はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2018年10月26日(金)更新

面接官トレーニング

適切な面接スキルを持った面接官は有能な人材採用に必要不可欠な存在です。面接に必要なスキルには心構えも含めいくつかのポイントがあり、これらはトレーニングによって身につけることができます。高精度の面接を実施することで、入社後のギャップや内定辞退も防げます。採用成功に導くための面接官トレーニングについてご説明していきます。

面接官トレーニング に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

面接官トレーニングとは?

面接官トレーニングとは、その名の通り面接官のスキルを向上させるための訓練です。従来型の面接では面接時の人物像と入社後のギャップ、「やる気がある」と採用したのに入社後には覇気が感じられない、結局どの希望者も同じだからと履歴書の学歴などで判断し面接が形骸化してしまっているなどの問題点がありました。

面接は、相手の内面を引き出す対話スキルが必要です。また、面接官は会社の顔でもあります。面接後の就職希望者は様々な場面で面接を受けた企業の感想を語りますが、「その際の印象は企業の印象ではなく面接官の印象」です。採用担当者の印象がよければ、さらに優秀で魅力的な人材がおのずから集まってくるのです。

面接官トレーニングで得られる効果

面接官をトレーニングすることで得られる効果はいくつもあります。どのような効果が得られるのかを見ていきます。

面接精度の向上

面接スキルのない採用担当者は、採用活動の中で応募者を「好き・嫌い」の主観的なイメージで判断しがちです。まずそういった意識の払しょくが必要です。見た目、意欲、を印象だけで判断するのではなく評価基準を明確にし、過去にどのようなことを行ったか、からどういった能力を発揮できたかを聞き出せると、入社後に自社に必要な成果を生み出せるかどうかが判断できます。

面接官の自信向上

すべての業務に準備が必要なように、面接官にも準備・経験が必要です。経験の浅い面接官は「掘り下げ」質問がうまくいかず表面的な評価しか行えません。全く面接官としての経験がなくても、面接官トレーニングで言葉の選び方を学び、質問内容などを事前にロールプレイングで実践するだけでも自信につながります。

内定辞退の減少

面接官は企業の顔の側面があることを冒頭で説明しました。入社希望者にとって「面接官こそがその企業のイメージ」になります。面接官が魅力的に希望者を引き付けることができれば内定辞退を防止できます。

【関連】内定辞退を防止する施策とは?効果的な取り組み事例総まとめ / BizHint HR

面接官の広報効果

就職活動の学生にとって、就職活動は初めて「社会」「組織」を知り、「受験する組織に人生の大部分を貢献するということはどういうことか」を初めて自分のこととして考える場面です。それまでにアルバイトなどで「働く大人」を見ていたとしても立場の違い、甘えから真剣にとらえていないことがほとんどです。

適切な対人スキル、傾聴スキルを身につけた新卒採用担当者は、就活生の目から見れば個人としてではなく企業としてよいイメージを与えるのです。面接官の印象は、こちらが思っている以上に学生に強烈なイメージを残します。就職活動での経験は、結果的に入社につながらなかったとしても、様々な場面で第三者に語られたり、折々に触れてその後の受験者の意思決定にかかわったりします。

面接官は、審査をする側という意識ではなく、自分も相手からふさわしい企業かどうか見極められている広報担当者、という意識をもって応募者に接していかなければなりません。

《面接官の方へのおすすめ記事》
面接官の心得や質問の内容、やり方のポイントを総まとめ

魅力的な面接官とは?面接スキルはトレーニングで身につくのか?

企業イメージをアップさせる面接官、魅力的な面接官とはどういった面接官でしょう?

  • 応募者と対等な立場で話を進める
  • 言葉遣い、態度が丁寧
  • 緊張を和らげる言葉が最初と最後に入る
  • 応募者をきちんと説得(入社の意思を固める)できる

これらは社会人としても当然身につけておくべき社会常識です。面接官も普段、上司や取引先と接するときにはできていることだと思います。しかし、「求職者が対等」という意識が無意識のうちに欠落している採用担当者もいます。

面接官トレーニングではまず、面接官としてどのような人が理想かを意識することを始めます。そのうえで、社会経験の浅さからくる応募者の「表現力の未熟さ」をカバーできる具体的な対応例をロールプレイングやケーススタディーで実践できるようになります。面接官スキルはトレーニングによって確実にアップすることができるのです。

面接官トレーニングの具体例

面接官トレーニングには、知識を身につける講義と、実際の面接場面を想定した実践の両方を行っていくと効果的です。

面接の基本を学ぶための講義

面接官としての基礎講義では、まず知識の部分を学びます。ポイントは、

  • 面接官としての心構え
  • 面接の流れを知る
  • 評価の仕方
  • やってはいけないこと・やるべき質問について

などです。面接を通した評価法などが中心になります。面接後の評価と、入社の合否決定はスピード感をもってあたることも重要です。

面接後の合否決定は早急に!

就活生が入社を決める動機には様々な要素があります。アンケートでは「具体的な業務内容」「社内の雰囲気や人間関係」「待遇・福利厚生」などが挙げられています。しかし、あまり知られていない情報として、大学新卒の就活生の68.9%が内々定の通知で入社を決定した、と答えています。一部に内定辞退があったとしても、最初に内定をもらった企業に入社する可能性が極めて高いのです。

有能な人材を面接で見つけ出したとしても、決定までに時間がかかっては他社に流れてしまう恐れがあることを認識して、面接後はできるだけ早く評価を行い、採用者を決定します。

当然合格者には即通知をしますが、この時不合格者への連絡も怠らないようにします。一部の企業では不合格の通知を行っておらず、このことについて不満を持つ就活生も少なくありません。企業イメージの低下を防ぐために不採用であっても通知をします。

参考:大学生の就職活動ふり返り調査

面接のロールプレイ

採用担当者の支援プログラムとして取り入れられることの多いロールプレイングでは、採用担当者役、受験者役に分かれて実践形式で行われ、通常録画されます。面接の実践では、

  • 聞き出すこと(応募者を審査するための情報収集)
  • 情報提供をすること(自社の特徴・業務内容を正しく簡潔に伝える)
  • 応募者を入社に結びつけること(入社の動機付けを行う)

のポイントを押さえつつ、具体的な会話について指導が行われます。

一般的なFAQはもちろん、応募者を審査するだけでなく魅力的な人材には入社のために「口説く」スキルも必要です。また、面接の「最初と最後」も重要です。面接官は応募者から話を聞くだけではなく、自らの経歴やその会社で何をしてきたかを語ることも必要になるのですが、これらについてもロールプレイングで行っておくと実際の面接場面で生きてきます。

自分の面接シーンを録画で確認

ロールプレイング面接のメリットは、面接場面を録画して後で見られることです。面接をしている自分の姿を第三者目線で見ることで、質問が適切で有効か、自分の無意識でのしぐさなど、欠点や長所が見えてきます。

コンピテンシー面接について

自己PRや履歴書を見てもどれも同じような内容で、その中から自社にあった人材を見極めるためには、コンピテンシー面接が有効です。コンピテンシーとは適格性、行為能力のことで、コンピテンシーの高低を判断するためには、質問スキルを磨く必要があります。この質問ではいかに受験者の過去の行動を掘り下げられるかが重要です。

【関連】コンピテンシー面接とは?企業で導入する際のマニュアルや質問例まで / BizHint HR

面接官トレーニングセミナーを実施している企業

面接官トレーニングのセミナーは社内で行うのは難しいものがあります。採用メディアや、一部採用代行業者が行っている採用セミナーを利用してみるのはいかがでしょうか?以下に、面接官トレーニング、採用担当者向け研修を行っているサービス会社の概要をご紹介します。

面接官を育成することは人事戦略としても重要です。受講は一日で終了するものがほとんどで、金額も数万円ですので採用経費として考えればさほど高額ではありません。リクルーター対象者が研修を受講をすることで採用市場の現状もわかり、適切な採用設計にもつながります。

株式会社マイナビ 研修サービス「採用力強化シリーズ 面接官研修」

受講費用:1日コース30,000円(1人/税別)

質問力、評価の考え方など、面接官としての基本スキルを身につけるためのコースです。面接担当になって経験の浅い方や、初めての担当者向けのコースになっています。

参考:株式会社マイナビ 研修サービス 面接官/採用力強化シリーズ 面接官研修

株式会社飛竜企画 リクルータートレーニング「面接者トレーニング」

受講費用:不明

1日コース、半日コースありで、面接で陥りやすいパターン、マナーや面接でのタブーを最初に確認し、採用市場の理解度を自己診断します。応募者の入社動機を高めるための対応や、応募者の人物像の核心に迫るための対話技法を習得します。若手社員の採用担当者を対象にしています。

参考:株式会社飛竜企画 面接官/リクルーター トレーニング

レジェンダ・コーポレーション株式会社「採用面接官トレーニング on Quipper」

受講費用:1,000円(1人/1か月)

オンラインで面接トレーニングが行えるため、受講者のスケジュールの合間にトレーニングができます。トレーニングは6章で構成されており、面接の技法だけではなく、その目的、事前準備、注意点を網羅できます。また各章ごとの理解度チェックと終了テストが行われますので、学習効果が定着でき、受講者の進捗状況も人事で確認できます。さらに、一人ひと月1,000円というローコストで、どこからでも受講できるのも特徴です。

参考:レジェンダ・コーポレーション株式会社「採用面接官トレーニング on Quipper」

株式会社インソース「良い人材を見抜くための採用面談研修」

受講費用:26,000円~(1人/税別、開催地により料金は異なる)

1日コース講義・ワーク・ロールプレイングを通して、面接官としての「マインド」「知識」「スキル」を身につけます。評価方法やコンピテンシー面接の質問の流れ、情報収集のポイントについて講義で学んだあと、ロールプレイングで具体的な「アイスブレーク(相手の緊張を解く方法)」や受験者からの質問など実践を行い、最後に「面接チェックシート」に基づき研修を振り返ります。

参考:株式会社インソース「良い人材を見抜くための採用面談研修」

面接官トレーニングの効果測定の方法は?

面接官トレーニングを行ったからといって、すぐに実践に結びつく人とそうでない人がいます。また、どのような効果を期待するか、自社の採用基準、トレーニングの目標によって効果の測定方法は違ってきます。そこで人事としては、自社に最適な採用の目標設定をしながら、トレーニングの効果を検証していきます。

具体的な効果の検証の場面としてはインターンシップ面接を利用するのも一つの方法です。実際の採用面接よりは、面接官もインターンシップの学生も一段リラックスできた状態ですので、面接官は学生から情報が聞き出しやすいのです。面接官には、効果測定であることを伝えておく方が、面接官側に緊張感が出て実践に近い面接になります。効果測定とともに経験を積むことができ、トレーニングの定着やステップアップにもつながります。

また、コンピテンシー面接で行う掘り下げ質問では、質問の選びかたによっては圧迫面接と誤解を受けかねません。応募者の過去にはプライバシーを含む部分もあるので、録画を行い、多くの人の目を通して検証をするようにします。その中から、効果の高いものを、面接官で採用研修での実践や、採用マニュアルに反映させることで、全体の面接の質を向上させることができます。

これらの情報について、定量的に測定するひとつの手段として、採用管理システムの導入が挙げられます。

各候補者がどの面接官を経由して合格/不合格になったのかを一覧化して見ることができるようになるため、各面接官毎の傾向性はもちろん、トレーニングを踏まえてどのように変容してきたかについて、可視化が可能になり、自社内で面接官トレーニングの知見を効果的に貯めることができますので、一案として検討してみるのも良いでしょう。

まとめ

  • 面接官は単に受験者の採用選考をするだけではなく、自社を魅力的に語る広報「企業の顔」としての側面もある。
  • 面接官のスキルには「聞き出す」「情報提供する」「評価する」「動機形成する」などが必要。これらはトレーニングによって身につけることができ、講義で知識だけを身につけるよりも、ロールプレイングで実践形式の研修を受けることでより効果が期待できる。
  • 面接官トレーニングは人事コンサルティングサービスが行っているセミナーを利用する方法もある。講習後の効果測定は人事の重要な役目となる。面接官トレーニングの目標を明確にし、自社のインターンシップの場などで検証を行う。

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計150,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 事業運営のキーワードが把握できる
  • 課題解決の事例や資料が読める
  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

面接官トレーニングの関連キーワードをフォロー

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

面接官の記事を読む

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次