はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

IT・セキュリティ

2019年9月12日(木)更新

中小企業のITツール導入事情【大阪・八尾の中小企業の社長たち(1)】

Logo markBizHint 編集部

古くから、ものづくりを中心に発展してきた大阪府・八尾市。次世代にもこの想いを伝えるべく、そのノウハウを「魅せる場」として、八尾に拠点を構える企業や市が一緒になって「みせるばやお」をつくりました。この場の立ち上げを通して、交流を深めた4名の社長たちの座談会の様子を3本立てでお届けします。4名とも社長に就任した経緯や年齢、会社の規模や創業年数など……共通点がたくさん! だからこそ、頻繁に顔を合わせて、普段から気軽に悩みを相談しているそう。お互いを「パクり合っている」という信頼関係だからこそ、自分たちの会社の現状を赤裸々に語ってくれました。初回はITツールの導入事情についてです。

バックナンバー
コメントを読む
メインビジュアル
友安 啓則さん
株式会社友安製作所

大学院でMBAを取得後、商社へ就職。2004年1月に商社を退社し、10年居たアメリカより帰国。2月より父親が営む線材加工製造業者である友安製作所へ入社。2004年にインテリア部門、2009年にエクステリア部門を立ち上げる。2016年2月、代表取締役社長に就任。2019年、経済産業省より「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定される。社員数は約90名。

木村 祥一郎さん
木村石鹸工業株式会社

1995年、大学時代の仲間数名とIT企業を立ち上げる。以来18年間、商品開発やマーケティングなどを担当。2013年6月に同社の取締役を退任し、家業である木村石鹸工業株式会社へ。2016年9月、4代目社長に就任。自社ブランドの開発に取り組み、オリジナルブランド石鹸「SOMALI(そまり)」を筆頭に、次々と製品を世に送り出している。社員数は約30名。

太田 泰造さん
錦城護謨株式会社

近畿大学商経学部卒業後、富士ゼロックス株式会社入社。2001年錦城護謨株式会社入社し、土木事業部長、専務取締役を経て、2009年に代表取締役社長に就任。安心・安全なものづくりに取り組んでおり、歩行誘導ソフトマット「HODOHKUN Guideway」は世界三大デザイン賞のひとつ「iF Design Award 2016」の金賞を受賞するなど海外で高い評価を受ける。社員数は約300名。

谷元 亨さん
谷元フスマ工飾株式会社

1974年生まれ。大学卒業後、日本アイ・ビー・エムに入社し商品営業を担当。2003年に1946年創業のフスマや間仕切りの製造メーカーの谷元フスマ工飾株式会社に入社。BtoC向けとして、オンライン販売店舗「和室リフォーム本舗」をオープンし売上を伸ばしている。2008年に代表取締役社長に就任。社員数は約40名。

各社のITツールの導入状況はどうなっている!?

まずは社員に個別のメールアドレスを使ってもらうところから……(木村石鹸)

木村

木村石鹸で現在、社内のコミュニケーションツールとしてチャットワーク、グループウェアはサイボウズ、あとはGoogle Appsを導入しています。

とはいえ、リテラシーがない人のほうが圧倒的に多いので、 ITツール以前にメールを導入するのが大変でした。みんな個別のアドレスを持ってないし、アカウントもすぐ忘れちゃうので、管理方法から……という感じで、最初はなかなか進みませんでしたね。普段からPCと接していたら自然に覚えていくでしょうけど、あまり接しない人が多いので、まだ抵抗感は拭いきれていませんね。でも、僕は連絡とかやり取りは、記録も残るし、スピードも速いので、デジタルでやりたいので、思い切って導入しました。若い子はすぐ慣れてくれるんですが……。

iPadを配っても社員に使ってもらえない悲しさ(谷元フスマ)

谷元

谷元フスマでは社員にiPadを配っているんですが、若い子でもあんまり使ってくれないんですよ。現場に出る子は支給しても、いつも机の上に置いてあるんです。

「大阪・八尾の中小企業の社長たち」バックナンバー

  1. 中小企業のITツール導入事情【大阪・八尾の中小企業の社長たち(1)】
  2. 組織の壁を作らないための方法とは【大阪・八尾の中小企業の社長たち(2)】

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

目次