close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第1回 経営・SaaSイベントレポート2020

赤字案件360件を0にできた!ほかクラウド活用10社の最新事例。全国中小企業クラウド実践大賞レポート(前編)

BizHint 編集部 2020年2月23日(日)掲載
メインビジュアル

働き方改革の推進や人材不足対策のため、多くの企業がクラウド活用による業務効率化・生産性向上に取り組んでいます。とはいえ、予算や人員が限られている中小企業にとって、クラウドの導入・活用は容易なことではありません。2020年2月12日、クラウドを活用して業務効率化や利益の最大化、新サービスの創造等の実績をあげた中小企業による「全国中小企業クラウド実践大賞」(一般社団法人クラウド活用・地域ICT投資促進協議会運営 クラウド実践大賞実行委員会主催)が開催されました。業種や規模の異なる10社がどのようにしてクラウドを導入し成果を出したのか、プレゼンテーションの様子をレポートします。

メインビジュアル

本記事では前半5社のプレゼンテーションをまとめています。 後半5社、および表彰結果はこちらをご覧ください。

1.株式会社atsumel(名古屋市/不動産コンサルティング)

データは紙管理。IT化が遅れる不動産業の事例


株式会社atsumel マーケティング部 執行役員 伊勢 隼人さん

不動産業界は社長の平均年齢が高く、働き方改革やIT導入が遅れている業界だと言われています。当社も数年前までは情報管理がほとんど紙、営業担当がそれぞれ引き出しに顧客ファイルをしまっているような状態でした。

また、営業のメイン業務はチラシ配布。勤務終了後に営業担当がチラシのポスティングに行くのが当たり前で、労働時間は長く、年間休日は85日と休みも少ない状況で、新卒入社だった同期メンバーはすべて退職してしまいました。

紙とExcelの情報をセールスフォースに一元化

そこで2012年にセールスフォースの「Sales Cloud」を導入し、アナログな情報管理の撤廃に取り組みました。Excelと紙中心だった顧客データをセールスフォースに一元化し、いつでも誰でもデータにアクセスできる状態にしたのです。

また、営業プロセスも大きく見直しました。近年、不動産情報をスマートフォンで検索してメールで問い合わせをする顧客が増えています。この問い合わせに対し、営業が一つひとつ電話をかけていては、時間がとてもかかります。

そこで、2014年からクラウドシステムを活用したインサイドセールスを立ち上げ。問い合わせに対し、インサイドセールスから電話やメールで対応し、アポにつながった案件のみ営業が対応することで業務を効率化しました。顧客属性に合わせて必要な情報をオートメーション化してメール配信するなど、1万人の顧客に対し5人のインサイドセールスで対応できるようになりました。

全国の同業他社がベンチマークするまでに

2014年と比べると従業員数は14名から132名、拠点数は1拠点から11拠点に増えました。さらに全国の同業他社の経営者が、ベンチマークで会社を見学に来るほどになりました。

また、商談の設定数は129件から576件に増え、企業の規模も営業の生産性も大きく向上しています。年間休日数は85日から117日と大きく増えて、働く環境も改善されました。

現在は、クラウドシステムを利用したインサイドセールス代行事業やセールスフォースの導入支援など、不動産屋住宅業者に特化した支援を実施しています。今後もクラウド活用で不動産・住宅業界のサービス向上を支援し、不動産営業を学生が憧れる仕事にしたいですね。

2.日美装建株式会社(札幌市/オフィスビル等への清掃員派遣)

清掃現場の10分の1が赤字案件

当社は、北海道札幌市にあるオフィスビルや空調のメンテナンスの会社です。現場が多いため情報伝達がうまくいかないことが多く、3,600件の清掃現場中、360件は赤字案件。報告書は紙管理で、後から探すのも大変で振り返りが難しいという課題を抱えていました。

売上や利益率をリアルタイムデータで可視化し、赤字案件減少へ

そこで2015年2月にセールスフォースを導入し、清掃現場や報告書の可視化、ペーパーレス化に取り組み始めました。これにより、セールスフォースで現場報告が見られるようになり、請求金額や費用が可視化されるようになりました。

売上や利益率もリアルタイムデータで可視化することで、従業員の意識も変わり、赤字案件の減少につながりました。また、請求書をPDFで発行できるようにしてペーパーレス化し、請求書作成による残業時間も削減できたのです。

3年で赤字案件が360件→0件に


日美装建株式会社 IT事業部 室長 長谷川 慎さん

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

仮登録メール確認