close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

  • Icon mailmaga
  • Icon facebook
  • Icon twitter

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第32回 その他

「2020年 新成人」500名に調査 ~未来への不安が高まる一方で、グローバル化への意識は向上~

Logo markBizHint 編集部 2020年1月9日(木)掲載
メインビジュアル

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役社長 グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、成人式を目前に、対象となる新成人500名に調査を実施しました。この調査は 2008 年から開始し、今回で13年目の定点調査です。夢や関心事、就職や世の中の潮流に対する考え、SNSやデジタル機器の利用実態、情報感度など幅広く聴取した中から、特徴的だった結果をピックアップしてご紹介します。

メインビジュアル

調査結果

1.「日本の未来は明るい」3割。昨年より6ポイントダウン

今年の新成人は、日本の未来の明暗についてどのように予想しているのでしょうか。

日本の未来は明るいと思う人は、「明るいと思う(2%)」と「どちらかといえば、明るいと思う(29%)」を合計し31%で、昨年よりも6ポイント減となりました。過去の調査を振り返ると、2014年に大きな上昇の山、そして2019年に小さな上昇の山が見られます。2つの年の共通点として、“消費税率の引き上げ”が挙げられます。2014年は4月に実施された8%増税前の調査で、前年よりも22ポイントと大きく上昇し翌年に下降、2019年は10月に実施された10%増税前の調査で、徐々に復調していたスコアが今年下降しました。

2.明るいと思う理由は、「オリンピック」、暗いと思う理由は、「少子高齢化」「年金問題」「災害」など

日本の未来の明暗について、それぞれの回答理由を自由回答で尋ねました。多く挙げられた回答についてキーワードをピックアップすると、明るいと思う理由は「オリンピック」、「景気回復」、「平和」、「働き方改革」、「多様性の受容」など、一方、暗いと思う理由では「少子高齢化」、「年金問題」、「政治家の不祥事」、「外交問題」、「オリンピック後の景気後退」、「災害」などが挙げられました。

3.国民年金制度を「信頼できる」36%。「信頼できない」は64%で、「受給」に対する不安・不満が多数


国民年金制度に対する信頼度はどの程度かみていきます。信頼できるという人は、「信頼できる(3%)」と「どちらかといえば、信頼できる(33%)」を合計し36%で、昨年まで上昇傾向にありましたが今年は6ポイント減となりました。「信頼できない」という人の方が引き続き多数派であることは変わらず、その理由としては、「金額が減る・貰えない」といった受給に対する不安・不満が圧倒的で、「老後2,000万円問題」を理由に挙げる人も見られました。

4.「国内で外国人と働くこと」に関心あり6割、「英語で仕事」も5割


近年の社会潮流とオリンピックの東京開催も相まって、グローバル化の波が激しく押し寄せていますが、新成人は、外国語や外国人との仕事についてどのような意識を持っているのでしょうか。

「外国語習得」に関心がある人は67%、「仕事で英語を使うこと」に関心がある人は49%で、いずれも年々増加しています。また、「外国人と日本国内で働くこと」に関心がある人も58%で、新成人の半数以上が該当しました。これらを裏付けるかのように、「英語に不安がある」という人は年々減少しています。このように、外国語(英語)、外国人とのコミュニケーションに関心を持つ人は年々増加し、グローバル化への意識は向上しています。

※「外国語習得」・「仕事で英語を使うこと」・「外国人と日本国内で働くこと」は、いずれも「関心がある」と「やや関心がある」の合計。また、「英語に不安がある」は、「あてはまる」と「ややあてはまる」の合計

5.デジタル端末「iPhone」の所有率69%  


新成人のデジタル端末の所有状況において特徴的な点を見ていきます。 今年、新成人が所有するデジタル端末の1位は「iPhone」で69%でした。2013年から所有率が上昇し続けています。スマートフォンの観点で見ると、2016年に「iPhone」と「Android」が逆転し、以降その差は年々広がっています。また、「iPhone」以外のデジタル端末の所有率は、おおむね下降傾向にあります。

6.SNS利用率、「Instagram」が躍進し4年で2.7倍に


新成人のSNSの利用率は、1位が「LINE」で96%、2位は「Twitter」80%、3位は「Instagram」67%で、昨年の順位と変動はありませんでした。上昇率でダントツなのは3位の「Instagram」です。2016年と比較すると、4年で2.7倍まで利用が進みました。 なお、2018年の流行語大賞にノミネートされた「TikTok」は12%で、昨年とほぼ横ばいでした。

7.活躍を期待する2020年新成人ランキング1位「永野芽郁」

最後に、活躍を期待する2020年新成人ランキングをご紹介します。
2020年1月に成人式を迎える同い年の著名人のうち、今後の活躍を期待・応援している人を尋ねました。ここではトップ5を発表します。1位は女優・モデルの「永野芽郁」さんで38%、2位は女優の「上白石萌歌」さんで24%、3位はプロ野球選手の「清宮幸太郎」さんで21%でした。(3位~5位は以下の表の通り)
※HoNote編集部にて選定した29名の著名人を選択肢として用意。今後の活躍を期待・応援する人を複数回答で聴取

●活躍を期待する2020年新成人ランキング トップ5 ベース:新成人(n=500)/複数回答

1位 永野芽郁/女優・モデル(37.6%)
2位 上白石萌歌/女優(24.0%)
3位 清宮幸太郎/プロ野球選手(北海道日本ハムファイターズ)(20.6%)
4位 山下美月/アイドル(乃木坂46)(14.8%)
5位 高橋海人/アイドル(King & Prince)(14.0%)
5位 マリウス葉/アイドル(Sexy Zone)(14.0%)

▼その他の調査内容
・関心を持っている政治・経済・社会のニュース ・政治・選挙・経済・外交への関心 ・理想の大人はいるか ・20歳になって(なったら)嬉しいと思うこと ・将来就きたいと思う職業 ・・・など

すべての調査結果はこちら

調査概要 「2020年 新成人に関する調査」

調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:2020年(令和2年)1月に開催される成人式の対象者(マクロミルモニタ会員) 割付方法:男性250サンプル、女性250サンプル(合計500サンプル)
調査期間:2019年12月16日(月)~2019年12月17日(火)

※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000527.000000624.html

バックナンバー (34)

その他

  1. 第34回 正社員・契約社員の求人件数、20か月連続で前年より増加中 五輪の影響で「警備・車両誘導」など増加
  2. 第32回 「2020年 新成人」500名に調査 ~未来への不安が高まる一方で、グローバル化への意識は向上~
  3. 第33回 2020年4月入社、56.8%の企業で内定辞退者が前年より増加
  4. 第31回 法規制緩和でペーパーレス化が進む~東京の企業 4割近くが2020年度予算にペーパーレス化システム導入費用を計上~
  5. 第30回 【問い合わせ窓口の利用に関するアンケート調査】直近3年間の利用者は5割強。問い合わせ時に利用したい手段は「電話(65.9%)」「メール(49.5%)」「問い合わせフォーム(43.2%)」の順
  6. 第28回 34の調査国・地域中最下位、「来年の日本経済好転」への同意はわずか26.2%
  7. 第29回 2020年1月版「国内プライベート・エクイティ・ファンド業界カオスマップ」
  8. 第27回 44カテゴリー/317サービスを掲載「フリーランス向けサービスカオスマップ 2019年完全版」公開
  9. 第25回 期待が集まる新技術はナノテクノロジーや介護ロボット、利便性よりも健康サポートを重視
  10. 第26回 7割以上のビジネスパーソンが承認欲求の充足によりモチベーションがアップ。承認欲求に対する意識調査
  11. 第24回 9割超が必要と認識、企業における固定電話の活用調査2019
  12. 第23回 注目の「退職代行」について事業者別・内容別にサービスを網羅、「退職代行サービスカオスマップ」公開
  13. 第22回 企業の50.1%が正社員不足 ~人手不足に対する企業の動向調査(2019年10月)~
  14. 第21回 デジタルサイネージ需要高まる、2023年には広告市場規模が1.7倍に
  15. 第18回 働く時間の「ムダ」により年間約8,300億の経済損失。営業に関する意識・実態調査
  16. 第19回 【役員報酬サーベイ】社長報酬水準は0.9%上昇、CEO選解任基準の整備が進む
  17. 第20回 日本総報酬サーベイ2019、外資・日系企業の経営幹部クラス報酬差は1.5倍
  18. 第16回 中小企業の約35%が外国人労働者の雇用経験あり。外国人労働者に関する意識調査
  19. 第17回 2019年に中国消費者が買った日本の商品、SNS投稿は全体で1千万超 人気1位は「薬用ローション」
  20. 第14回 22.6%もの企業が過去3年以内に機密文書の紛失・盗難などの漏洩事故を経験
  21. 第15回 「従業員数と従業員エンゲージメントの関係」を定量的に分析した研究結果を公開
  22. 第13回 駆け込み需要があった企業の半数が反動減を実感 ― 駆け込み需要と反動減に関する企業の意識調査
  23. 第12回 企業のデータ活用における実態調査 – 現場の46%が「普段データを見ることはない」と回答
  24. 第11回 【2019年版】アルバイト領域の課題をテクノロジーで解決する「バイトテック」カオスマップ
  25. 第10回 「後継者不在率」 2年連続低下 2019年は65.2%―全国・後継者不在企業動向調査
  26. 第9回 ビジネスパーソンの6割が今後の需要増と回答「フリーランス」に対する意識調査
  27. 第8回 企業の 24.7%が海外に進出。海外進出への課題、「社内人材(邦人)の確保」がトップ。
  28. 第7回 業界天気「曇り」予想が最多、 米中貿易摩擦の影響も。回復局面から一転、「工作機械」などは「曇り」へ悪化
  29. 第6回 副業理由の45%は「生活費」、労働時間には満足も7割は収入に不満
  30. 第5回 倒産件数は今年最多の785件、2カ月連続の前年同月比増加 ― 全国企業倒産集計2019年10月報
  31. 第4回 テレワークについて社員側の6割は「セキュリティに不安」、一方で厳重過ぎると不満の声も
  32. 第3回 人事担当者417名の本音調査。 人事の4割が「社内の協力に不安」を抱えるリファラル採用
  33. 第2回 国内スタートアップ企業、2019年1~9月の資金調達額トップは「EPARK」
  34. 第1回 2014年の前回増税、もっとも不安を感じていなかった業界は「教育・学習支援業」

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})