はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

人材育成

2018年1月11日(木)更新

タレントマネジメントの目的とは?導入する目的を詳細解説

Logo markBizHint 編集部

いまさら聞けないタレントマネジメントを導入する目的について一から解説!本記事では、人材マネジメント手法であるタレントマネジメントについてその目的を3点紹介し、詳細に説明します。自社にタレントマネジメントを導入する際に目的を明確化する参考にしてください。

コメントを読む
メインビジュアル

1.タレントマネジメントの目的とは

タレントマネジメントの目的は主に以下の3点に集約されます。

・人材の適正配置(適材適所で高パフォーマンスを図る) ・キャリアデザイン(「なりたい自分」になるためのキャリア設計) ・サクセッションプラン(後継者育成)

以下の章で、これらの目的について詳細に説明します。

2.目的その1:人材を適正に配置できる

2-1.適材適所で高パフォーマンスの組織

1つめの目的は、人材の適正配置です。タレントマネジメントでは、個人の才能を定期的に把握します。そのため、個人が持つ技能や能力をより発揮しやすい環境に配置可能です。適材適所に人材が配置できれば、当然組織は高いパフォーマンスを得られます。

2-2.適正配置で計画的な採用や社内コラボも

才能の「見える化」ができていると、人材の適正配置ができ、さらなるメリットが生まれます。1つは、定年退職など先を見越した計画的な採用が可能になる事です。もう1つは、才能の見える化を活用して、社内の専門家同士で連携する社内コラボレーションができる点です。

3.目的その2:キャリアデザイン

3-1.自律的な成長が組織の大きな戦力に

キャリアデザインでは、3年後、10年後の自分がどういった道を進みたいかを社員自身が具体的に考えます。「なりたい自分」になるために必要な知識や技能の取得方法を教育や配置換えに求める事も含めて設計します。従業員自身が自律的に成長するため、組織にとって大きな戦力となる人材育成ができます。

3-2.技術革新の波へも柔軟に対応

従業員1人1人が成長し続ける事は、もう1つの大きなメリットをもたらします。それは、技術革新などの新しい波が来た場合にも、柔軟に軌道修正ができる点です。才能の「見える化」でどういう才能を持つ人が何人いるかは明確です。そのため不足の人数分はすぐ採用活動で補うという対応が取れます。

4.目的その3:サクセッションプラン

4-1.経営層が直接関わり後継者育成

サクセッションプランとは後継者育成計画の事です。優秀な人材を選抜して、特別な教育により育成します。タレントマネジメントの各施策の中でも、経営層が直接関わる施策です。才能の「見える化」によって後継者候補の選出・育成が可能になります。

目指す先は社員の自律的な成長としなやかで強靭な組織構築

タレントマネジメントの目的3つとその詳細について解説しました。自社にタレントマネジメントを導入する際に、目的を明確化する一助となれば幸いです。以下に本記事の内容をまとめます。

  • 人材の適正配置:「適材適所」で生産性の高い組織を目指す
  • キャリアプラン:自ら「なりたい自分」を考え自律的な成長へ
  • サクセッションプラン:才能の「見える化」で後継者を発掘&育成

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

目次