close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

連載:第36回 成長企業 社長が考えていること

大切にしたい会社受賞から5年後に大量離職……社員と向き合う「超家族カンパニー」が挑む、永続的な会社経営

BizHint 編集部 2022年7月25日(月)掲載
メインビジュアル

お部屋探しのエイブルが実施した「お客さま満足度調査」の「店舗部門」において、全国ナンバーワンを5回獲得。個人部門では、全国数千人のスタッフの中から1位を8回も獲得しているのが、高知県内でエイブルをFC展開するファースト・コラボレーションです。かつては、社内が「バラバラ」の状態だったという同社。社員と一緒に作る経営理念を組織に「馴染ませる」ことにより、社員同士が家族を超えてつながる「超家族カンパニー」を実現。2015年には「第5回日本でいちばん大切にしたい会社大賞」において、審査員特別賞に選ばれました。しかし、コロナ禍でその勢いにかげりが。営業社員の半分が退職し、再び正社員離職率が35%に上昇しました。しかし、同社の武樋泰臣社長は、その反省から今、新しい組織作りに邁進しています。今回は武樋社長に、経営理念を「馴染ませる」ためのヒント、そして痛みを乗り越えて向かうこの先のビジョンなど、一筋縄ではいかない永続的な会社経営について、詳しくお話をお聞きしました。

メインビジュアル

株式会社ファースト・コラボレーション
代表取締役 武樋 泰臣(たけひ たいしん)さん

1961年高知県生まれ。高校卒業後、海上自衛隊に入隊。その後一般企業に転職し、10ヶ所ほどの職場を経験する。1990年に不動産業界に入り、2002年に起業。


経営理念は「浸透させる」のではなく「馴染ませる」もの

武樋泰臣さん(以下、武樋): まず当社は、高知県内で、「エイブル」のフランチャイズ店舗を4店舗運営しており、不動産仲介業、管理業、コンサルティングやリフォームなど幅広い事業を展開しています。現在の従業員数は77名(2022年7月現在)です。

――武樋さんがファースト・コラボレーションを創業された経緯について教えてください。

武樋: 私は高校卒業後、「安定している」という親の勧めもあり海上自衛隊に入隊しました。しかし私にとってはこの仕事の安定が「働きがい」には繋がらなかったこと、そして、ヒエラルキーの中で命令に従って仕事をすることは違うと感じ、2年ほどで除隊しました。

そこからは一般企業へ就職。10社ほど経験し、28歳の時、結婚を機に不動産業界に入りました。その会社は社内の競争意識が高く、一緒に働く同僚との関係性は良いものではありませんでした。そしてだんだん「お客様がお金に見えてしまうような仕事をしてはいけない。同僚の仲が良く、みんながワクワクしながら働いている職場にいることが幸せだ」ということに気づきます。ただ、周りを見渡してもそういった会社が思い浮かばない。それなら、自分で理想の会社を作ろう!と創業しました。

それなのに、会社を立ち上げて1年程で、社内はぎくしゃくし始めたんです……。業績を上げるために働き、実際に収益も得られているのに、社内にはトラブルが山積。当時社員が10人しかいなかったのに、向いている方向がバラバラになっていました。

――10人の社員でもそうなってしまうのですね。

武樋: 「この状態はいったい何なのか?」と、深く考えたとき、「経営理念」という言葉を知りました。ただ、直感的に「これは社長が作って、みんなに伝える」ということじゃないと思いました。みんなで作らないと意味がない。社員自身が当事者意識を持って、徹底的に話し合い、どんな会社が良いのか、どんな働き方を実現したいのか、お客様の関係はどういう状態がベストなのか……と話し合う。そこの過程を抜いて、言葉を並べるだけとは到底考えられませんでした。

――実際に、どのようにして経営理念を作られたのでしょうか?

武樋: 約8ヶ月かけて、社員と話し合いを繰り返しました。2004年のことです。

「なんとなくこんな会社にしたい」という想いはあっても、それを明確に言語化しないと、その理想は実現しません。言語化し、可視化し、言葉のチョイスにもこだわり、なぜこの言葉なのか?「A」でなく「B」にしたのはなぜなのか?ということを、全員が明確に理解できるように気をつけました。そして、出てきた言葉を、僕自身の思いも含みながら文章にまとめました。

経営理念が書かれたクレド(提供:ファースト・コラボレーション)

【経営理念】
◇私たちは「住」のプロとして、安心・信頼・満足を提供し、日本で いちばん お客様と感動を共有できる超家族カンパニーを目指します。
◇私たちは、常にチャレンジ精神とチームワークを育て、会社の発展と個人の幸せとの一致を目指します。
◇私たちは、互いの個性を認めあい、夢と情熱に満ちた笑顔の輝く豊かな人間集団を目指します。

――経営理念が組織に浸透しないことに悩む経営者の方も多いと聞いています。どうすれば、浸透すると思われますか?

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

この動画もあなたにオススメ