close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第10回 食品

2021年上半期の料理トレンド、大賞は「マリトッツォ」 全体的には「エンタメ性・簡略化」の2傾向

BizHint 編集部 2021年7月1日(木)掲載
メインビジュアル

ここ1年くらいの食文化は、コロナ禍の影響を受けて、黙食やテイクアウトの拡大、あるいはUberEatsの定着など、従来とは少し違う新ライフスタイルの萌芽を見せています。料理・食への向き合い方がどのように変化したか、2021年上半期のブログ、InstagramやTwitterなどのSNSで話題になった料理関連のワードを中心に、アイランドでは「2021年上半期のトレンド料理ワード大賞」を選出しました。

メインビジュアル

“ビジュアルを楽しむエンタメ性”と“圧倒的に手間を省く簡略化”という2つの傾向


大賞:マリトッツォ


3位:折りたたみキンパ/四角キンパ


8位:キューブサンド


9位:ハリッサ


10位:ウールロールパン/ウールロールブレッド

アイランドの「2021年上半期のトレンド料理ワード大賞」は、同社が運営するライフスタイル提案サービス「フーディストサービス」が中心となって、「レシピブログ(ブログ)」「フーディーテーブル(Instagram)」「スグレピ(Twitter)」の各編集部が、検索数や投稿数などを基に料理関連ワードを選出し、各サービスに参加するユーザー504名が投票を行っています。

その結果、イタリア・ローマ生まれの伝統的なスイーツ「マリトッツォ」が大賞となりました。市販のパンを使っても近いものが作れるという手軽さから投稿が増え、現在Instagram上の「#マリトッツォ」投稿数は8万件以上にのぼります。 

その他トップ10は、以下のワードがランクインしました。

大賞:マリトッツォ
2位:低温調理器
3位:折りたたみキンパ/四角キンパ(正方形の海苔でキンパを作ったもの)
4位:○○しないレシピ
5位:レンチン完結
6位:脂質制限
7位:冷凍うどん
8位:キューブサンド(立方体に仕上げたフルーツサンド)
9位:ハリッサ(地中海生まれの唐辛子ベースの万能調味料)
10位:ウールロールパン/ウールロールブレッド(毛糸玉のような見た目のパン)

フーディストサービスの久永千恵リーダーは、「今回の結果からは大きく分けてビジュアルを楽しむエンタメ性圧倒的に手間を省く簡略化2つの傾向が見えてきます」との感想の他、「パン、おにぎり、サンドイッチをアレンジしたものは、見た目から作り方がイメージしやすい」ことからSNSに投稿しやすいのではないか、と指摘しています。同時にコロナ禍でも自宅料理をアレンジして楽しもうとする現れかもしれません。

なお、フーディストサービスでは、2021年下半期の料理関連トピックスとして、以下の4つに注目しているとのことです。とくに台湾カステラ、魯肉飯がすでに話題になっている台湾グルメですが、「鶏排(ジーパイ)」「豆花(トウファ)」「鹹豆漿(シェントゥジャン)」なども今年は注目を集めそうです。

1)おうちで外食&旅気分が楽しめる「台湾グルメ」
2)身近になった「SDGs」
3)ちょいリッチな消費スタイル
4)多様化する健康志向

調査方法

調査期間:2021年5月20日~27日正午
調査方法:フーディストサービスにてユーザーアンケートを実施
回答者詳細:10代~60代以上の男女
有効回答:504名

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000001653.html

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

この動画もあなたにオススメ