close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

連載:第18回 総合

コロナ禍でも独立する「若手の脱サラ経営者」が大幅増、一方で「独立2~3年」の経営者が苦闘中

BizHint 編集部 2022年2月28日(月)掲載
メインビジュアル

企業勤めの経験を経て独立し、自身で事業を興した「脱サラ経営者」は、ある種ビジネスパーソンの憧れかもしれません。一方で、近年の新型コロナウイルス感染拡大は経営に大きな影響を与えました。こうした近年の動向も踏まえて、独立開業者の働き方や価値観、事業の状況などについて、アントレは実態調査を行っています。

メインビジュアル

コロナ禍でも“独立1年未満の30代経営者”が大幅増

独立開業支援サイト「アントレ」を運営するアントレでは、「過去に企業勤めの経験がある20代から60代までの経営者」551名を対象に、実態調査を行いました。

まず独立時期について、「早かった・遅かった・ちょうど良かった」の3つで自己評価してもらうと、「ちょうど良かった」71.5%が多数派で、時期について後悔している人は少数派でした。1年未満に独立した人だと「ちょうど良かった」は61.0%まで下がりますが、「遅かった」が増加しており、コロナの影響があるのかもしれません。

また「経営者の年齢と、独立開業してからの年数」を見ると、“独立1年未満の30代経営者”が前年から11.2ポイント増、“独立1年未満の20代経営者”が2.8ポイント増となっており、コロナ禍でも独立する若手が増加したことが判明しました。

「その独立時期を選択した理由」については、「もともと、人生プランで設定していた時期だった」24.5%が最多で、2位に「年代の変わり目など、節目の年だった」20.9%、3位に「資金の準備ができた、目途が立った」18.7%が続きます。「資金の準備ができた、目途が立った」は前年より2.6ポイント増となっており、コロナ禍を受けてさらに堅実な独立を図る人が増えたようです。

「独立を決意した理由」では「もっと自分の自由になる仕事がしたかった」34.3%が特に多い他、2位に「やりがいのある仕事がしたい」23.3%が続くなど、現状への不満がきっかけのようです。

その他、「独立後の業種」については、理美容・エステ、修理・クリーニング・家事代行、住宅・不動産・土地活用などの「生活関連サービス業」14.0%が最多。「独立検討時にしておけばよかったこと」では「自分と同じ環境、状況の人との交流」19.7%が最多で、「融資・助成金の知識習得」15.3%がそれに続きます。

なお「独立前の副業経験」について聞くと、「していた」という人は26.8%で、そのうち66.4%が「独立後に生かされた」(期待以上に生かされた18.4%、期待したとおりに生かされた48.0%の合計)と回答しています。また「年収」を副業経験者と未経験者を比較すると、「独立後の年収」について副業経験者は、未経験者と比較してマイナス11.7ポイントも「300万円未満」の回答が少なく、順調に事業を進めていることがうかがえます。

コロナ禍の苦境と経営の壁で「独立2~3年」の経営者が苦闘


「新型コロナウイルス感染拡大の経営への影響」について聞くと、「大幅なマイナス影響が発生」とした人は18.9%で、前年より4.5ポイント減少しました。コロナ禍が長引き、影響を抑える戦略が浸透したのでしょう。ただし「新型コロナウイルス感染対策」を聞くと、「未実施」が最多の38.2%でした。具体的な対策方法では「消毒・社会的距離など感染予防対策」24.1%、「公的機関の給付金の活用」23.7%が上位でした。「持続化給付金」「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金」といった給付金は申請もしやすく、脱サラ経営者にも活用されているようです。

開業年数ごとに対策を比較すると「公的機関の給付金の活用」は、「独立1~2年」の経営者で全体(23.7%)と比較して13.3%も高い37.0%に達しています。「独立2~3年」も33.3%でそれに続きますが、この層は「人員削減」16.7%、「広告出稿の見直し」14.3%、「設備投資計画の中止・延期」「採用計画の見直し」ともに11.9%も、平均より高い数値を示しており、苦闘している状況がうかがえます。


そして「会社員に戻りたいか」という質問を投げかけると、「とても戻りたい」3.6%、「戻りたいと思うことがある」11.0%で、あわせても1割台に留まっており、事業継続の意志は固いと思われます。しかしこれを開業年数別で見ると、「独立2~3年」の経営者では「とても戻りたい」9.5%、「戻りたいと思うことがある」33.3%と、合計42.8%まで跳ね上がります。コロナ禍が直撃した層であることに加え、経営が波に乗るか乗らないかの壁が、この時期にあるためでしょう。

調査方法

調査期間:2021年11月22日~25日
調査方法:インターネット調査
調査対象:過去に企業勤めの経験がある20代から60代までの経営者(脱サラ経営者)
調査人数:551人

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000059360.html
https://corp.entrenet.jp/news/news71

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}