close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

連載:第69回 総合

約6割が勤怠管理をデジタル化 そのメリット・デメリットは?

BizHint 編集部 2022年9月5日(月)掲載
メインビジュアル

新型コロナ感染拡大から約3年が経過し、テレワークの浸透など働き方が大きく変わりました。多くの企業で日常業務に使用するツールも変化したのではないのでしょうか。このような背景を受け、テレワークの導入等で影響を受けたであろう「勤怠管理」に焦点を当てた調査が株式会社モニタスにより実施されました。

メインビジュアル

約6割が勤怠管理をデジタル化。「ジョブカン」は認知率、利用率ともにトップ。

勤怠管理方法の実施状況についてみてみると、勤怠管理ツール(自社システムを除く)は30.6%。「自社システム」(31.8%)、「タイムカード/手書き/その他」(17.0%)の結果となりました。勤怠管理方法の約6割がデジタル化されていることがわかりました。

自社システムを除く勤怠管理システム(出勤や退勤の打刻ツール)の認知率トップは、「ジョブカン」で40.5%。以降、「freee人事労務」(35.3%)、「楽々勤怠」(33.3%)、「COMPANY」(32.4%)、「マネーフォワードクラウド勤怠」(30.7%)が続く結果となりました。

続いて、勤怠管理システム(出勤や退勤の打刻ツール)の利用率トップ2は、「ジョブカン」(17.6%)、「COMPANY」(17.3%)という結果となりました。

「ジョブカン」は認知率、利用率ともにトップ。利用率2位の「COMPANY」は、認知率は4番目に対し利用率が高いことがわかりました。

勤怠管理ツール導入後、便利になったこと、困っていることは?

勤怠管理ツールの導入後、便利になった点についてみてみると、「管理をしやすい」が最も高く39.2%。次いで、「わかりやすい・操作がシンプル」(31.7%)が続く結果となりました。

「管理をしやすい」に関して、2位の「わかりやすい・操作がシンプル」に差をつけていることから、ツールの導入によって管理面に利便性を感じている担当者が多いようです。

前述したとおり勤怠管理ツールの導入によって、勤怠に関わる業務が効率的になった様子が見受けられる一方で、日常業務で困っていることとして最もスコアが高かったのは「ツールが多く、業務は煩雑になる」(24.2%)という結果となりました。そのほかの点としては、スコアが高い順に「業務がデジタル化されていない」(22.9%)、「ツールの機能を使いこなせない」(20.9%)が続いています。

上位の傾向をみると、ツール等の導入によって業務が効率化などされるメリットがある反面、ツールが増えることによる業務の煩雑さなどのデメリットがあるようです。

調査概要

調査対象:全国 人事・労務関連業務従事者(20~64歳)を対象としたインターネットリサーチ
調査期間:2022年7月20日(水)
有効回答数:1,000名

プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000008679.html

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

この動画もあなたにオススメ