close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

勤怠管理システム

2019年8月29日(木)更新

「勤怠管理システム」の導入により、従業員の労働時間の的確な把握や、給与計算などの業務効率化を実現する企業が増えています。他にも、従業員の過重労働の防止や、虚偽申請・ミスの削減、法改正や多様な働き方への対応など、「働き方改革」や勤怠管理の効率化を推進するにあたり必要不可欠な機能を搭載しているシステムも多くあります。それでは、システムを選ぶ際、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。基本的な機能の解説や、導入メリット、導入の際の比較ポイントから、おすすめの勤怠管理システムまで、幅広くご紹介します。

勤怠管理システムとは

これまでの勤怠管理は、例えば「勤務時間の管理」の場合、タイムカードで従業員が打刻し、それをExcel等で集計するなどの手法が一般的とされていました。しかし近年では、働き方改革や人手不足を背景とした業務効率化が急務となっている事などから、「勤怠管理システム」を導入する企業が増えています。

この勤怠管理システムは、様々なデバイスや手法から勤務時間の打刻ができたり、休暇や残業時間の申請などがウェブ上で完結したり、さらには、シフト作成や各種給与ソフトとの連携など、勤怠管理を一つのシステムで一元管理できるものといった、幅広い機能を揃えています。

勤怠管理システムを導入することで、これまで煩雑だった勤務時間・勤務状況管理や給与計算、各種申請・承認が容易になり、大幅な業務効率化を実現できます。

【関連】勤怠管理とは?基礎をきちんと理解し、働き方改革推進へ/BizHint

勤怠管理システム導入のメリット

勤怠管理システムを導入する事により、以下のようなメリットが得られます。

  • 人事担当者および、申請する従業員の業務負担の大幅削減
  • 勤務状況をリアルタイムに把握でき、過重労働や休日出勤などのフィルターになる
  • 本人しか利用できないシステムが多いため、虚偽の申請や打刻を防止できる
  • 給与管理まで一元管理できるシステムも多く、ミスを減らし業務効率化にもつながる
  • リモートワークなど、多様な働き方にも対応できる
  • 法改正の際の自動アップデートなどがある場合、対応がスムーズに

勤怠管理システムの主な機能

この動画もあなたにオススメ