はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

戦略・経営

2019年9月12日(木)更新

恨まれながらも社員を全員解雇、事業承継した3代目の改革への想い

Logo markBizHint 編集部

プロ・リクルーターの河合聡一郎さんによる事業承継の成功のヒントを探る連載。今回お話をうかがうのは株式会社大都の代表取締役、山田岳人さんです。大阪・生野区で工具の問屋業を営む義父の会社を継いだ山田さん。傾きかけていた会社をDIYカルチャーを生み出す企業へと生まれ変わらせました。しかし、長年赤字が続いており、一度は社員を全員解雇せざるをえなかったとか。「彼らからは恨まれていると思います」と山田さんは話します。前半では、山田さんのユニークな経歴と事業を立て直すために必要な組織づくりに対する考え方についてお聞きしました。

バックナンバー
コメントを読む
メインビジュアル

株式会社大都 

代表取締役 山田岳人さん

学生時代からリクルートで働き、人材採用の営業を担当。結婚を機に1937年創業の金物工具の総合商社である株式会社大都に入社。2011年、代表取締役に就任。EC事業を立ち上げ楽天のDIY部門で販売日本一を達成。DIY体験ができるリアル店舗「DIY FACTORY OSAKA」をオープンするなど、DIYブームの牽引役となり、2015年、グロービス・キャピタル・パートナーズからの第三者割当増資を実現。


妻の実家は廃業寸前の問屋業

河合聡一郎さん(以下、河合): リクルートでトップセールスの営業マンだった山田さんが大阪で工具の問屋業を営む大都を継がれることになった。まずはそこに至るまでの経緯を教えていただけますか?

山田岳人さん(以下、山田): もともと学生の頃から経営をやりたいと思っていたんです。2回生の頃からリクルートでアルバイトを始めて、スーツを着て自分の名刺を持って営業に回り、3回生の時には関西でトップの営業成績をあげました。仕事が楽し過ぎて大学に全然行かなかったら、単位が足りずに「卒業見込みの証明書は出せない」と言われて(笑)。仕方がないので人事に掛け合って選考なしで内定をもらい、なんとか卒業して無事にリクルートに入社しました。

その後、学生の頃から付き合っていた今の妻と結婚することになって、実家に「娘さんをください」と挨拶に行ったら、「その代わりに会社を継いでほしい」と言われたんです。妻は一人娘で跡継ぎがいなかったし、もともと経営をやりたい気持ちはあったので、結婚して1年後にリクルートを辞めて、大都に入社しました。

河合: いきなり異なる業界へ転職されたわけですね。業種はもちろん、経営者としてのチャレンジも含めて一気に環境が変わった感じですよね?

山田: そうなんです。大都に入社したのは28歳の時。初日、意気揚々とスーツを着ていったら「なんでスーツで来たんや?」と笑われて、すぐに作業着に着替えました。リクルートではスーツにネクタイ、アタッシュケースというスタイルでしたから、初めはものすごくギャップがありましたね。配達用のトラックが9台ほどあって、「運転しろ」と言われたものの、トラックなんて乗ったことない。ミッションも何年も運転していなかったから、もうエンストしてばっかり。そんな初日でした。当時、社員は15人くらいいましたが、僕の次に若い人でも45歳でした。伝票も手書きだし、ぜんぶアナログな環境でスタートしました。

リクルートでは広告しか扱っていなかったので、ものを売るという経験がなかった。その難しさを痛感 しましたね。問屋と言っても特別なものを扱っているわけではいので、うちで買わなくても他から仕入れられる。同じものだから差別化ができない。だから、こちらから何かを提案することもできないし、同じものを売るということは、結局価格で比べられてしまうんですよ。販売店は当然安いところから仕入れますよね。そこでなんとか付加価値を付けようとなると、納品を手伝いに行くとか、返品をとるとか、支払いを手形でもらうとか、配達に1日2回行くとかになってくる。そんなことしていたら余計に儲らない。

EC事業をスタート。立て直しを図る

河合: そんな中でもeコマース(EC)を始めて、新しい販路を通じて、立て直しを図ろうとされていたんですよね?

山田: はい。「このままだったら潰れる」と、2002年からECを取り入れました。メーカーから仕入れてホームセンターに卸すんじゃなくて、「ホームセンターにいるお客さんにインターネットで直接売ってしまえ」と。ホームセンターが儲るのはよくわかるんです。だって僕たちが500円で納品したものを1000円で売っているんですから。でも、僕たちは450円で仕入れて500円で納品している。50円しか利益がないのに、配送コストなどを入れたら赤字ですよ。ところがECなら450円で仕入れて1000円で売れる。それでインターネットで売り始めたら、ぼちぼち売れるようにはなってきたんです。

ただし、業界からはすごく反発を受けました。ホームセンターやメーカーからも「ネットで売るなら商品を供給しません」とか、「売ってもいいけど、ホームセンターより売価を上にしてくださいね」とか。そんなの売り手側の自由じゃないですか。僕たちはホームセンターよりちょっと安く売ってもすごく利益が出るわけですから。苦労はありましたが、これからはeコマースの時代に変わっていくという確信はあったので。中間流通が中抜きをしているというのは許されないだろうと思っていましたね。

河合: その直感が正しかったわけですね。

山田: この業界は昔から「見て覚えろ」「覚えるまで最低5年」という感じで、とにかく商品のことを覚えないといけないんです。お客さんに聞かれるのは商品のことばかりなので、ひたすら勉強しました。でも、知識を得ても技術があっても、お金に変わらないんです。その歯痒さもあったし、そこを変えたいなと思っていました。その点、 ECなら知識を活かせる。何がいくらで売れるか完全に頭に入っているし、ホームセンターでの売価も頭に入っている。だから、ECサイトを立ち上げられた んだと思います。

それでも会社は変わらなかった、赤字のため社員を全員解雇

「プロ・リクルーター、河合聡一郎さんが聞く【事業承継のカギ】」バックナンバー

  1. 事業承継の成功のカギと後継者に必要な資質とは【株式会社ReBoost河合聡一郎さん】
  2. 「自分が成果を出してこそ信頼される」は勘違い 【銀座英國屋小林英毅さん×河合聡一郎さん】
  3. 3代目経営者が事業を承継するなかで「変えた」こと「変えない」こと【銀座英國屋小林英毅さん×河合聡一郎さん】
  4. 元祖あんぱん・木村屋總本店7代目、木村光伯さんの経営哲学は「ボトムアップを大切に」
  5. 創業150週年の老舗ブランドを守りつつ、次を画策する木村屋のこれから
  6. 火の車状態から年商50億まで成長、さらに100億稼ぐ飲食チェーンになるために社長が考えていること【玉寿司・中野里社長】
  7. たった3か月で寿司職人を育成する玉寿司の人材育成【玉寿司・中野里社長】
  8. 恨まれながらも社員を全員解雇、事業承継した3代目の改革への想い
  9. 大阪・生野の下町企業が「82年目のスタートアップ」として、上場を目指す理由
  10. 日替わり弁当のみで年商70億、玉子屋のスゴい事業承継
  11. 人材は入社してから育てればいい、社員の悩みに答えてこそ中小企業【年商90億を支える人材育成】
  12. 創業130年の繊維メーカーを率いる30代社長、「時代に合わせてしなやかな変化を」
  13. 経営の「攻めと守り」のバランスを上手く取る【三星グループ・岩田真吾さん】
  14. 2億円の債務超過の状態から「世界最高の鍋・バーミキュラ」で会社を立て直した兄弟
  15. バーミキュラが売れる仕組み、透明度の高い組織を作る【愛知ドビー株式会社・土方邦裕さん/智晴さん】
  16. 破産した会社も「日本式M&A」で引き受け再び成長へ【三重県の印刷会社アサプリのスゴい経営】
  17. 順番を間違うな。社員の幸せを前提とした見える化とグループ力の追求【三重県の印刷会社アサプリのスゴい経営】
  18. 上場時の役員が全員入れ替わってでも「会社は理想を実現する箱」と言い切るわけ【サンワカンパニー山根太郎社長】
  19. “感性品質”を高めて売上約50億円から100億円企業に【サンワカンパニー山根太郎社長】
  20. 全財産を投じながらIMJを再建した経営者がたどり着いた境地【くじらキャピタル・竹内真二社長】
  21. 会社のコアは変えずリストラもしない、経営再建のプロが語る再成長への道筋【くじらキャピタル・竹内真二社長】
  22. 富士そばは「仕事に困っている人」の受け皿企業でありたい【富士そば・丹有樹社長】
  23. 安定を求む社員が多いからこそ、社長が一番大きな失敗を【富士そば・丹社長】
  24. 自分をクビにした父を見返したい、三代目の不屈の精神から生まれた「獺祭」誕生秘話
  25. 20年で売上138億まで成長した獺祭。先を見据えた組織造りのカギとは?
  26. 32歳の専業主婦が町工場を継ぎながら、リーマンショックを乗り越えた話

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

目次