close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第2回 最高の組織文化のつくり方

「強い企業」に共通するカルチャー設計とは

BizHint 編集部 2020年12月7日(月)掲載
メインビジュアル

唐澤俊輔さんが聞き手となり、経営者やリーダーたちとの対談を通じて、さまざまな企業のカルチャーを紐解くこの連載。スマートニュースやアカツキ、ヤプリなどIT領域のスタートアップを中心に投資活動を行うグロービス・キャピタル・パートナーズ(以下、GCP)の今野穣さんを迎えました。「伸びる企業」に共通する組織カルチャーや、スタートアップにおけるカルチャーの重要性について、今野さんに伺います。

メインビジュアル

伸びる企業組織の共通項

唐澤俊輔さん(以下、唐澤): 今野さんは投資活動を通じてIT領域のさまざまな企業をご覧になっているかと思いますが、「伸びる企業・組織」に何か共通項はありますか?

今野穣さん(以下、今野): さまざまな要素が複雑に絡んでいるのでケースバイケースではありますが、一つは「創業者兼社長が実務を兼ねるのではなく、経営に専念している」こと。創業者の多くはやはり優れたプレイングマネジャーではあるのですが、 社長がオペレーションを手放せないと、自身のキャパシティが事業のキャパシティとイコールになってしまい、成長は売上高10億円くらいでピタッと止まってしまう んです。

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

仮登録メール確認