close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

連載:第21回 小売・サービス

テレワークで最も良かったことは「通勤ストレスの削減」。プライベート時間の充実を実感する人も

BizHint 編集部 2021年5月7日(金)掲載
メインビジュアル

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、2020年より急速に広まったテレワーク。実際にテレワークをしている人、またはテレワークを経験した人は、どのようなメリットを感じているのでしょうか。株式会社LASSICが運営するWEBメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)」で実施した「世の中が「オンラインシフト」したメリットに関するアンケート調査」の結果をまとめました。

メインビジュアル

テレワークで良かったこと1位は「通勤時間の減少」

テレワークをしている方、していた方を対象に「テレワークの良かった点」についてアンケートを実施した結果、男女ともにもっとも多かったのが「通勤でのストレスがなくなった(男性 59.68%/女性 64.55%)」でした。次に「プライベートの時間が充実した(男性 40.68%/女性 39.88%)」、「人間関係のストレスがなくなった(男性 23.66%/女性 33.14%)」と続いています。

通勤時間がなくなったことで、今まで通勤にかけていた時間を他の時間に当てられるようになったのは、テレワークの大きなメリットと言えるかもしれません。

会議や移動時間の減少で業務が効率化したと感じる人も

新型コロナ感染拡大防止のため、「オンラインでできることはオンラインでやろう」という考えが広まりつつあります。「世の中がオンラインシフトしてよかったと感じる点」についてアンケートをすると、「社内会議、顧客商談のための移動時間が削減され仕事が効率化した(男性 42.8%/女性 37.6%)」が最も多く、「メールやビジネスチャットツールが常用化し、やりとりのログが残るようになった(男性 28.3% /女性 23.9%)」、「浪費が減った(男性 25.3%/女性 34.3%)」などの回答も多く集まりました。

オフィス外で仕事ができるようになっただけではなく、無駄な業務が減り仕事そのものが効率化していると感じている人も多いようです。

この他にも以下のような声が集まっています。

  • 全国のどこからでもセミナー参加が可能にになった(男性 20.6%/女性 22.7%)
  • UberEatsや出前館などのデリバリーサービスが充実した (男性 11.6%/女性 12.9%)
  • 通販取り扱いが増え、お店の味を自宅で楽しめるようになった(男性 12.2%/女性 14.3)

調査概要

調査期間:2020年9月1日~2020年9月4日
調査対象:全国20歳〜65歳のテレワーク/リモートワークを経験したことがあるワーキングパーソン男女1077名
調査方法:インターネット調査

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000069473.html

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

この動画もあなたにオススメ