女を対象に実施しました。今回はテレワーカーを対象に、SaaS(クラウドサービス)を利用しているか、またどのようなサービスが役に立ったかについて調査しました。

最多回答は、「zoom」や「Skype」といった『web会議/ビデオ会議ツール』で53.5%にのぼり、2人に1人が使用経験があるという結果となりました。次いで、「Chatwork」「slack」などの『ビジネスチャット』が31.9%、スケジュール管理やワークフロー、社内ポータルなどの機能で組織の情報共有を円滑にする『グループウェア』22.2%と続いています。一方で、25.9%の方が「使用したことがない」と回答しています。

もっとも役に立ったSaaS 第1位はテレワーク時の定番となった「Web会議/ビデオ会議」ツール

第一位 Web会議/ビデオ会議

最も多くの支持を得たのはWeb会議/ビデオ会議ツールです。「Zoom」や「Skype」など、利用経験がなくても一度は耳にしたことがあるのという方も多いのではないでしょうか。テレワークのように物理的に離れた環境でも、オンライン上でチームメンバーや顧客と顔を合わせながら会議ができるため、業務や商談を円滑に進めるうえで無くてならないツールと言えそうです。また、日々の業務報告や確認作業なども対面時より難易度が高まるため、メールやチャットのようにテキストベースのコミュニケーションのみに頼ってしまうと認識のズレが発生してしまう場合も。そんな時もWeb会議ツールを使って直接会話をすれば、コミュニケーションロス防止につながるのではないでしょうか。この結果から、テレワークにおいても「顔を合わせる」ことの重要性を感じる方が多いことがうかがえます。

第二位 人事管理/人事評価

テレワークを導入した組織の多くが課題認識しているのが、リモート環境下での人事管理や人事評価です。社員の状況が見えづらいため、上司が部下の勤務状況を把握したり評価したりする難易度は高くなります。それが原因でテレワークへの切り替えを躊躇している、もしくはテレワークからオフィス勤務に戻したという企業もあるかもしれません。しかし、近年ではそういった課題をサポートしてくれるクラウドサービスが登場しています。「マネーフォワード」や「SmartHR」など、人事管理、評価、労務管理などを一括処理できるサービスも増えており、テレワークでも社員の状況、情報を可視化しやすくなります。また、こうしたサービスはオフィス勤務メインの企業においても業務のペーパーレス化を促進してくれそうです。

第三位 ビジネスチャット

テレワークでは直接コミュニケーションをとる機会が大きく減ってしまう、かといってメールではどうしてもスピード感にかけてしまう……そんなときに有効なのがリアルタイムでやり取りができるビジネスチャットツールです。「Chatwork」や「Slack」、「Microsoft Teams」などが挙げられます。ビジネスチャットは基本的なセキュリティ機能が実装されており、気軽にメッセージを送りあえるだけでなくファイル共有なども可能なため、効率的に仕事を進めるのに役立ちます。

調査結果

テレワーク環境で仕事をするにあたり役に立ったSaaS(クラウドサービス)に関する調査。4人中3人の割合で何かしらのSaaSを利用した経験があることが判明しました。オンライン上でのやり取り、情報管理などを円滑にするSaaSはテレワークとの相性も高いようです。また、テレワークの課題解決を目的としたサービスも増えており、今後ますますテレワークとの親和性に期待が持てるのではないでしょうか。現在、テレワーク導入で課題に感じていることがあれば、この機にSaaSによる解決を検討してみてはいかがでしょうか。悩みにマッチした最適なサービスが見つかるかもしれません。

調査概要

調査期間:2021年8月30日~2021年8月31日
調査対象:全国20歳〜65歳のテレワーク/リモートワークを経験したことがあるワーキングパーソン男女1035名
調査方法:インターネット調査

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000069473.html

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

この動画もあなたにオススメ