close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第44回 総合

8割以上が「給与に不満あり」、年収にかかわらず半数が5万円以上の給与アップを希望

BizHint 編集部 2021年6月28日(月)掲載
メインビジュアル

コロナ禍による不況が長引いていることで、ビジネスパーソンの給与そのものも大きな影響を受けています。昇給が見送られるだけでなく、テレワーク主体の勤務の場合、一部手当が削減されるというケースも発生しているようです。SheepDogでは「現状の給与への満足度」について、正社員400人にアンケートを行っています。

メインビジュアル

現状の給与に満足しておらず給与アップを望んでいる人は8割超

まず「月々の給与に満足していますか? 不満な場合どの程度の給与上昇を希望しますか?」と聞くと、「今の給与に満足している」とした人は15.75%に留まり、残り8割以上の人が、現状の給与に不満を抱いていました。具体的な昇給希望額で見ると、「今より5万円程度上げてほしい」という人が29.25%で最多。「今より10万円以上上げてほしい」23.5%と合わせると、半数を超える人が5万円以上の昇給を希望していることとなります。

まず「今より5万円程度上げてほしい」「今より10万円以上上げてほしい」を合わせた5万円以上の給与アップを希望している人について、世帯年収別に見てみましたが、とくに偏りもなくすべての世帯で半数前後を占めています。

また年代別で「今より10万円以上上げてほしい」と回答した人を見ると、50代が特に突出していました。子どもの学費、自身の老後の備えなど、まだまだお金が必要という意識が根底にありそうです。

一方、未婚既婚別で「今の給与に満足している」と回答した人を分けると、未婚18.22%、既婚11.76%でした。未婚世帯は家計の負担が少ないため、給与への不満も自然と低くなったと考えられます。

調査方法

調査時期:2021年5月28日
調査方法:ネットリサーチ(調査メディア:STRATE)
調査対象:全国の20歳~59歳の男女(正社員)
調査人数:400人

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000077217.htmlhttps://strate.biz/news/salary/

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

この動画もあなたにオススメ