close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

  • Icon mailmaga
  • Icon facebook
  • Icon twitter

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第3回 経営・HRイベントレポート 2017

HRデータ活用 ヒトが介在する意味とは?(後編)

Logo markBizHint 編集部 2017年3月25日(土)掲載
メインビジュアル

昨今急速に広まっているHRテクノロジー。どのようにデータを活用すべきか、議論が盛んになる一方で、「どのように個人情報を保護していくのか」という観点も忘れてはなりません。後編では、有識者4名によるパネルディスカッションの模様をお届けします。

メインビジュアル

前編では知っておくべきHRテクノロジーに関する法律について、板倉先生と山本先生に語っていただきました。

後編ではリクルートワークス研究所の清瀬氏とビズリーチ執行役員の関氏を交えたトークセッションの様子をご紹介します。

HRテクノロジーを活用する上で事業者が可能なことやNGな行為。個人情報保護法も変わりゆくなかで、人事はどう個人情報を扱っていけばよいのか。そして、やるべきことをどのようにキャッチアップし、活かせばよいのか。正しくデータを活用する上での心構え、人が介在する価値、テクノロジーとの付き合い方などに迫ります。

※2017年3月2日(木)にLeBAC主催で開催された【第2回HRテクノロジーシンポジウム】の様子を収録したイベントレポートです。


<登壇者>

板倉陽一 氏(ひかり総合法律事務所 弁護士)

山本龍彦 氏(慶應義塾大学 法学部 教授)

清瀬 一善 氏(リクルートワークス研究所 主任研究員)

関 哲 氏(株式会社ビズリーチ 執行役員)

<司会>

金澤 元紀氏(LeBAC上席研究員 株式会社ビズリーチ ビズリーチHR研究所)


HRテクノロジー活用で企業が取り組むべきこと

やみくもにデータ取得すると公序良俗に反する

金澤 :まず、HRテックを活用する上で、「何ができて何ができないのか」また、「うまく活用するために企業側が取り組むべきことは何か」という観点で、みなさまにお話を伺いたいと思います。

山本 :具体例を挙げると、 個人の位置情報を取り、「どこで何をしているのかを把握する」ときには注意が必要 です。プライバシーに関わる部分ですから、企業がなぜ情報を取得するかを説明できないと問題だと思います。

仮に トラック運転手の場合ならば、位置情報をとる「理由」があります 。位置情報を継続的・網羅的に取得し、監視したとしても、プライバシーの侵害ではなく、企業利益のためになります。

ただ、利益がはっきり示されておらず、「のちのち効率的に使えるかもしれないから」という理由で、 とりあえず個人情報を継続的・網羅的に取得する場合は、やはり正当化されない と思います。

「他社もやっているから」という理由ではなく、企業にとって個人情報の取得がどんな意味を持つのかをしっかり考えるべきです。「公序良俗に反して違法だ」と言われることもあり得るのではないかと思います。

構造化されたデータは個人特定できるので危険

清瀬 :データ活用と言われると何か新しいことのように思われますが、実は昔から行われています。

1990年代から成果主義が日本に入り始めてから勤怠データや評価情報を基に、完璧でないにせよ実質的には自動判断で昇降格を決めてきた節もあります。

そのため、人事を20年近くやってきた身からすると、 「人力だからOK。自動化だからNG」という線引きは難しい と思っています。

例えば、最近徐々に出始めている採用の判定を自動化するサービスの活用においても線引きの難しさが表れています。

バックナンバー (17)

経営・HRイベントレポート 2017

  1. 第19回 【ヤフークリエイター人財戦略室長 斎藤由希子さん】採用と育成をアップデートし続けて「人財開発企業」になる【ダイレクト・リクルーティングアワード2017大賞受賞】
  2. 第18回 【イベントレポート】「採用学」4周年。議論して見えてきたデータ以上に大切な「問い」とは? 
  3. 第16回 HR Technology Conference 2017 #2 ジョシュ・バーシン氏講演レポート:HRテクノロジーのディスラプション 再編されつつあるHRテック市場
  4. 第15回 HR Technology Conference 2017 #1 ラズロ・ボック氏基調講演レポート : 多くの企業が間違えるイノベーションの起こし方と、解決のための6つのステップ
  5. 第13回 “人事が嫌い”な元Google人事担当のピョートルさんと“人に興味がある”ユニリーバ島田さんの対談から見える「次世代人事組織のあり方」 
  6. 第12回 「HR-Solution Contest―働き方改革×テクノロジー―」グランプリはジンズの「JINS MEME OFFICE BUSINESS SOLUTIONS」に!
  7. 第9回 経産省がHRテクノロジーに期待するものとは?「HR-Solution Contest 〜 働き方改革×テクノロジー」「IoT Lab Connection」の狙いを聞く【経済産業省参事官・伊藤禎則さん】
  8. 第8回 採用にコミットする経営陣の存在が、組織を進化させる【メルカリ石黒氏・キープレーヤーズ高野氏】
  9. 第7回 【メルカリ・キープレイヤーズ・ビズリーチ】企業成長フェーズに合わせた組織の作り方
  10. 第6回 【freee、コロプラ、JapanTaxi】成長企業の人事に聞く「会社の成長にコミットする方法」(イベントレポート後編)
  11. 第5回 freee、コロプラ、JapanTaxiの人事が語る「採用と組織開発の秘訣」(イベントレポート前編)
  12. 第4回 『データを集めて世界に追いつけ』HRテック活用のすすめ
  13. 第2回 『今、HRテックが熱い』ベンチャーキャピタリストが語る最新トレンド
  14. 第3回 HRデータ活用 ヒトが介在する意味とは?(後編)
  15. 第1回 弁護士・大学教授が解説「HRテクノロジーで個人情報はどこまで活用できるのか?」(前編)
  16. 第11回 リファラル採用での離職防止、成長によるターゲット変更の進め方とは?【渋谷ベンチャー人事部】(後編)
  17. 第10回 エンジニア採用、リファラル採用で重要な心構えとは?急成長ベンチャーが大切にしていること【渋谷ベンチャー人事部(前編)】

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})