close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第20回 メディア・広告

メルマガの購読状況2021年版、最新情報は欲しいけど毎日メルマガが来たら4人に1人が解約

BizHint 編集部 2021年7月15日(木)掲載
メインビジュアル

仕事でもプライベートでも、まだまだ人気のメルマガ(メールマガジン)。どういったコンテンツが好まれているのか、PCとスマホどちらで読まれているのか、SNSとの連携はどうなっているのか、そして読者は実際のところメルマガをどう思っているのか? 日本のメルマガの最新状況について、ベンチマークジャパンがあらためて幅広い観点からアンケート調査を行っています。

メインビジュアル

メルマガを最低1通以上受信しているかどうか?

74.9%がメルマガを最低1通以上受信

この調査ではまず、20代~60代のビジネスパーソン4,393人に「プライベートと仕事用のメールアドレスいずれかで、メルマガを最低1通以上受信しているかどうか?」を聞いたところ、全体では74.9%がメルマガを最低1通以上受信していました。年齢が上がるほど受信率は高く、50代・60代は8割を超えます。


利用しているメールクライアント


1日に平均何通のメルマガを開いて読んでいるか?

ここから、「最低1通以上のメルマガを受信している」と回答した712人を対象に絞って調査を実施。「利用しているメールクライアント」では「Gmail」が最多、「1日に平均何通のメルマガを開いて読んでいるか?」と聞くと、平均1通~5通のメルマガを読んでいる人が最多でした。仕事用・プライベート用では「仕事用」のほうが若干多く利用されているようです

PCとスマホでは、PCでメルマガを読んでいる人のほうが多い


メールを読むためにかけている時間


メールをチェックしている時間帯

「メールを読むためにかけている時間」は仕事用・プライベート用ともに1位は「1~5分程度」、2位が「1分未満」、3位は「5~10分程度」の順でした。また「メールをチェックしている時間帯」は、仕事用は「12時~15時台」26.6%、「~9時台」21.2%、「10時~11時台」14.4%が上位。プライベート用は「21時~23時台」33.4%、「19時~20時台」19.2%、「12時~15時台」18.1%とかなりの差が見られました。

この結果からは、メールチェック時間の余裕のあるなしに関係なく、簡潔にメッセージを伝え“1分前後で読了できる”ということが非常に重要だということがわかります。


PCとスマホ、どちらでメルマガを読んでいるか

こうした“メールがチェックされる時間”を考えると、仕事用メールは通勤時間などを狙って、スマホなどで読むことを想定しがちですが、実際の「PCとスマホ、どちらでメルマガを読んでいるか」は、仕事用・プライベート用ともに「両方だが、PCが多い」が1位でした。傾向としては仕事用ではPCの比率が高く、プライベート用ではスマホの比率が高いため、必ずしも“メールを読んでいる時間帯と使用するデバイス”は、感覚的に一致していないようです。ただし世代別では、若い世代ほどスマホでの閲覧比率が高い傾向が見られました。

メルマガに期待するのは最新情報とクーポンだが、毎日来ると4人に1人が解約


メルマガを開く、開かないの判断に最も影響するところ

ここからは、メルマガに対する接し方を広く聞くと、まず「メルマガを開く、開かないの判断に最も影響するところ」は、「件名・タイトル」48.9%がほぼ半数で、「送信元名」24.0%、「本文プレビュー」15.7%は大きくそれを下回ります。「上記に関係なくすべて開く」人も7.3%いました。


特にどんなコンテンツを期待して登録したか

「メルマガ登録フォームから、自らメルマガ購読を申し込んだことがあるか」を聞くと77%の人が「ある」と回答。「特にどんなコンテンツを期待して登録したか」では、「最新情報、ニュース」「セール、クーポンなどお得な情報」が半数を超えましたが、「商品の情報、カタログ、メニュー」「イベントセミナー情報」「ブログ、コラムなど役に立つ読み物」「実店舗の案内」などの声も上がっています。


メルマガの購読を停止(解除)する理由


配信停止をしたメルマガの配信頻度

さらに「メルマガの購読を停止(解除)する理由」を聞くと、「メルマガの内容に興味がなくなった」38.8%、「配信数が多すぎる」33.1%が突出していました。そこで「配信停止をしたメルマガの配信頻度」を聞くと「1日1通」27.5%、「1日2通以上」25.8%が上位でした。“毎日配信”というのはわかりやすい一方で、かなりの読者にとって解約理由となるようです。

調査方法

調査期間:2021年3月24日~4月25日
調査方法:インターネット調査
調査対象:会社員、公務員、自営業を含めた経営者、20代~60代(回答者の年齢分布は国勢調査の人口比率に対応)
有効回答数:4,393(事前調査)、712(本調査)

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000081059.htmlhttps://www.benchmarkemail.com/jp/blog/newslettersurvey2021/

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

この動画もあなたにオススメ

仮登録メール確認