はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

戦略・経営

2019年6月4日(火)更新

3代目経営者が事業を承継するなかで「変えた」こと「変えない」こと【銀座英國屋小林英毅さん×河合聡一郎さん】

Logo markBizHint 編集部

採用のプロフェッショナルである河合聡一郎さんの事業承継の成功のヒントを探る連載。今回はビジネス・エグゼクティブ向けオーダースーツの製造販売を行う銀座英國屋の代表取締役社長、小林英毅さんです。後半では変革のプロセスと組織づくりについてお話を伺いました。接客方法をブラッシュアップしたり、本社部門でMBO(目標管理制度)を廃止するなどの変革を行っていますが、変革にあたって丁寧なコミュニケーションを心がけているとか。小林さんが事業を継承するなかで「変えた」こと、「変えない」ことを探ります。

バックナンバー
コメントを読む
メインビジュアル

河合聡一郎さん(以下、河合): 事業承継において、トップダウンの変革は組織にとってマイナスの影響を及ぼすことがある。社員が受け入れられるかが変革のポイントだとおっしゃっていました。具体的に「ここは変えずに残そう」と思ったことや「ここは変えた」という事例を教えてください。

小林英毅さん(以下、小林): 私からの提案をきっかけに討議され、私の当初案ではないものの、より目的達成に沿った案に昇華されていったことが多くあります。

一つは接客方法です。店舗での接客”方法”はOJT中心で教育されています。その状態から更に組織としての接客力アップを目指し、方法が明文化された「インタビュー型営業」「質問型営業」といった外部手法の導入を社内に提案したのですが、共感が得られませんでした。私は「外部で実績があり、明文化された手法を取り入れ、組織として接客力を上げたい」という思いが強く、感情的にもなってしまいました。

共感が得られなかった理由は、訪問販売にイメージを置いた方法であり、ご注文を前提でいらっしゃる来店型の接客には、少し強すぎるコミュニケーションだったため です。ただ、これまでの接客方法をより詳細に聞いていく中で「質問をして、お客様からお話を引き出すことが、お客様との距離を縮めることが有効だ」ということが、ハッキリと共有され、その方向で明文化することで決定しました。

結果、私の指南役でもある大ベテランの副社長が大切にしてきた「質問をするにしても、まずはお客様に対するリスペクトする気持ちが前提」も明文化されました。その時には分からなかったのですが、後日、実は質問型営業でも「尊敬」が大事にされていることが分かりました。私自身の理解が浅い部分があるので、確定はできませんが、副社長の価値観と近いものと思います。

このケースからわかったことは、 今ある価値に目を向け、磨いていくというやり方が結果的に自社に適していた んだと思います。もっと言えば、弊社で実績のない外部メソッドよりも、既に弊社で実績を出し続けてきた副社長のメソッドの明文化の方が、弊社にとっては価値があって当然だと、反省しています。

河合: こういった点にも周囲に対するリスペクトがよく表れていますね。小林さんはもともと外部企業を経験されて家業を継いだわけですが、前の組織の影響を受けたこともたくさんあったのではないでしょうか。

小林: そうですね。ただやはり気をつけたいのは、いくら外部で得た経験や優れたメソッドがあっても、最終的に自社の状況に合わないものを取り入れると失敗してしまうということ。世の中一般的に正解だと思われているものが、自社の組織や人にとって正解かは全く別問題だということです。 前職のワークスアプリケーションズで学んだ「目的思考」「他責NG」といった思考法を取り入れようとしましたが、やはり初めは社内に受け入れられませんでした。 でも今年度から、本社の人事考課にこれらの言葉を導入できるようになりました。10年越しで変わったことですね。

河合: それだけ長い時間が必要だったということでしょうか。営業方法だけでなく、採用や評価制度とか文化など着手したい部分がたくさんあったと思います。どうやって小林さんなりにアクセルを踏みなおしてきたのでしょうか。

小林:アクセルを踏むタイミングは社員の顔色を見てでしょうか(笑)。 社員との密なコミュニケーションを大切にする。万が一受け入れてもらえなくても、時機をうかがって再度提案してみる。少なくとも自社と自分にとっては、時間は必要だったように思います。それだけ組織の変革には時間がかかるということです。私のカレンダーには「3年後、5年後に再度提案する」というものがいくつもありますよ。もちろん、時が経ち、自分の考えの過ち・足りなさにも気付いて、コソッと消していくものも多くあります。

社員に求めるのは「会社の課題を会社とともに解決できる人」

「プロ・リクルーター、河合聡一郎さんが聞く【事業承継のカギ】」バックナンバー

  1. 事業承継の成功のカギと後継者に必要な資質とは【株式会社ReBoost河合聡一郎さん】
  2. 「自分が成果を出してこそ信頼される」は勘違い 【銀座英國屋小林英毅さん×河合聡一郎さん】
  3. 3代目経営者が事業を承継するなかで「変えた」こと「変えない」こと【銀座英國屋小林英毅さん×河合聡一郎さん】
  4. 元祖あんぱん・木村屋總本店7代目、木村光伯さんの経営哲学は「ボトムアップを大切に」
  5. 創業150週年の老舗ブランドを守りつつ、次を画策する木村屋のこれから
  6. 火の車状態から年商50億まで成長、さらに100億稼ぐ飲食チェーンになるために社長が考えていること【玉寿司・中野里社長】
  7. たった3か月で寿司職人を育成する玉寿司の人材育成【玉寿司・中野里社長】
  8. 恨まれながらも社員を全員解雇、事業承継した3代目の改革への想い
  9. 大阪・生野の下町企業が「82年目のスタートアップ」として、上場を目指す理由
  10. 日替わり弁当のみで年商70億、玉子屋のスゴい事業承継
  11. 人材は入社してから育てればいい、社員の悩みに答えてこそ中小企業【年商90億を支える人材育成】
  12. 創業130年の繊維メーカーを率いる30代社長、「時代に合わせてしなやかな変化を」
  13. 経営の「攻めと守り」のバランスを上手く取る【三星グループ・岩田真吾さん】
  14. 2億円の債務超過の状態から「世界最高の鍋・バーミキュラ」で会社を立て直した兄弟
  15. バーミキュラが売れる仕組み、透明度の高い組織を作る【愛知ドビー株式会社・土方邦裕さん/智晴さん】
  16. 破産した会社も「日本式M&A」で引き受け再び成長へ【三重県の印刷会社アサプリのスゴい経営】
  17. 順番を間違うな。社員の幸せを前提とした見える化とグループ力の追求【三重県の印刷会社アサプリのスゴい経営】
  18. 上場時の役員が全員入れ替わってでも「会社は理想を実現する箱」と言い切るわけ【サンワカンパニー山根太郎社長】
  19. “感性品質”を高めて売上約50億円から100億円企業に【サンワカンパニー山根太郎社長】
  20. 全財産を投じながらIMJを再建した経営者がたどり着いた境地【くじらキャピタル・竹内真二社長】
  21. 会社のコアは変えずリストラもしない、経営再建のプロが語る再成長への道筋【くじらキャピタル・竹内真二社長】
  22. 富士そばは「仕事に困っている人」の受け皿企業でありたい【富士そば・丹有樹社長】
  23. 安定を求む社員が多いからこそ、社長が一番大きな失敗を【富士そば・丹社長】

この記事の関連キーワード

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

目次