close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第14回 よくわかる補助金・助成金 雇用・人材

突然の売上減少時にも使える。新型コロナにも特例対応した助成金をご存知ですか?

BizHint 編集部 2020年3月12日(木)掲載
メインビジュアル

東京オリンピックが終われば大不況がやってくるかも?そんな噂も聞こえてきますよね。急な景気変動で業績が悪化すれば、会社存続の危機に陥る可能性も出てきます。事業を縮小してでも存続させたい、そう考える経営者もいるのではないでしょうか。 そんなときに利用できるのが「雇用調整助成金」。事業を縮小することに伴って従業員の休業、教育訓練または出向など一時的な雇用調整を実施する際に助成金が支給されます。2020年初頭の新型コロナウイルスへの対応として、特例措置も講じられました。

メインビジュアル

1. 雇用調整助成金ってどんな制度?

「雇用調整助成金」とは、景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合に助成される制度です。簡単に言うと、不況により業績が低迷した場合に利用できる助成金、ということです。

2. どんな場合に対象となるの?

支給要件は以下の通りです。

  • 最近3か月の生産量売上高などの生産指標が前年同期と比べて10%以上減少していること
  • 雇用保険被保険者数及び受け入れている派遣労働者数の最近3か月間の月平均値の雇用指標が前年同期と比べ、一定規模以上増加していないこと
  • 実施する休業等および出向が労使協定に基づくものであること
  • 過去に雇用調整助成金又は中小企業緊急雇用安定助成金の支給を受けたことがある事業主が新たに対象期間を設定する場合、直前の対象期間の満了の日の翌日から起算して一年を超えていること

要件を満たした上で、休業、教育訓練または出向のいずれかの措置を実施した場合に、支給対象となります。
念のため、休業・教育訓練・出向の定義を確認しておきます。

(1)休業

次の①~⑤のすべてに該当していること
① 労使間の協定により行われるものであること

② 「判定基礎期間」における対象労働者に係る休業または教育訓練の実施日の延日数が、対象労働者に係る所定労働延日数の1/20(大企業の場合は1/15)以上となるものであること

③ 休業手当の支払いが労働基準法第26条の規定に違反していないものであること

④ 所定労働日の所定労働時間内において実施されるものであること

⑤ 次のアまたはイであること
ア 所定労働日の全1日にわたるもの
イ 当該事業所における対象労働者全員について一斉に1時間以上行われるもの

(2)教育訓練

次の①~⑤のすべてに該当していること
① 労使間の協定により行われるものであること

② 「判定基礎期間」における対象労働者に係る休業または教育訓練の実施日の延日数が、対象労働者に係る所定労働延日数の1/20(大企業の場合は1/15)以上となるものであること

③ 職業に関連する知識、技術を習得させ、または向上させることを目的とする教育、訓練、講習等であって、かつ、受講者を当該受講日に業務に就かせないものであること

④ 所定労働日の所定労働時間内において実施されるものであること

⑤ 次のアまたはイに該当するものであること
ア 事業所内訓練の場合
事業主が自ら実施するものであって、受講する労働者の所定労働時間の全1日または半日にわたり行われるものであること

イ 事業所外訓練の場合
ア以外の教育訓練で、受講する労働者の所定労働時間の全1日または半日にわたり行われるものであること

(3)出向

出向の定義はかなりボリュームが多いので詳細は割愛しますが、要は

  • 出向労働者の同意を得たものであり、
  • 期間が3か月以上1年以内であって、
  • 元の事業所に復帰するものであり、
  • 出向労働者に出向前に支払っていた賃金とおおむね同じ額の賃金を支払うものである

ことが主な要件です。

3. 助成額は?

受給額は、休業を実施した場合、事業主が支払った休業手当負担額、教育訓練を実施した場合、賃金負担額の相当額に次の(1)の助成率を乗じた額となります。そして、教育訓練を行った場合は、これに(2)の額が加算されます。

4. 申込みの期間は?

雇用調整の措置を実施したのちに、労働局、もしくはハローワークへ雇用調整助成金の支給申請を行います。休業措置、教育訓練措置の場合の支給申請は支給対象期間の末日の翌日から2カ月以内、出向措置の場合の支給申請は、支給対象期の末日の翌日から2カ月以内となります。

5. 申請すれば絶対もらえるの?

厚生労働省が管轄する助成金は、要件をすべて満たしている場合誰もがもらえます。
以下に最新情報が掲載されています。ピンチになる前にチェックしておきましょう。

厚生労働省:雇用調整助成金

⇒2020年3月、新型コロナウイルス感染症対策の追加特例が発表されました。

6.まとめ

いかがでしたか。
拾う神あれば捨てる神あり。緊急事態になってからあたふたする前に、是非この助成金について確認してみてください。

※募集要項等が本記事と異なる場合があります。
 最新の公募要項に沿って申請をしていただくようお願いします。

(執筆)
株式会社プロデューサー・ハウス 花岡貴志

中小企業診断士/ファイナンシャルプランナー/宅地建物取引士

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

仮登録メール確認