はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

組織・チームワーク

2019年10月7日(月)更新

安定を求む社員が多いからこそ、社長が一番大きな失敗を【富士そば・丹社長】

Logo markBizHint 編集部

首都圏のビジネスマンにとってはおなじみの立ち食いそばチェーン「名代 富士そば」を展開する、ダイタンホールディングス代表取締役社長の丹有樹さん。事業承継後も右肩上がりで業績を拡大させ、近年では海外進出も果たすなど新たな市場にも挑戦しています。安定経営だからこそ生じてしまう組織の課題と、丹さんが導き出した解決方法とは──。

バックナンバー
コメントを読む
メインビジュアル

新メニュー開発も常に行い、新規出店先も常に探している

河合聡一郎さん(以下、河合) :富士そばといえば、各店舗の店長が自由にメニューを考案できるのがよく知られていますよね。チェーン店でありながら店舗の裁量が大きく、ときどきユニークなおそばも目にします。

丹有樹さん(以下、丹): この慣習も昔からですね。 店長がオリジナルのメニューを考案して、店長同士で自慢し合う文化があります。大ヒットはカツ丼ですが、これも一店長のアイデアからでした。 これは自社の大事な文化だなと思います。最近では、フライドポテトをトッピングした「ポテそば」など、斬新な新メニューも少しずつ出てきていますね。もちろん売れなかったメニューもたくさんあります。Facebookで投稿したら意外と話題になっていますが(笑)。

河合: 店舗出店の在り方について伺わせてください。出展計画や決断などはどのようにされているのでしょうか?

丹: これまで新規出店は年間4店舗程度でしたが、2016年は8店舗、2017年は17店舗、2018年は4店舗とペースが上がっています。基本的な方針として、一度出店した店舗は閉めません。

出店ペースが加速した反面、売れているのに現金が溜まっていかず、投資回収が進まない問題もありました。1店舗出店するのに5000万から6000万円かかります。それを1杯300円のおそばで回収するわけですからね。そこで、金融環境を刷新して、借り入れをシンジケーションに1本化しました。返済額を圧縮して、余剰を新規出店と改装に充てた。これは自分が押し切りました。また、「1店舗5年」という投資回収基準を設け、常務の成績に反映させました。

河合: 常務を8名に増やされましたが、その登用基準とはどういったものでしょうか?

「プロ・リクルーター、河合聡一郎さんが聞く【事業承継のカギ】」バックナンバー

  1. 事業承継の成功のカギと後継者に必要な資質とは【株式会社ReBoost河合聡一郎さん】
  2. 「自分が成果を出してこそ信頼される」は勘違い 【銀座英國屋小林英毅さん×河合聡一郎さん】
  3. 3代目経営者が事業を承継するなかで「変えた」こと「変えない」こと【銀座英國屋小林英毅さん×河合聡一郎さん】
  4. 元祖あんぱん・木村屋總本店7代目、木村光伯さんの経営哲学は「ボトムアップを大切に」
  5. 創業150週年の老舗ブランドを守りつつ、次を画策する木村屋のこれから
  6. 火の車状態から年商50億まで成長、さらに100億稼ぐ飲食チェーンになるために社長が考えていること【玉寿司・中野里社長】
  7. たった3か月で寿司職人を育成する玉寿司の人材育成【玉寿司・中野里社長】
  8. 恨まれながらも社員を全員解雇、事業承継した3代目の改革への想い
  9. 大阪・生野の下町企業が「82年目のスタートアップ」として、上場を目指す理由
  10. 日替わり弁当のみで年商70億、玉子屋のスゴい事業承継
  11. 人材は入社してから育てればいい、社員の悩みに答えてこそ中小企業【年商90億を支える人材育成】
  12. 創業130年の繊維メーカーを率いる30代社長、「時代に合わせてしなやかな変化を」
  13. 経営の「攻めと守り」のバランスを上手く取る【三星グループ・岩田真吾さん】
  14. 2億円の債務超過の状態から「世界最高の鍋・バーミキュラ」で会社を立て直した兄弟
  15. バーミキュラが売れる仕組み、透明度の高い組織を作る【愛知ドビー株式会社・土方邦裕さん/智晴さん】
  16. 破産した会社も「日本式M&A」で引き受け再び成長へ【三重県の印刷会社アサプリのスゴい経営】
  17. 順番を間違うな。社員の幸せを前提とした見える化とグループ力の追求【三重県の印刷会社アサプリのスゴい経営】
  18. 上場時の役員が全員入れ替わってでも「会社は理想を実現する箱」と言い切るわけ【サンワカンパニー山根太郎社長】
  19. “感性品質”を高めて売上約50億円から100億円企業に【サンワカンパニー山根太郎社長】
  20. 全財産を投じながらIMJを再建した経営者がたどり着いた境地【くじらキャピタル・竹内真二社長】
  21. 会社のコアは変えずリストラもしない、経営再建のプロが語る再成長への道筋【くじらキャピタル・竹内真二社長】
  22. 富士そばは「仕事に困っている人」の受け皿企業でありたい【富士そば・丹有樹社長】
  23. 安定を求む社員が多いからこそ、社長が一番大きな失敗を【富士そば・丹社長】

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

目次