はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

小田急電鉄の組織風土改革

BizHintBizHint 編集部

E7ef26276d1c09068125ec5bdfa9c9a7622e6ad3

組織が強くなるために必要なこと。それは、従業員全員が「誇り」に思える何かを持つこと。従来は、「決められたことを決められたようにやるのが当たり前。余計なことをすると事故につながる」という企業風土のなかで、新たに「クレド(信条)」を作った小田急電鉄株式会社。多くの人に愛される「ロマンスカー」に対する想いを、クレドを通じて再認識したことで、社員間で大きな意識改革が生まれたそうです。どうやってクレドを作っていったのか。クレドづくりに外部から関わったヒューマンバリューの川口大輔さんを聞き手に迎え、クレドがどう浸透していったのかを、伺いました。

新しい記事をメールで受取る(無料)

BizHint(ビズヒント)は、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディアです。ビジネス事例トピックや限定インタビューなど月間300以上の記事もメールで受取れます。もちろん無料でご利用いただけます。

メールアドレスで登録 Facebookで登録/ログイン