close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第9回 経営・HRイベントレポート 2017

【メルカリ・キープレイヤーズ・ビズリーチ】企業成長フェーズに合わせた組織の作り方

BizHint 編集部 2017年4月17日(月)掲載
メインビジュアル
メインビジュアル

企業の成長・拡大とは分けて語れない「採用」「組織開発」。

2017年3月、採用担当者や人材業界のビジネスパーソン、ヘッドハンターなどが一堂に会し、成長フェーズや業界ごとに起きる様々な課題の解決策についてディスカッションする、『第3回人材業界&人事交流会』が開催されました。今回はそのハイライトをお届けします。

前編では、参加者の一番関心の高かったテーマ、「事業成長に伴う『組織』の課題」にフォーカスして、当日の模様をお伝えします。

(後編ではリファラル採用、エンジニア採用を含め「事業成長に伴う『採用』の課題」について取り上げます。)


<登壇者>

株式会社メルカリ HRグループマネージャー 石黒 卓弥 氏

株式会社キープレイヤーズ 代表取締役 高野 秀敏 氏

<モデレーター>

株式会社ビズリーチ 人事企画部長 清家 良太 氏


中間管理職をどのように育てるか

清家氏 :企業が成長するにあたり、フェーズにより様々な人事的な問題が出てくると言われています。まずは、企業の成長フェーズに応じて、どのように組織を作っていくべきか、という目線で、話を進めさせていただきたいと思います。

最初にお伺いしたいのは、ベンチャー企業の組織が大きくなっていく中で、「中間管理職の育成をどのように行うべきか?」という問題です。多くの人事の方から悩んでいると伺うことが多いのですが、メルカリではどのように進められていますか?

石黒氏 :メルカリは非常にフラットな組織です。メンバー、マネージャー、役員という3つの階層しか設けていません。現在社員数は海外も合わせて500名くらいになりますが、マネージャーは十数名しかいません。絶対数はそこまで多くないんですよね。

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

おすすめ記事・資料

仮登録メール確認